いい仕事をしていただくためのお手伝い。

福祉のお仕事をされている方々への勉強会をこのたび担当する。
お仕事を円滑に進めていくための、コミュニケーションスキル、
テクニックは確かに重要であり、人手不足の昨今、限られた
時間のなかでいいコミュニケーションをとり、一緒に働く
仲間といい関係でお仕事ができれば、それに勝るものはない。
そこでぎくしゃくしたり、消化不良のコミュニケーションが
続けば、さらに入居者やその家族たちとのコミュニケーションにも
影響が出る。
商品を作って、それを売る、市場をつくるという仕事も意義があるが、
福祉の仕事を選び、日々頑張っておられる人はもっと意義があると
思う。
経済の成長が一番大切なのではなく、一人一人が元気に幸せに
生きられることの方が大切なのだ。
うわっつらの政治屋の薄っぺらな言葉と裏腹に、重い現実がある。
今回、福祉の仕事をされている人に出会う。
まずは敬意を表したい。そして、応援したいと思う。
彼らが良き仕事をしていただくために、コミュニケーションクリエイター
として、何かのきっかけを得ていただけたらと心から思う。

誰かがいい毎日を過ごす、いい仕事をするため・・のお手伝い。
これが私の仕事。心を込めて、自分ができることをまっとうしたい。

カテゴリー: Essay (Word) | いい仕事をしていただくためのお手伝い。 はコメントを受け付けていません。

この上なき、うれしい誉め言葉。

今回の小千谷でのふれあいコンサートが終わった後の出来事。
とある紳士が近づいてきて、声をかけてくださった。
コンサートの感想だろうか。見た目からすると、地元の名士、
経営者という感じだ、。

「あのー、年収1000円を越える仕事に、秋葉原で包丁で魚をさばきながらお客
さんに向かって話しができる人というのがあるそうですが、
魚を切りながら、話をするとはとても難しいわけです。
あなたは、立ってピアノを弾いて、歌って、そして話す。
こういうことができる人は珍しいです。
秋葉原の包丁売りを思い出しましたよ。いやー、たいしたもんだ・・」

やっぱり商売人だと思いつつ、このような例えから感想を言って
くださるというのは初めてのこと。

とても新鮮で、とてもうれしく。

そう、立って弾き歌い。時には片足で立って歌っている。
これこそ、マーサ奏法だ。
そのことを見続けてくださっていたお客様がおられることに
とても感動した。

カテゴリー: Essay (Word) | この上なき、うれしい誉め言葉。 はコメントを受け付けていません。

動く個室の有効活用。

タクシーというのは面白い。
公共交通機関よりお金がかかる分、使い勝手の良い、
動く個室である。
運転手さんとの相性がよければ、最初に出会う地元の人として
会話も楽しめることもあることも多い。

最近では感じの悪い運転手という人にあまり出会うことがない。
礼儀が良い方(当たり前ではあるが)が圧倒的で、またいろいろ聞くと
きちんと答えてくれる人も多い。
不案内の町に行くとき、その街を知るには、タクシードライバーにたずねるが
良い。地元の人でありながら、いろんな人を乗せ、いろんなところに出向いて
おられるので、客観的な情報も得られやすい。

今回は、コンサート当日、駅から会場へ向かう20分ほどをタクシーに
乗って移動した。その街のことをいろいろ聞く。いいところ、大変なところ。
自分が知っているその街のことがあっているかを確認するにも有効だ。

さらに、「ちょっと〇〇を探しているので、直売所寄れますか?」
と無理も言える。「んん、どこにあったかな~」
記憶をたどりながら、直売所に寄ってくれる。そして車から降りて
その野菜を探している私のあとについてきて「ありますか?」
と聞いてくれる。親切なドライバーだ。

そして、次に、車内はリハーサル会場にもなる。
「ちょっと声出していいですか?」発声練習というよりも、
ちょっと心配な作り立ての曲を試してみたくなった。
「あ、どうぞどうぞ。」
そして、できたてのその街のことに歌詞を
かえた、いわゆる替え歌を歌ってみる。
「これ、この町のことを替え歌にしたんですけど、合ってますか?」
すると、運転手さんが
「いい歌ですね~。全部、この町のことが入ってますよ。よくご存じですね~」
と太鼓判を押してくれて、安心。よし、この替え歌は今日のイントロで歌うことに
決定・・・。ということで、タクシーがリハーサル会場になった。

