声をあげる覚悟と応援と・・

再び、緊急事態宣言が発出された。東京から、東京への出張は見合わせ、
そしてリモートで打ち合わせ。これができる仕事はまだ救われる。
なんども、そしてどんどん営業時間を短縮していかねばならない飲食店
の皆さまや、観光関係の皆さまは、ほんとうにお気の毒でならない。
仲間のお店も心配でならない。行って売り上げに貢献できないことが心痛い。

ある報道番組で、この宣言下でも、午後8時以降も営業を続けると決断されて
いる店主の方のインタビューを見て、釘付けになった。
東京の一等地で店を営むには、毎月高い家賃がかかり、またある程度の規模のお店であると、従業員の数も多く、人件費も莫大だ。その家族の生活もかかっている経営者となれば、営業を続けなければならない。とのこと。
もし、時短営業をしない店として店名が公開されても構わない、もし罰金を科せられたら、裁判で戦う。
語気を強め、涙目で怒りを込めて語っておられた店主の声を聴いて、胸がつぶれそうになった。
先が見えないことに対して、行き当たりばったりの対策についての、心からの叫びである。
店主の方が、どんな思いで、インタビューに応じたか。覚悟をもっておられるのだと思う。
現場を見て、声をきいて、どうすればみんなが安心して協力できるのか・・。そのことをしなければならない役割の人たちは、現場を理解しているのだろうか。

夜の会食だけが、感染源ではない。
夜のお酒を提供するお店はもちろん感染しやすいが、
町の喫茶店で大きな声で長時間数人でしゃべり続けている高齢者も同じこと。
そこには目を向けられているのだろうか。また飲食店はその店だけで成り立って
いるわけではない。その店に出入りするさまざまな業者さんもいてのお店である。この関係者も含めたら、どれだけの人々が悲鳴をあげておられることか。

また、都会と地方での営業自粛、時短要請の痛手は、かかるコストが違う分、
大きな差があるということを、もっとよく考えて、対策を講じていかなければ
ならない。
こんな矛盾だらけの穴だらけの対策に対し、怒りやあきらめが生まれ、そして
全体的に、1年前の緊張感と変わってきてしまったのは、
人々の中に、「どうせ・・」
という気持ちがあるのだろう。悪い意味で、コロナに慣れてしまったのだろう。
デパートなど人の多いお店に入るときに、手の消毒をする人は一年前に比べたら減っている。
密になっている場所も多く、かろうじてマスクだけは着用している・・という
状況に見受けられる。

上述のインタビューに応えておられた歌舞伎町のその居酒屋。
焼き鳥で有名なお店だそうだ。
勇気をもって声をあげられた。
自分のことは誰も守ってくれない。
自分は社員、その家族の生活を担っていかねばならない。
その責任感と、背負うリスクの重さ・・・。
この覚悟・・・。どんな気持ちでおられるか・・・。

この行動を心の中で応援するとともに、しかし、でも・・という
気持ちが交雑する。
「みんなで今は!」
という気持ちになれなくなってしまっている日本・・・。
コロナとともに、体たらくな政治のせいで、日本の国はこの一年の間にも
じわじわと変質してきているようにも感じる。
信頼しない、信じない、というウイルスの蔓延?これではいけない。

今回の宣言で、コロナでではなく、経済で命をなくす人がいないように。
自分ができることは、まずしていく・・それしかない。

カテゴリー: Essay (Word) | 声をあげる覚悟と応援と・・ はコメントを受け付けていません

霧が晴れる日への切望。

コロナ禍のなかの、動乱。
この1年間での世界の大きな動きは、このウイルスの台頭がその要因のひとつでもあったかもしれない。
コロナがなかったら、世の中はこれほど変わらなかったはずだと思うと
その功罪について改めて思うことは多い。
そして、その余波はまだまだ続く、霧は晴れないまま、マスク暮らしは続く。

しかし、とにかく、アメリカの大統領選は終わった。信じられない議会の占拠という歴史的汚点を残しつつ、とにかく世界の大国はひとつの時代を終え、そして次へのバトンタッチ。

