「一生懸命かけば、伝わるんです」

長年お世話になっている方のふるさと~新潟の南魚沼にある
素敵な素敵なミュージアム。
早く行かねば行かねばと思っていたが、なんせ足がないと
どうにもならない。
そこに展示されている作品を使ったポストカードや、
カレンダー・一筆箋等の文具は以前より越後湯沢駅をはじめ、
文具店などでも見かけ、その絵柄が好きで時々購入したり
その応援団の方からいただいたりして愛用してきているが
なんせ原画を見たことがないことが気になっていた。

そんなこんなでなかなか訪ねることができなかったが、
今回何年越しかの念願が叶い、地元の書家さんのご協力
により、訪問が実現した。
そのミュージアムの名前は「野の花館」。地元在住の画家
外山康雄さんという方が長年描かれた、山野に咲く草花、
山菜が丁寧に展示されている。
地元の酒屋さんの古民家風店舗を活用、高い天井をも生かした
バランスのよいミュージアム。
館の前で立ち止まり、そして中に一歩入った
ところから気持ちが落ち着くから不思議だ。
全館から自然に優しく抱かれているような気持ちになる。
そして愛らしい草花たちの水彩画が、なんとそのモデルである
草花と一緒に展示されているのには驚く。
その草花たちも、それぞれ違う器に活けられ、ひとつひとつ
大切に展示され、草花とともに作品を楽しめるというなんとも
贅沢なミュージアムだ。
作家の外山先生にもお会いすることができたが、なんとも
優しい、まさに道ばたに静かに咲く、愛らしい野花といった
印象だ。そしてご一緒に接客をされるご家族も素敵だ。

日々、新たに描かれる作品も織り交ぜ、何度来ても飽きないように
工夫され、訪れる人へのおもてなしも大切にされている。
もともと印刷会社でデザイナーをされていたということで、
印刷会社時代の様子が目に浮かぶ。二足の草鞋から脱サラ
され画家生活をはじめられ、今年で開館15周年とのこと。
「一生懸命かいていれば、伝わるんですね」
その言葉が静かに心に響く。
なぜか先生やご家族と接しているうちに、ここを応援したいと
いう気持ちになってくるのも不思議なこと。
早速、その日の午後に、違う人とともに再度来館した。
一日に二度も訪問する美術館というのは初めてだ。
ライフワークとビジネス。両立が難しいが、真似はできない
が、素敵な人生のお手本のひとつを見せていただいた。

カテゴリー: Essay (Word) | 「一生懸命かけば、伝わるんです」 はコメントを受け付けていません。

生を愛し、かえりみて自らを知る

最近、近所の大学のオープンカレッジに参加し、頻繁に足を運んでいるが、
そのキャンパス内で気に入っているのが、会津八一記念博物館。
新潟出身の人であれば、あるいは早稲田大学で学んだ人であれば
ご存じであろうが、それ以外の人には知るきっかけがない。
私もたまたま、新潟に足を運ぶようになり、新潟日報という日本一の
地方紙に触れることになり、その存在を知るようになった。
が、まさかその氏の記念館が近所に存在していたとは。
もちろん学生利用のためであろうが、一般開放されているし、
一応今は少し授業料も払っているので、堂々と中に入らせていただく。
入館料は無料。
建物は明治時代にけんちくされた図書館を利用されており、重厚な
西洋建築に、氏が集めた東洋美術のコレクションはじめ、大学所蔵の
美術品の展示が不思議とマッチしている。
大学の芸術学部を設けたなど、興味深い。あいにく東洋美術への
関心はあまりなかったが、ローマに派遣された九州のキリスト教徒たち~
少年使節団などの絵や、長崎港の版画のコレクションなど、まさに
東西をつなぐ数々の歴史文化的な軌跡を見ることができ、
大変興味深い空間。
そこに、氏が書かれた、学徒という書がある。
面倒を見ていた学生たちに教えた学びのルールといったところか。
そこに心惹かれる言葉をみつける。

