再放送で再会。

出張先のホテルに疲れ果ててたどり着き、テレビのスィッチを入れる。
低俗なもの、胡散臭いものらを避けて、世界の旅モノの
番組。しかもあんまりやらせ臭くない、自然な感じの
旅モノ。
場所は、ナポリ。
おお、ナポリか~。もう7~8年行けてないな~。
MIYAちゃん元気かな。と、ナポリ在住の
ガイド、通訳などをしている知人のことをふと
思い出したら、本人がその番組に現地のガイド役
で出ているではないか。
「あっらー、MIYAちゃん変わってないな~」
女優らしき美しき女性と一緒にナポリ市内を
街歩き、オススメどころを案内していくという
一時間番組だ。
彼女が連れていくカフェ、チョコレート屋、
pizza屋、手袋屋、すべて一緒に行った場所。
どれも懐かしく、変わらない。
東京と違って、新しい店を紹介するのではなく、
いいところはずっといいという紹介であるから、
さすがイタリアと思いながら、
ずっとMIYAちゃんの仕事ぶり
に引き込まれ、ナポリの町を思い起こしていた。

そして、番組の終盤には、彼女と最初に出会う
きっかけになった、イタリアマンマの料理を
教えてくださった現地のお母さん(おばあちゃん)
のご自宅訪問と彼女の家庭料理のおもてなしが
登場。
そうそう、ここに実際に企業のみなさんを
お連れして、お邪魔して、家庭料理のレクチャーを
きいて、食事して・・・ナポリの海を
ベランダから見下ろし、彼女の家にある
古いピアノを弾いたな~~などなど、
10年以上前のスローフードツアーのことを
鮮明に思い出した。と同時に、
MIYAちゃんに何年振りかにメールする。

「テレビつけたら、出ていたのでびっくり。
変わってないね~。」
・・・・メールしながら、ナポリへ
再び行きたいと思い、眠った。

朝目覚めたら、MIYAちゃんから早くも返信。
「マーサさまお久しぶり。
あの番組はもういいというぐらい、再放送
しているものです。ですので、私は実際
もっと老けていますよー」
と変わらぬ、いい距離感の返事。

よし、今度は久しぶりに再会を果たそう。
しかし、テレビもそんなに再放送しているとは。
制作費もかかるし、元をとらないといけないし・・。
いずれにせよ、害のない旅番組は、自分を
世界にいざなう旅番組は好みのコンテンツだ。
MIYAちゃんがナポリで健在、奮闘していることを
知り、こちらも元気が満ち満ちてきた。

カテゴリー: Essay (Word) | 再放送で再会。 はコメントを受け付けていません。

記念日が多いセプテンバーに。

9月のはじまりは何かと記念日が多い。
本日1日が母の誕生日、3日が妹の誕生日、7日が甥っ子の誕生日そして
その日は、私が幼き頃にとてもかわいがっていただいた叔母の命日・・。
その叔母がこの世を去って、もう45年になるが、その間も
彼女のだんなさんや後妻さんが、親戚づきあいを
続けてくださって、時折手紙を送ってくださったり、ふるさとライブにも
参加してくれている。
とくにおじさんは80歳を越えても現役。ずっと仕事を続けておられる。
耳が聞こえなくなってきたけれど、いつも私のライブに
来てくれて、聞こえないのに、どうしているんだろうと
いつもおじさんの顔が視界に入ると、胸がつまりそうになりながら、
演奏をしてきた。

この週末は、このおじさん夫妻と両親と妹で、セプテンバーの会食
をしようと思っている。
長年のおつきあいのお礼を、そして元気なうちに
一緒に食事を・・。
思ったタイミングに、実施する。

そんなことはこれまでしたこともなかったけれど、
ひとつひとつ、感謝を気持ちを込めて、
楽しい時間を作らねば思うのだ。

「あのとき、ああすればよかった」と、思わなくても
いいように・・。

天国のおばさんにも、感謝を込めて。
いい旦那さんでよかったね。
おばさんが亡くなる前に作ってくれた卵焼きのあの
味が・・・蘇る、セプテンバーは記念日多き月。
セプテンバーは、秋を感じるとともに、
人生の秋をも思う、人恋しくなる季節だ。