内心、ほっとしている。
そのリーダーはキャラクター的には、またスピーチ力では魅力的な一面もあったかもしれないが、またビジネスマンとしての才能はそれは凄いのだろう、押し切ってしまう力があるからこそ、ここまで国のカタチを変形することもできたのだろう。
しかし、分断は良くない。嘘も良くない。自分ファーストも良くない。
ずっと四年間思ってきたし、その悪しき影響が自分の国にも影響が出ないかと
どきどきはらはらしてきた。

民主主義が揺れ動き続けたこの4年。
そして今は、アメリカに限らず
香港のことも本当に心配だ。

大国の綱引きはますます目が離せないどころか、どう日本が巻き込まれていくのかも気になるが、なんとか平和に、人々が自分が思うことを、考えることを自由に発信でき、違いがあっても受容し合える世のなかになってほしい。

不当な逮捕、殺戮、憎しみ合い、貧困・・・。まだ日本には顕在化してきていないかもしれないが、他人事ではない。
コロナがきっかけとなるのかどうかわからないが、
真の民主主義が、そんな言葉を必要とせず、空気のような存在である社会に
戻ること、さらに浸透することを心から願っている。

緊急事態宣言の下、まだまだ霧は晴れない。
早くマスクをとって、新鮮な空気を心配なく吸うことができ、
自由に語り合える・・そんな世のなかを切望したい。

アメリカが好きな国に戻るか?ニューヨークに活気が今再び。
わかりあえる世のなかになるように。
心から祈り、自分が今ここでできることをやるのみ。
霧は必ず、晴れると信じている。


カテゴリー: Essay (Word) | 霧が晴れる日への切望。 はコメントを受け付けていません

決めたどおり・・以外もあり

コロナの感染拡大は、とどまるところを知らず、仕事に、暮らしに・・と
振り回される今日。
このコロナ生活に慣れてしまって、緊張感を失い、ハレの日気分を楽しみ始めたあたりからさらに感染力は増大、さらに変異種の登場で、感染は広がり続けている。
目に見えない敵を甘く見てはいけないということだろう。

コロナ前であれば、
ビジネスでも何でも、決めたことは計画どおりやる!
が基本の「キ」であったが、
このコロナのおかげで、予定変更、計画見直しが度重なる。
せっかく考えた企画も、実現できないで終わっていく、
いつまで延期かわからないけど、今は様子見・・・。

そんなわけに、みんなでさあ元気に挑戦!
という空気になりづらいのが、このコロナ禍の特徴かもしれない。
でも、今すぐ行動できなくても、少し時間をおいたらできるかもしれな
いので、できるはずなので、それを願って
いろんなケースで用意しておくのが良いと思う。

こんな場合は、あんな場合は、もしかしたら??

という具合に。

いろんな道を考えていけば、どれかを選んで進むことができる。

決めたどおりに行かなくても嘆いたり、攻めたりせず。
コロナのせい・・といいつつ、着々と代案を用意し続けよう。

その準備が躊躇なくできる人が、企業が、コロナにうち勝てるのかも。

カテゴリー: Essay (Word) | 決めたどおり・・以外もあり はコメントを受け付けていません

あと24年。

日々、老いた母との格闘?が続いているが、ふと
24年後、自分も親と同じ年齢になるのだということに気づき、愕然とする。
世のなかの多くのお年寄りを見て、日々関わりながら、
「年をとるとは、大変だ」と
他人事のように考えながら、時間に追われて日々処理をしている自分。

「もう、若くないので、あんたみたいに、わしは動けないんだわ~」
「そんなに早く早くと言わんといてくれ~。パニックになるわ~」
との叫びにも、年寄りだから仕方ないじゃん。ぐらいの気持ちで軽く
聞き流し、その代わり、手を差し伸べたらいいと思っている今日。

しかし、よく考えてみれば、24年すれば、自分は81歳。
どうする?
手をさしのべてもらわないと生きられなくなる?
今は、想像もしたくない。
でも、親がその一例を、姿を見せているのだ。
そう思うと、ただ事ではない。