ふかくこの生を愛すべし。
かえりみて己を知るべし。
・・・との言葉。
氏はどこまでも現物主義であったそうであるが、現実、現物まさに
自らの五感から真理を導こうとした姿勢に感銘を受ける。
リアルなものからは、ネット社会では得られない生の感動や学びがある。
現物主義か。とても勉強になる新潟出身の偉人に感謝。
さあ、今日も深くこの生を愛し 生きるとしよう。

カテゴリー: Essay (Word) | 生を愛し、かえりみて自らを知る はコメントを受け付けていません。

どきどき、プチチェンジ。慣れることに慣れる。

電気・ガス・水道と同じように、電話料金は気になる、生活の大切なライフライン的存在だ。
私はチラシを見てモノを買いに行くのもおっくうで、いろんな料金比較があっても、いちいち見て比較して・・・
という購買行動が実は苦手。
いいと思ったら、それを信じる。そのまま使い続ける。とそんな傾向があるが、
今回、久しぶりに電話会社~キャリア~を変更してみた。ついでにスマホも交代。タブレットも新機種にしたいほど
使いまくっているが、次々に更新する程いろんな意味での余裕はなく、いよいよというタイミングで買い替える。
機材を変えると、使い勝手が変わるので、ちょっと面倒ではある。
さらに電話会社を変えると、いろんな勝手が変わるのでこちらもちょっと不便な瞬間がある。
「ああ」とか「もう」とか言いながら、格闘するが、結局わからなければ、電話をすることにする。
ホームぺージを見て入会することは、いつでもアクションでき、とても便利であるが、困ったときは
お客様窓口のお世話になる。
いやはや、彼ら彼女らの電話応対の仕事は本当に大変で、ネット社会になればなるほど、実はこの個別対応が
信頼の鍵になるのだ。
プロバイダーも昔より、電話応対の質が向上しているような気がしている。
人にはそれぞれ自分に合った環境、操作があると思う。それはそれでよい。
今回は節電や機材の老朽化などの理由で、久しぶりにいろいろ変えてみたが、いやー、怖さもいっぱい。
でも、いざとなれば、つながらないだけの話。つながらなくても、いざとなればファックスも固定電話も
手紙もあるさ。というノリで、どーんと構えればよい。
と、最近、見えないお客にわかるように ときには怒りをおさえて、丁寧に対応されるサービス係を
尊敬している。
競争激しいこの業界、うまく使って、内容の濃いコミュニケーションができれば何よりだ。
大切なのは、何をもっているかではなく、あくまでも中身なのだから。

カテゴリー: Essay (Word) | どきどき、プチチェンジ。慣れることに慣れる。 はコメントを受け付けていません。

ときには自分を応援する。

毎日いろんなことが起きる。大きなこと小さなこと・・
まあ、ほとんどはあとになってみれば
撮るに足らない、小さなことだが、その時点では
そうは感じない。
とにかく動けば、何かに関われば何かが起きる、
その出来事の連続。重なりが1日であり、その積み重ねが一生になる。
そして、50年以上生きていても、いまだに
その小さなこと、大きなことに一喜一憂しながら生きている。

ときには、納得できないこと、怒りを覚えること、悲しくて
泣きたくなること、つらくて逃げ出したいこと・・・も
まだまだあるもんだ。なかなか達観しきれないのが浮世の人生だ。

