「心の観覧車を創る」を、ライブなコミュニケーションの場で表現することはできないだろうか?
その発想からMahsa倶楽部は生まれました。
不定期・非定点・不定型・・・いろんな制約に縛られず、自由なカタチで、出会った方に新たな出会い、感動、共感、元気を・・・。
当初「Mahsa倶楽部」としてスタートし、地道に活動を展開してまいりましたが、近年音楽活動の場面も増えてきましたので交流・サロン型の「マーサ倶楽部」と、音楽をたっぷりお楽しみいただくライブ、さらには交流会などさまざまな出会いの場を・・・。
と、いろんなリアルコミュニケーションに挑戦です。ここではその一部をお伝えします。

 
 

第36回マーサライブ 愛の元気人ふるさとライブ2016 
「秋です。心の旅に出かけませんか?」

2016年10月27日(木)岐阜みなも

今年は春から腱鞘炎に悩まされ、日々格闘。そのため、ライブツアーの決行は少し見合わせ、しかし、ふるさと岐阜ではどうしてもやらねばならぬ。「よし! やるぞ!」悩みながらの企画決定は1か月半前。ふるさとで毎年の開催を楽しみにしているみなさんには、元気な演奏とトークをお届けしたい。ということで今年は、ひとまず単独企画にてふるさとライブを実施。

今年で9年目の実施になる。しかも毎年昼・夜の2部制。

前日夜、今年も新潟から飛行機で移動し、到着は23時を過ぎる。

(それにしても、新潟〜中部国際空港行の飛行機は毎年、揺れる。)

前日の岐阜は大雨だったが、当日は青い空、まぶしい太陽。まさに秋のライブにふさわしい1日となった。今回のテーマは「心の旅」。懐かしの時代に時計を戻す旅、実際にどこかへ行く旅・・私自身、人生そのものが「旅」であると考えているが、今回はライブの時間内、皆さまにいろんな旅を楽しんでいただくプログラムにした。
 1部のカバー・プログラムでは、時代を巡る旅を意識しながら選曲、さらに日本海・長崎、ロシアに関わる曲を演奏しながら、音楽での小旅行を楽しんでいただく。ロシア民謡のメドレーはクイズ方式で。手拍子しながら、盛り上がっていただいた。

 2部のオリジナル・プログラムでは、自分の人生を旅するというテーマで自作の曲をメドレーで。亡くなった方をしのび、思い出す心の旅ということで、レクイエムのメドレーも演奏。そして本ライブの目玉として・・新曲への挑戦。

この春から作り進めている織田信長をイメージしてつくったシリーズ曲の一部を初披露。

これは、ふるさと「岐阜」にちなんだ作品として演奏し、会場でそれぞれの歴史への旅を楽しんでいただいた。

 気が付けば、朝9時からリハーサル、二部公演終了が21時ということで、12時間の間、ほとんど演奏しっぱなしであった。不思議なことに、弾いていくうちに腱鞘炎であることを忘れた。痛くなく、指もいつもどおりよく動いてくれる。フォルテシモの音も、オクターブも、和音も、グリッサンドもいずれも支障なく演奏できた。奇跡のような半日であった。

 今回は、新潟や長崎の会場にも来られている、新潟のご夫妻が岐阜に初めておいでになった。このライブ自体が、夫婦での「旅の楽しみ」になっているようで、お客様同士の新たな出会い、あたたかいふれあいがほほえましく・・。「また来年、呼んでね」「来年も楽しみにしているよ」「信長プロジェクト面白かったよ。桶狭間の戦いと、斉藤道三との面会をイメージしたよ。」などなど・・・感想もいろいろいただいた。

 

ふるさとに自分ができることは何か。お世話になった方たちへ、感謝を伝え、元気をお届けすること。まさに愛の元気人であり続けねばならない。父親の80歳の誕生日前日ということもあり、いいプレゼントになっていればうれしい。このライブを通じ、私自身がふるさと「岐阜」での心の旅を堪能した。


さあ、またこれから、人生の旅後半を続けるとしよう。毎年毎年、また今年も会えてよかったと思う。来年も元気なみなさんにお会いし、そして私自身が元気でいなければならない・・。


今回は早めにスタートし、早めに切り上げなければならない。団体さんは雪の都合で、旅程変更。すぐ長崎市を出て、嬉野温泉に向かうことになった。雪のせいで、ろくに他の観光ができていない皆さんに、せめてこのコンサートぐらいは満喫していただかねばならない・・。長崎らしいコンサートにしなければならないと、静かなプレッシャーを感じる。

おかげさまで、今回も昼・夜とも受付開始後、1週間で定員オーバーとなった。(営業部長である母の奮闘のおかげである)

待ってもらえること、楽しみにされることは、何よりのやりがいである。

 

ふるさとは遠くにありて、大人になって、わかるもの。(感謝を込めて)

 

 音響協力  電化タナカさま

 撮影協力  江崎カメラさま 

 

※東京、新潟ほか会場での開催は、2017年から再開の予定です。

各会場でのご案内を楽しみにお待ちください。

 

 

 愛の元気人 Mahsa 今尾 昌子

 

 

album