昨年末、40年ぶりに再会した同級生が、
「私たちが動けるのも、あと25年だよね。」と言った言葉も
鮮明に残っている。

これまで生きた道のりの三分の1は、まだ進まねばならない。
しかも老いながら・・。
何もせずに、ぼーっと老いるのは、社会に迷惑がかかる。
生きていくならば、覚悟をもって、これから老後の自立を
見据えていかねば・・。

まずは、頭がしっかり動くように。仕事と勉強とピアノは必須だ。
そして、カラダがしっかり動くように。日々動くこと、運動。
自分が尊敬する人を求めて、そこに向かっていく姿勢も必要だ。

意識しなければ、いい人生の締めができない。
世にあふれる、人生の先輩たちを見ながら、
今なら間に合う!

とギアを入れる。
「年だから。」
そんなこと言ってる場合ではない。
年を言い訳にしても、誰も助けてくれない社会になるかもしれない。
自力で生きる。少しでもそれが持続するように・・・。
24年、25年。先の自分を見て 毎日をみつめていこう。

カテゴリー: Essay (Word) | あと24年。 はコメントを受け付けていません

厳しい時代の仕事はじめにエール!

規模の大小、業種を問わず、数多の経営者にお会いしてきた。
まあ、社長の仕事は大変だ。年末年始といっても、頭が休まることは、ほとんどないだろう。ここは、社長さんと社員の大きな違いのひとつだ。
日々の業務も大変であるが、とくに年末になると、今年の総括と、来年に向けて目標を、方針をどうするか・・・。数字の着地ももちろんのこと。
とくに中小企業ではまさしく、社長が全部考え、きりもりせねばならぬ。
「わが社」という一艘の船をどう舵取りしていこうかと思案されるが、一人で考え、整理するのは大変なことだ。時々、これでいいのか?と不安にもなる。
自分が進めようとする道、そしてそれについて社員への伝達。
何しろ社員には、自分の意図どおりに動いてもらわねばならない。
伝わり方ひとつで、メッセージの入り方ひとつでやる気も変わってくる。
多くの会社では、年頭には社長のあいさつがあるが、1年のはじめの決意表明は発する方にも、受けとめる方にも重いものがある。双方にとって、緊張の瞬間でもある。

実はこのところ、通年はもちろん、年末年始もこういった類のサポートが増えている。
社長が考える段階からアドバイスをしたり、考えたあとの原稿の添削、プレゼン資料の確認、リハーサル・・・昨日もオンラインでリハーサルをして、ダメ出しをしていたところ。
年末から年始、とくに3日あたりから、社長さんたちからのメールがはじまる。
そして、5日仕事はじめの方が多いのか、4日はその事前準備に追われる。
会社が始まる前に、きちんと準備をする。
社長のメッセージは大切だ。
今回もいろんなチェックをしたり、アイデアをお伝えしたりさせていただいたが社長たちは思いをもって、自分の言葉としてしっかり語られることだろう。
私は黒子として、当日はエールをおくるのみ。
私にできるのは、あくまでも相手目線。
今回の場合は、社員にどう響くか、伝わるかという点での目線でのサポートだ。

良い仕事始めになりますように。
どの企業におかれても、社内が一体となって、いいスタートが切れるように
心から願っている。

苦しいときほど、社長はゆとりをもって!元気に組織を率いてほしい。

カテゴリー: Essay (Word) | 厳しい時代の仕事はじめにエール! はコメントを受け付けていません

年の初めに、さりげないお守りを

昨年のコロナ感染拡大により、日本国内、各地でアマビエ神話の再発見、そしてそのアレンジと信仰が広がっているようだ。今年の年賀状にも、それをモチーフにされているものもある。
その絵を見て、手を合わせることで安心感があるのだろう。
日本人にはもともと「お守り」への愛着、信仰心がある。各神社にいけば、さまざまな願いに対するお守りが、種類豊富に用意されている。
キリスト教や他の宗教(イスラムでのそれは不勉強で存じ上げないが)では
日本のようなお守りというスタイルはないのでは?キリスト教では、しいていうならば十字架や「メダイ」がそうなのかもしれない。
ちなみに英語ではamuletと呼ぶそうで、魔除けといった意味もあり、
遡れば古代エジプトの時代にも存在していたのかもしれないが、日本のお守りは
独特の文化を有していると思われる。