いつも楽しいこと、うれしいことばかりでは人生は
面白くもなく、いろんな山を、谷を越えるからこそ、
楽しみや喜びもひとしおなのだろう。

自分の気持ちがふさぎ勝ち、落ち込みがちになるときほど、
上を向いて、前を向いて、口元を横に開いて、笑顔を作ってみよう。
そうすると、気持ちも変わってくる。

自分を追い詰めればつらいのは自分だけれど、
自分を応援すれば、がんばれるのも自分だ。

そう、まずは自分を応援しよう。
何事もそんな自分自身への動機付け、契機づけから
人生はいい方向へ進むはずだ。

何事も自分自身。他人に依存せず、自分で自分を
盛り上げよう。
それができれば、人生、楽に生きられる。
・・・と、そんな気がする今日この頃だ。

カテゴリー: Essay (Word) | ときには自分を応援する。 はコメントを受け付けていません。

感動を発掘する喜び

東京で暮らす一番の魅力、良さは芸術鑑賞・体験の機会が多いという点。
ショッピングやグルメや・・・よりも、実は学び・感動の機会が豊富である
という点が気に入っている。
しかもメディアに取り上げられやすい有名なものではなく、あまり知られて
いない作品などを企画展示していることも多く、それをたまたま見つけたり
すると得した気分になり、心も豊かになり、幸せになる。
今回、目黒区立美術館で開催している板倉鼎・須美子展に足を運んだ。
たまたま見たポスターでの作品の女性の顔とオレンジのドレスの色合いが
日本人の作品ではない、西欧的なメリハリを感じ、興味をもったのが
きっかけだ。
この夫妻は明治時代に活躍した。与謝野鉄幹・晶子が仲人だったというから
やはり芸術家にふさわしいお家柄。鼎氏は千葉出身、夫人は都内でしかも牛込
にいたというから、勝手にご近所感をもってしまう・・。
さて、特筆すべきは二人の日本人的ではないセンスであるが、
夫婦で描いた作品というものがユニークだ。夫婦で仲良くパレットを
もってひとつの作品を描くとはどんな幸せな仕事・・・。
鼎氏単独の作品と、夫妻で手掛けた作品両者をみられるのも面白い。
さて、この夫妻。両者とも20代で人生を終えている。
なんとドラマチックというか・・人生はやはりわからないものだ。
いろんな人生をいろんな作品を通じ、そこから生きる力や
真に美しいものを知り、自身の生きる糧にする。
感動を発掘しながら、いろんな人生を学ぶ。
芸術とは作品の技巧を鑑賞するだけではなく、その作家の
人生そのものを想像することで、より味わいも深くなる。
さあ、もっともっと発掘の旅を続けよう。

カテゴリー: Essay (Word) | 感動を発掘する喜び はコメントを受け付けていません。

懐メロを500曲チェック。

懐メロ。という言葉自体がもう、死語であろうか?
懐かしのメロディ。これはレコード時代の、昭和時代の、いわゆる歌謡曲・演歌を含める楽曲を指すだろうか。
私たちが子供時代、父の車に乗っていつも聴いていたのはカセットテープ。そう、軍歌から戦前の歌謡曲も含め、いろいろ
無意識に聴いていたのが、まさに懐かしい時間だ。
ドライブ、カセットテープ、懐メロ。これこそ、昭和後半の行楽時の必須の道具だった。
そこでよく聴いた懐メロたち・・。大人になってから、あまり耳にすることがないからこそ、より懐かしく、心に
染みてくる。最近では、「長崎の鐘」に興味をもってから藤山一郎に関心をもち、その後も最近亡くなった、
船村徹、ペギー葉山・・・。

これらの懐メロがデータベース化されていて、いつでも聴けるというサービスを行っているのが、先にも書いた
九段の昭和館。こちらの資料室には昭和の画像だけでなく、昭和の音楽も楽しめるようになっている。
江利チエミ、高峰秀子、島倉千代子、雪村いずみ、越路吹雪、田谷力蔵、近江俊郎、フランク永井・・・・などなど
ほとんどがもう亡くなられているが、いずれも懐かしい名前。
昭和の時代、人々に夢を与えたこれら歌手たちの楽曲が500曲ほど保存されている。
今回、全曲をチェックしながら(全部フル視聴したわけではない)、音楽と世相の関係について思いを馳せたり、
歌謡曲のすばらしさについて改めて感動。しかもレコードから録った音源はどこか古びた音で、なおノスタルジィを
誘う。
昭和を目で、耳で味わい、今の時代と比較しながら、あるべき姿を想像するのはとても意味あることだ。
またふらり、出かけてみたい。