カテゴリー: Essay (Word) | 記念日が多いセプテンバーに。 はコメントを受け付けていません。

灯台下暗しのおもてなし。

思えば、18歳に家を飛び出して35年が経過。なんと月日の流れるのは
早いことかと思う。よくその間、家族たちが元気に、無事に自然に年を重ねて
いてくれることが何よりの宝であり、これ以上ありがたいことはないと
最近思う。
思えば、とくに家を出るとき、妹という存在を、妹が出ていく姉の背中を
どう見るか・・など、考えたこともなかった。
今になって思えば、なんだか罪深い気がしてくる。

親とはそのうち、別れる日が来る。妹は順番でいけば、もっと長くつきあえるはずだ。
そう思うと、ああ、大切にしなくちゃな~と素直に思えてくる。

と、だからというわけではないが、このたび、妹がたずねてきたときに
コーヒーを淹れたり、好きそうなお菓子を入手して出したり、
サンドイッチを作って出してみたりした・・。
すると、妹は美味しい、美味しいと喜んで食べてくれた。

そして、図録を観たりしながら、いろんな作家のことやアートのことも
話すと、興味を持って聞いてくれたのがとても新鮮で・・・。

これまで、何もしてきてないな。
これからは、もっとコーヒーやお茶を淹れてあげたい
これは年をとってもいい楽しみのはずだ。

おもてなしは、灯台下暗しの人たちにも。
改まったこと、大したことではない。

目の前にいる人が心から喜ぶことをすればいい。

こんな発想ひとつで、心豊かなひとときが、生まれそう。

もっとも大切にしなければならないことは、足元にある。

カテゴリー: Essay (Word) | 灯台下暗しのおもてなし。 はコメントを受け付けていません。

お騒がせな男たち

いやはや、ミサイルが発射されたとの速報で朝を迎えるのは
本当に困ったものだ。
メディア各社が一気に騒がしくなる。
朝いちばんのコーヒーがまずくなる。
自分の1日のスタートへの影響を考えざるを得なくなる。
静かな朝が一変する。本当に迷惑行為だ。

まずは、国内に落下しなかったので、良かったが、
この行為自体が許せない。
本人は、自身の行動で世界が動揺することを喜んでいるのだろう、
世間が騒げば騒ぐほど、思うつぼなのだろう。
世界の中での自分の存在を示す方法がこんな方法しかないのか。
と思うと、本当に嘆かわしい。

一方、そのターゲット側にも、ミサイルこそはまだ飛ばしていないが
意味不明の言動を続けているリーダーもいて、この方も
何を言い始めるやらと、周囲は不安であり、市民国民の多数が疑心暗鬼・・。

このお騒がせな二人の関係、これからのやりとりが不気味だ。
その間にいる日本は危険な位置にいる。
お騒がせな男たちを制することができないのか、
涼しい声で
「断固と非難します」
と何度言っても、本人には届いていないだろう。

ああ、お騒がせな男。幼稚であり、稚拙な人々が各国のリーダーとして
君臨している、もう世も末・・。異常気象と同じように、異常人事の時代。

・・こんなことに振り回されず、
とにかく、平和な朝を大切にしたい。

カテゴリー: Essay (Word) | お騒がせな男たち はコメントを受け付けていません。

24時間世界を見る、わが世界を知る

世界のニュースを眺めているのが好きだ。海外に行ってホテルでは必ず
ニュースを眺め、言葉がわからなくても、映像でその様子を察知し、
行動の参考にもした。
自宅にいるときも、NHKのBSの世界のニュースは毎日欠かさないが
NHKの目で選定されているため、世界中の情報を知るには足らないし、
偏っているかもしれない。
このたび、アマゾンで面白いサービスを知り、導入した。映画や音楽が
見放題、聴き放題であるのは知っていたが、そのなかにニュース番組
もある。BBCは日本でおなじみのため、それ以外のものをセレクト、
ユーロニュースなるものをダウンロード。
24時間、ヨーロッパから見た世界の情報が流れ続ける。
そう、パリででも、フランクフルトででも、ナポリでも、リスボンでも
見ていたユーロ共通のチャンネルだ。
テロの危険があり、最近はしばらく足を向けていないが、
このニュースを見れば、今のヨーロッパ全体の様子、またユーロから
見た世界の情報がわかる。
ロシアのことも出てくる。
北・南アメリカのことも取り上げている。
アルゼンチンの様子も時折わかり、ドキドキする。
オーストラリアも含まれている。
時折、韓国や北朝鮮などの緊迫した話題も取り上げられる。

