ギフトの選択肢。

電車のなかで出張ビジネスマンらしき上司と部下の会話が
聞こえてきた。
「おまえ、父の日何かおくったか?」
「はい、自分の親に・・を送りました」
「そうか。おれも自分のおやじと嫁さんの方に両方・・を送ったわ」
和やかな会話だ。仕事もがんばり、家族サービスもばっちり。
二人のいい関係性も感じる。
そう、父の日が近づいているのだ・・。

今年の母の日は、生まれて初めてたまらなく
きつかった、苦しかった。
ということは前に書いたが、
今度は父の日について、これまでと違う気持ちが湧いてきて
いる。
何をあげようか。と選択肢があったこれまでの父の日。
結果、父の好きな野球帽、焼酎・・・。そんなに代わり映えしないもの
しかあげた記憶がないけれど、それでもプレゼントを選ぶという
ことが当たり前であった。京都から、東京から、名古屋から・・
何かを贈っていた。
しかし、
今、父には何をあげたら・・・。
父が元気なら、あれも、これもと思うが、認知も進行、体力も減退、
気力も低下、食欲もない・・。
そんな父に何を贈れるのか・・・。

父が一番ほしいのは、もしかしたら実家に帰ること。
楽しい元気な昔に戻ること。母と喧嘩をすること。
すべて叶わぬ、夢のようなことであるが、父が喜ぶのは、もはや
モノではない。でも、そのことももう意識できない状況かも
しれない。
そして、父の日。あと何回あるのだろう。
それを思うと、また胸が押しつぶされそうになる。

世の中のさまざまなプロモーション、催事は、
それどころではない状況に置かれた人にとっては
つらいだけだ。
オリンピックも、まさにそうだ。
そんなもん、いらんから・・・。
もう、そんなことどうでもいい。
という気持ち。

父は何がほしい?
人間、終末にほしいものは何だろう?
想像が難しく、つらい。
と、そんな気持ちで、いる人は世の中に多く
おられると思う。

今できることを一生懸命することが、
今、できる最大、最高のギフト。
がんばれる人ががんばらねば。





カテゴリー: Essay (Word) パーマリンク