カテゴリー: Essay (Word) | 懐メロを500曲チェック。 はコメントを受け付けていません。

昭和の広告を学ぶ。

やっぱり昭和生まれだからなのか、それとも、平成になってからの世の中の想定外の変化に
いろいろ思うところがあるせいか、自分が年を重ねてきたせいか・・わからないが、ともかく
「昭和」への郷愁が深まる一方だ。
そんななか、たまたま初回の東京オリンピック時に「パラリンピック」のポスター制作を
手がけられた高橋春人というクリエイターの展覧会を知り、九段の昭和館に足を運ぶ。
「へ?前のオリンピック時にパラリンピックという言葉があったんだ」このことも衝撃
であったが、この高橋春人という方が手掛けたポスター類に感心する。

公共広告を主に手掛けた人のようで、赤十字、募金活動、生活保護法・・・などなど
当時新しく始まった公共活動の啓蒙、普及についてわかりやすいコピーと伝わるデザイン
で数多くの作品を残している。これらが街角や役所などに掲示されていた昭和の時代を
創造し、数十年前のグラフィックが決して今も古くなく、新鮮に心に響いてくる。
広告・広報というコミュニケーション手法がまだ目新しかった時代、戦後の社会変化と
ともに、伝えるべきことが多かったはず。いかに伝えるかについて、気をてらうことなく
真面目に考え、ストレートに表現しているところがとても好感をもつ。
この展覧会は5月7日までの開催であるが、この九段下の昭和館は、いろんな意味で
懐かしき時代を味わえる、日本らしいミュージアムのひとつだ。
昭和時代のクリエイターたちのコミュニケーションスピリットを今一度、吸収
しておきたい。ああ、懐かしき、昭和よ、永遠に・・・。

カテゴリー: Essay (Word) | 昭和の広告を学ぶ。 はコメントを受け付けていません。

尊敬する二人の作家の背中を見て

遠藤周作は、生前もっとその活躍ぶりに触れてみたかった作家のひとりだ。
亡くなって久しいが、作品が古びない、これから生きる人々にも大きな
示唆を与え続けるであろう、普遍性をもつ文学者。
できれば、生涯のうちに、この作家の全作品を読み通してみたい。
できれば、長崎でそんなことができたら・・・と、
いつも長崎の文学館を訪ねるたびに、ひそかな夢を膨らませる。
そして、
今なお、現役で活動を続ける、五木寛之。
この作家は私が10代の頃、かもめのジョナサンが流行ったころに
知った作家だ。
翻訳家として、そして自らも小説やエッセイを多数発表され、
心揺さぶられるものも多く、もっとも好きな作家として尊敬して
きた。
見た目が、会社員時代の元上司にもちょっと似ているところも
あり、勝手に親近感を抱いていた。
活躍されながらも、仏教を勉強され、そして近年はその思想をもとに
生きることについてわかりやすいメッセージを私たちに与え続けて
いる。
80代後半になっても、こんなに素敵に活躍できるものか。
久しぶりにテレビでの寺院紹介の番組を見ながら、若さに感心、
いつまでもお元気に・・と心の中でつぶやいた。

作家という仕事は、販促されてメディアで騒がれて
有名になって・・ということではなく、
生きる人々、迷える人々に応援を送り続ける創造の仕事であり、
愛を伝える仕事だと、このお二人を見ていて、そう思う。