日本のことは、ほとんど話題にならない
東日本大震災のときはもちろん取り上げられたはずであるが。
それだけ、平和で危険なニュースがない、日本という国。

今、最も心配はアメリカのハリケーン。

そにかくこのユーロニュース、しばらく楽しみたい。
字幕なしのニュース、耳で英語を流し聴きしながら
映像を時々目にする。
今の世は、ほんとうに便利だ。
アマゾンさんは、困ったさんであるが、この点は私にとって
ありがたい存在だ。

と書いたら、北朝鮮のミサイル報道。
緊急時、流すのではなく、しっかり見るときは、NHKも
もちろん必要だ。
とにかくいつも、世界の動静を見続け、正しい世界観を
持とう。

カテゴリー: Essay (Word) | 24時間世界を見る、わが世界を知る はコメントを受け付けていません。

密葬への共感と、自分らしさの追求と。

会社員時代に出会ったK子さん。お互いに30代前半で脱サラをし、自分の
思う道を歩んできた。という点では共通しているが、私と違ってK子さんは
コツコツ努力の人。ダンスから韓国語から、石鹸づくりから、そして現在はコーチング。
とことん学び、プロを目指し、やり切るというところが本当に素晴らしい。
大病を患い、本当に苦しい時期を乗り越え、いつも前向きでいつもまっすぐで。
また人とのコミュニケーションを心底大切にする人で、いただく手書きのお手紙が
うれしく、何年も会っていなくても、心は通じ合っていることが、とても嬉しい。

そんな彼女から手紙と手作り石鹸が届く。久しぶりの近況報告。
この春、
お父様が亡くなられた。その前後の様子が書かれており、家族で何年も話し合って
密葬、樹木葬にされたということを知り、ああK子さんのご家族らしいなと
思った。
私と同様、子供がいないため、もう家系はそんなに遠くない将来に途絶える。
だから、シンプルにしていきたい。このことをお父様の生前から、お母様と
一緒に話し合ってきて、そのとおりにした。ということ。

ああ、一番いい送り方、送られ方。
常に真の意味で前向きで、自分らしく進むK子さんらしい。
久しぶりに彼女に会いたくなった。
密葬。いい終わり方だ。伝えておかないといけない。
ビジネス的な終活ではなく、静かに人生のカーテンコール。
K子さんのお父様のご冥福を心からお祈りしたい。
そして、シンプルにそして強く生きる
彼女のこれからを、ずっと応援していきたい。

カテゴリー: Essay (Word) | 密葬への共感と、自分らしさの追求と。 はコメントを受け付けていません。

秋のステージがもうひとつ・・・小千谷で開催


来たる10月7日(土)午後、小千谷の観光交流拠点サンプラザで、秋のふれあいコンサートを
行います。地元のロータリークラブの皆様のご尽力により、実現の運びとなりました。
どなたでもご参加いただけます。お誘いあわせの上、お出かけください。

カテゴリー: Info | 秋のステージがもうひとつ・・・小千谷で開催 はコメントを受け付けていません。

心機一転の「赤」


バンコク在住のKIYOSHIさんとは、台湾で出会って以来の
十年以上のおつきあいで、会う回数こそ少ないが、いつでも通じ
合える、いい心友であり、やり手の弟であり、尊敬すべき人生開拓の人だ。
18歳からふるさと倉敷を出て、約30年。イタリア、NYから中東、
そして台湾からバンコク・・。地球一周して、アジアに戻ってきたが、
彼の夢はイタリアへ住むことと聞いた日が今も懐かしいし、彼のこと
だからきっと実行するのではとも思っている。

先週、シンガポールから新潟へ戻り、飲食業を営む人に出会い、ふと
シンガポールにもよく出張しているKIYOSHIさんは元気か?と
気になり、久しぶりにメール。するとこの赤いソファの写真が付いて
戻ってきた。
最近、新たにオフィスを移転したそうであるが、
なんとも何もない殺風景な部屋だったので
この赤いソファを買ったそうだ。そのとき私のこともなぜか思い浮かべて
くれたとのこと。
赤はマーサ・・とは、光栄だ。ソファがマーサでも、もちろんいい。