いい運転手さんと出会うと、なんだかそれ自体が一期一会で、人生の縮図を
生きた感じすらすることがある。
おそらく、もう二度と会わないケースが多い。よく話す運転手さんであれば
人生を語りだす。初対面なのに、しがらみも面識もない分、自由に
話せる究極のコミュニケーションができる。

今、こうして書きながら、
ふと、NYのタクシーを思い出す。世界中の面白い話を聞いたな・・。

タクシーは移動手段というだけでなく、コミュニケーションの場として
考えても面白い。
「本番、がんばってくださいね!」
降りるときに、そんな言葉をかけられて、やる気が高まる。
なんだか、家を出るときみたいだ。

たまたま出会う運転手さん・・により、その次の時間がよりハッピーに
パワフルになれる・・・
というのもとても素敵なことだ。

カテゴリー: Essay (Word) | 動く個室の有効活用。 はコメントを受け付けていません。

皆さんの「愛」で実現した、ふれあいコンサート。

この連休初日は、小千谷でのふれあいコンサート本番の日。
地元の方から、「楽しみにしていますね」とのお声をいくつもいただく。
絵文字付きのメールが私のやる気に火を灯す。
「みんな楽しみに待っていますよ」
「長岡から来るタクシードライバーおしゃべり好きだったら、『集中しますので』
と言ってくださいね」
とまで、心配してくださる・・・。
また秋の行事多き日のため、どうしても本番は叶わないが、午前は時間少しとれるから
といって、リハーサル時間に花束をもって駆けつけてくださる仲間・・。
前日のご案内にも拘わらず、駆けつけてくださった社長さん。
なんと小千谷の市長までおいでになった・・。

と、この小千谷ふれあいコンサートは、皆さんの愛に支えられた本番になった。
準備段階からも、そうだ。何度か現地に足を運び、発起人の方、主催者のみなさんと打ち合わせを
したり、会場を下見したり・・・。
まさか、実現するとは・・・。
このコンサートは、私なりの目的があった。
これにより、少しでも発起人である方に少しでも元気になっていただくということ。
元気がうつるといいな。いい気を注入せねば。
そのことのために、そしておいでいただける皆さんの心が温かい愛で包まれるように
会場が笑顔で包まれるように。そのことだけのために心と体を集中させた。
会場は満員。最初から最後まで、みなさん熱心に聞いていただき、無事終了することが
できた。
ひとまず、無事終えられたことへの安堵の気持ちをここに記しておくとしよう。
写真は、小千谷の仲間のご協力による。こんなことも含め、みなさんのご協力あっての
ステージ。
とにかく、盛況で終えられたことが、うれしくてたまらない。

感動をつくる、届ける仕事が、やっぱり好きだ。

カテゴリー: Essay (Word) | 皆さんの「愛」で実現した、ふれあいコンサート。 はコメントを受け付けていません。

危機状態は突然に。

困ったときほど、急ぐときほど、冷静に。
が情報社会での教訓だ。
パソコン、タブレット、スマホにかなり日頃お世話になっているため、
このどれかに不測の事態が起きると、瞬間パニックになる。
しかも、「なんで、今、こうなるの~」と、急ぐ時に限って事態が
起きるのも、困りもんだ。
しかし、出張先や深夜にこういうことも起きるのだ。
使えないなら使わないで行う方法を考えるなど、知恵を使うしかない。

人は追い込まれると、それなりの判断をするものだ。
焦っても道は見えない。

クライシスのときほど、冷静に。
もっとも、日ごろからいろいろ勉強しておく、聞ける専門家を
確保しておく・・・などのリスクヘッジはもちろん必要だ。

講演会のときにフリーズしたパソコン、講演中に投影された
映像がみえなくなったこと、などなど・・・いろんなことは、
まあ、おきる。
人が突然倒れることもあるだろうし・・。

だから、何があっても驚かず、騒がず、冷静に。
と、言い聞かせる、トラブルシューティングの朝。

カテゴリー: Essay (Word) | 危機状態は突然に。 はコメントを受け付けていません。

「楽しみにしています」の一声で元気百倍!

