「いい空気」という意味の町。
いい空気とは、海から吹く風ももちろんである が、彼らを支えるタンゴ精神がその礎になっていることも 否めない。
今回の旅では、とくにそこに住む人の表現・表情集めを意識した。そ のなかでの写真から。マエストロとしての演奏にも感動し、 ダンサーとしての完全美を目指すそのパフォーマンスにも感心する。がそのなか でも心に響いたのは年齢を越えて、自己表現をし続ける 生き方。あるステージでは90歳近い女流歌手が喉を披露。ステージの上で人生 を終えることが決まっているのではと思わせるようなエネルギッシュな 一幕を見せてくれた。
そして、老夫婦ダンサーのタンゴ。若きダンサーのよう に、速い動きはしないけれども、強く抱き合う、ゆっくりとステップを踏 み、 踊り終えてまた抱き合うシーンに観客は熱き拍手を送る。愛と表現。愛の表現。 愛は表現・・・。
さまざまな生き様を見せてもらった今回のブエノスア イレス は経済先進国といわれている国々にはない、独自の価値がある。

◀Worldトップページへ