オフィスに赤いソファがあるなんて、気が利いているし、パッションが
伝わるし、いい交流ができそうだし、さすがのチョイスだ。
お互い、この十年、いろんな変化があった。イケイケ時代もあり、
パワフルすぎたのも当時の共通点であったが、少しづつ変化していった。
富だけを追いかけるのではなく
心の豊かさを大切に生きたいと思い始めているのも、共通している。

赤いソファ。
KIYOSHIさんらしい。
異国で、でも同じ空のもとでいつも逞しく生きている彼のことを
応援している。
そのうち、ふるさと倉敷か、名古屋か・・バンコクかで再会できる
だろう。
赤の心機一転。そう赤は元気を勇気を与え、血流をよくするエナジーカラーだ。
新しい拠点で、また新たなチャンスをつかみ、彼らしく仕事を、人生を
エンジョイしてほしい。

カテゴリー: Essay (Word) | 心機一転の「赤」 はコメントを受け付けていません。

「愛の元気人」8月分 本日オンエアです。



ハッピーコミュニケーションプログラム「愛の元気人」8月分は26日18時よりオンエアです。
今回の「にいがた元気人コーナー」ゲストは、
割烹岩松の斎藤社長、なんばん味噌のすずきやの3代目店長 鈴木紀夫さんです。
スーパーポジティブなお二人の楽しいトークをお楽しみください。
FM KENTO 愛の元気人

カテゴリー: Info | 「愛の元気人」8月分 本日オンエアです。 はコメントを受け付けていません。

「なんで、ずっとハイテンションなんですか?」

セミナーや講演など人前でお話ししたり、パフォーマンスをする仕事では、
とにかく、そのときは伝えるべきこと、伝えたいことをいかに伝えるかを
工夫しながら、何度も何度も推敲、その時その時の観客、受講者を見ながら
話したり、演じたりするのだが、とにかく毎回、一生懸命やる。

こちらは何十回、何百回やっていようが、お客様は毎回新しい。
また内容も変わる。同じことを言うにしても、相手が変われば
少しでも変えようとする。
いつも同じことをずっとやっていては良くない。
ある意味、自分になれ合いになってはいけない。
相手が変われば、毎回「初めて」なのである。

今回もある製造業の組合での講演機会をいただいたが、とにかく一期一会で
臨んだ。構成も自分なりに工夫、参考になる企業事例も用意したく、
周囲の協力も得ながら、オンリーワンのコンテンツになるよう準備した。

おかげさまで、受講者のみなさんに熱心にお聴きいただき、協力いただいた
発表企業のプレゼンも含め、全体的にうまく収まったと一安心。
その後の懇親会で、ある受講者から言われる。
「あのー、すごいテンションですね。ずっと最初から最後までハイテンションですね。
なんで、そんな風にできるんですか?疲れませんか?」
そう、話を聞くだけでなく、この話しぶりとか、話し方とか、自分の様子を
観察されることもあるのだ。
内容だけでなく、見た目というか、こちらが発信するすべてが相手には
見られるのだ。
「こういう仕事ですから、伝えることが仕事ですから、伝えたいと思うと
こうなります。またこれが自分のスタイルです。
お客様にそれが伝わり、喜んでもらえたらそれが次へのパワーになるので
疲れより、喜びが多い仕事と思います。その喜び、やりがいがテンションに
つながるのかもですね」
という感じの答えをした。
日々一生懸命営業をする、話をするというのは駆け引きであり、疲れる。
だから、休日は引きこもりたいぐらいだ。とその方はおっしゃった。
よくわかるな~。一生懸命とは本当にパワーを放出するのだ。
ハイテンションと思っていないが、ハイテンションに見えるんだ。
と、自分のパフォーマンスを改めて振り返り、どう見られているか、
どう見られるか。そのことはコンテンツと同じぐらい重要であることを
改めて確認。
見られる、聞かれる、そしていいことを吸収していただく。
ますます磨かねば。
テンションのキープ。無意識だけれど、この見えない温度が伝わっているのだ。

お客様が何を

カテゴリー: Essay (Word) | 「なんで、ずっとハイテンションなんですか?」 はコメントを受け付けていません。