大きなイベントを自主企画・プロデュースする場合は、全方位での
リスクを考えながら、大胆かつ慎重に進めていかねばならない。
かなりのプレッシャーとストレスが自分にかかる。
そんなしんどいなら、やらなきゃいいのに。ともう一人の自分が
つぶやくこともある。でも、自分で決めたことだからと
前向きをキープしようと踏ん張る。
そんなとき、毎回楽しみに参加されるお客様、しかも毎回
一番最初にお申込みをいただく方から、
「お会いするのを楽しみにしています。」
とのメッセージをいただくと、ああ、がんばらなければ!と
やる気が満ちてくる。
そう、最終的にお客様が一人でも二人でも、喜んで来てくださる
方のために、その人に喜んでいただけるように、すれば良い。
と思えば、他のプレッシャーから解き放たれる。

今回は感謝のショーにする。
そんな気持ちをもち、できることをこつこつがんばればいい。

楽しみにしています。
この言葉は、どんな栄養剤よりも、効く。
ありがたい。
素直な気持ちで前に進むとしよう。

カテゴリー: Essay (Word) | 「楽しみにしています」の一声で元気百倍! はコメントを受け付けていません。

グラン・ルー公式サイト 秋のメッセージ公開です

グラン・ルー公式サイト シーズンメッセージをアップしました。
今回は長崎の写真を中心に構成してみました。
トップページからアクセスください。
グラン・ルー公式サイト

カテゴリー: Info | グラン・ルー公式サイト 秋のメッセージ公開です はコメントを受け付けていません。

不規則も規則にする。

いやはや、この連日の不規則な生活は、どうしたもんだ。
と、体や頭がびっくりしているかもしれない。
毎週続く、イレギュラーな行先の出張。毎回交通手段も
移動ルートもよく考えねばならない。
さらに、毎日の起床時間が変動する。
ときに2時半、3時、4時半。
最近の仕事や環境の変化で、そうする必要が出てきたため、
4時起きが早いとは、すでに思えなくなってきた。

さて、傍目から見ればかなりの不規則な暮らしであるが
世の中には、そういったシフトで働く人も多くおられることと
思う。
弁当屋を営む知人は、1時起きの日々だ。

人にはそれぞれのサイクルがある。
人から見たら大変なことでも、慣れてしまえば、
自分のものになってしまえば、不規則も規則になる。
異常が通常になる。

もちろん、人間はもともとお日様とともに起き、眠るという
ルールのもとに生まれてきているのだから、
そのルールを犯すと、お返しは来るのだから、
体調管理はかなり重要。

それにしても、人はやろうと思えば、できる。
なんでも自分のルールにしていけばよい。

それが人が、社会が喜ぶことならば・・。

カテゴリー: Essay (Word) | 不規則も規則にする。 はコメントを受け付けていません。

「とことん、やったんか?」の自問

毎日、いろんなことを思いながら、ときには不安を抱えながら生きている。
やりもしていないのに、すべきことをしつくしていないのに、
どうしよう・・とか思っている自分はいないだろうか。
ときには、そんなときもある。
寝ていても、その気になることが夢に出てくる。。。
であれば、とにかく考えうるすべてのことを、ひとつひとつやりつくすだけだ。

いつも、とことんやったのか?を
自分に問うてみよう。

「やった」と言えるならばで、それでいい。
結果ではなく、恰好ではなく、
自分が向かったプロセスこそが、一番大切な結果なのであるから、
とにかく、いつもとことん。だ。

この秋は、この とことん もっと極めて いい年の瀬に向かおう。

カテゴリー: Essay (Word) | 「とことん、やったんか?」の自問 はコメントを受け付けていません。

本番カウントダウンのどきわく感!


秋になった。
芸術の秋、スポーツの秋・・。来る連休、本来であれば、心穏やかに、そんな秋を
満喫したい・・ところ。
世間がどうであれ、私のミッションを行動するのみ。
連休初日のこの週末は、小千谷でのふれあいコンサートだ。
こんな無名な、なんちゃってアーチストのような者に声をかけていただいた。
皆さん、一生懸命準備をしてくださっている。
私自身も、このカウントダウンの時間をドキドキわくわくしながら
過ごし始める。

おいでいただける皆様のことを想像しながら、いい笑顔が生まれるようにと
選曲、トークネタをイメージする。

ぜひとも一期一会のいいステージにしよう。
終わったあとの拍手、握手、ハグ、そしていい笑顔・・・
それだけをイメージする。

ありがたい、小千谷の秋。 
主催者のみなさま、ご協力いただく皆様に心から感謝。

カテゴリー: Essay (Word) | 本番カウントダウンのどきわく感! はコメントを受け付けていません。