信頼のセカンド、サード・・オピニオンを活かす

重要なこと、判断を誤っては後悔すると思われること。
そういった局面においては、必ずセカンドオピニオン、サードオピニオン・・
それ以上でもいい。信頼できる人に相談しながら、情報を集め、整理して、
俯瞰して、悔いない正しい判断ができるようにしたいと思う。

最近、親のことについては、そういった手段が必要と感じることが多い。
体験したことのない重要な判断は、その道のプロや人生の先輩に聞き、
その上で、自分でよく考え、判断する。そんな思考法がとても重要だ。
そして、広く情報をとるためには、ネットも有効だ。
人の命にかかわることの判断は本当に難しい。

今、長寿について、延命について 考えさせられている。
そして、判断をしなければ。
医療、介護、家族、本人・・・・・。それぞれの人の立場から意見をもらいながら、そして最後は、「想い」が最も大切だ。

困ったとき、迷ったときに聞ける人。そういう人に恵まれていることが
本当にありがたい。感謝の日々だ。


カテゴリー: Essay (Word) パーマリンク