作家は、作品を通じて、命を越えて、人々に影響を与えることが
できる。
これ以上、崇高で素晴らしい仕事はない。

もっと読まねば、もっと学ばねば・・。
連休は自分の勉強不足を悔い、焦るひとときでもある。

カテゴリー: Essay (Word) | 尊敬する二人の作家の背中を見て はコメントを受け付けていません。

NY、パリ。そして、わが東京。

東京という町を最近、客観的にみつめるようにしている。
とくに人間の欲望という側面から見ると、いろんなことが見えてくるような
気がしている。

私が最初に、とてつもなく、わくわくした町は、25歳のときに訪ねたNY。
そのときの興奮は、実は今も変わらない。
なぜかあの町には、自分を内面の奥底からパワフルにしてくれる力がある。
世界中からアメリカンドリームを求めやってじた移民たちのがんばりが
私を鼓舞し続けてきた。
住むことは叶わなかったが、何十回も訪問でき、そのおかげで今日の自分も
成り立っていると思っている。
パリもその後、自分を自立に導いた美しき国際都市で、心の観覧車を発想できたのは
この町のおかげだ。
自由とエスプリを感じ、なんといってもセンスが良い。
そう、NYもパリもおしゃれで、感性を磨くには最適な街。
定期的に街歩きをしながら、ミュージアムで、ブティックで、カフェであれこれと
思いを巡らしながら、日々の創造に生かすには最適だ。

そして、我が東京。
こちらもなかなか、パリやNYに負けないほどの、国際情報文化都市だ。
人が集まってくる理由がある。
「なんでもある!」「新しいモノを生みだし続けている」
そして、その反面、伝統も大切にしている。
こんなに多くのモノ、人、情報があふれるから、・・・結果的にこの喧騒。

連休は少し静かになり、東京がいつも以上に良い町に見えたりもする。

これで十分すぎるので、これ以上の仕掛けはもういいという感じ。
恐らくオリンピックに向け、その動きはしばらくは止まらないだろう。

今、東京の良さを客観的にみつめるようにしている。
そして、冷静に良き第二のふるさとにしたいと思っている。

カテゴリー: Essay (Word) | NY、パリ。そして、わが東京。 はコメントを受け付けていません。

喧嘩するほど?

世の中に、夫婦喧嘩をしない夫婦はいるのだろうか?
時折、うちは喧嘩なんかしたことがないという話をきくことが
あるが本当だろうか。と思ってしまう。
私は子供の頃から、両親がよく喧嘩し、していたかと
思うとケロッとして、別の話題で相づちをうっている場面や
喧嘩をして、母が怒ったまま、出勤する父を見送りも
しなかった、それでも会社から帰ってくるまでに夕食の
準備をぶつぶつ言いながらやっていた、そんな母の様子を
何度も見てきたせいか、
人間とは、一緒に生活をすると喧嘩をするのが
ふつうで自然かと思っていた。

そして、今は自分もそれを受け継いでいる。
口喧嘩は日常茶飯事だ。
相手がわかってくれているはずなのにそうではない
ということに立腹するのか、よくわからないが
とにかく夫婦喧嘩とは妥協のない、むき出しの
コミュニケーションかもしれない。
ひと昔前、男尊女卑の時代であれば、男に女が
立てつくことは許されなかったであろうから、
喧嘩という状態もなかった、その代わり女性が
我慢を重ねていたのかもしれないが、
きっと女性にとっては窮屈で大変な時代だっただろう。
二言目には、誰が食べさせているとか、誰のおかげで
とか言われてしまう時代だった。

今はまさに、対等だ。自由で言いたい放題だ。
とにかく、よく喧嘩をする。日課のごとくに。
でも、しばらくすると何もなかったように
笑って話し始めている。
でも、再び火がつくと収まらない。

わかってほしい、というわがままが遠慮なく
言動に出るのかもしれない。

喧嘩はしてもよい。が、さすがに疲れるので
もっと上質コミュニケーションが良いと最近思う。

それはいつもニコニコ、いつも聞き役でいること。
そして適当に聞き流すこと。
ついつい、真剣勝負に挑んでしまう私は
お子様の領域を出ていない。
連休はかなり、疲れる。
ま、喧嘩する相手がいることに感謝すると
しよう。
一人では、元気でなければそれもできないのだから。

カテゴリー: Essay (Word) | 喧嘩するほど? はコメントを受け付けていません。