昨年末の京都出張時に、たまたま近くまで通ったため、八坂神社に寄って、小さいお守りを求め、母に渡した。好きな色と自分の干支なら喜ぶだろう。早速、ガラケーにこんな風に付けてある。父の杖には確か、孫からもらったお守りがついていた。
これからの受験シーズンには入学祈願のお守りをいただく受験生も多いだろう。車に乗る人には安全祈願・・・。それぞれの願いに合わせて、お守りがある。
さて、そのお守り。
お守りには、神社でいただくもの以外に手作りのものもあってよいと思う。
千羽鶴などはまさにお守りであろう。もっとカンタンにできるものは、家族向けの年賀状もお守りになる。
ちょっとしたメッセージを添えて。1年鞄の中に入れておいたら?とすすめてみる。今年は香りのするハガキをつくったため、この1枚も立派なお守りになる。
年のはじまりだから、いろんなことがありがたい。
大げさでなく、さりげなく。
いつも思っているよ。ということが、最高のお守りになる。

カテゴリー: Essay (Word) | 年の初めに、さりげないお守りを はコメントを受け付けていません

「この仕事が好きです!」

年末年始、日ごろお世話になっている方たちからのメッセージを
いただく。
その中で背筋が伸びる、大変印象的なものがあった。
「こちらこそ、旧年中は、お気遣いありがとうございました。この仕事では新しい出会いがある。だから、私はこの仕事が好きです!!今年も宜しくお願いいたします。」
スマホから笑顔が飛び出してきそうな言葉。そのご本人の元気な声が聞こえてくるようだ。
新しい出会いが広がった福祉・医療業界で働く方たち。施設の管理者から在宅介護から、さまざまな業態、サービス内容はあるけれど、医師、看護士、薬剤師、ケアマネージャー、栄養士、ヘルパー・・・。とそれぞれ役割があるけれど、今親たちの毎日を支えてくださっている方々。皆さん、ご自身の仕事に対して誠実で、そして熱心だ。
とくに女性の皆さんは、元気で、笑顔も素敵で、心から仕事を好き!という方が多いのが伝わる。

たまたまいいご縁ばかりいただいているのかもしれないが、ほんとうにその仕事への向かい方には、こちらも共感することが多い。
やらされているというだけではこの仕事は続かない。

私自身、この世界の皆さまとの出会いで、自分の人生を改めて考え、親への関わりについて、考えるきっかけをいただいた。

この仕事が好きです!と明るく言える方との出会いはうれしい。
私も、この仕事が好きだ。だからやれる。
自分でやる。
自分でつくる。
新年、改めて自分の仕事を俯瞰してみてみよう。
細かな苦労はあったとしても、それでも続けていけるのは、その仕事が好きだから。やりがいを感じられるから・・。

改めて、私はこの仕事が好きです!
胸を張っていえる、仕事をして楽しい1年にしたい。
さあ、1年はもう始まっている!


カテゴリー: Essay (Word) | 「この仕事が好きです!」 はコメントを受け付けていません

読むお年玉。ぬくもりの言葉に、心あたたまり・・・。

年賀状。必ず元旦に届く。
郵便局は本当に凄いと毎年思うが、日本だけのこの新年の慣習は
ずっと続いている。どうやらこのルーツは平安時代だそうであるが
形を変えても、現在に息づいている、これこそまさに日本独自の
コミュニケーション文化のひとつ。
ネット社会で、年賀状はすたれるとの報もあったが、
このコロナ禍ではまた復活との情報もあり、
どちらにせよ、なくなることはまだないだろう。
なくならないことを期待している。

かくいう私は毎年、年末ではなく
この正月時間のなかで、この年賀状を書くことにしている。
これも毎年の儀式というか、わがままな習慣だ。

年末バタバタしてしまい、そういう気持ちも整わないため、
新年の静かなうちに、と思っている。
そして、手書きが良いと思っているため、ずっと宛名シールも利用していない。
毎年この時期は、親指のあかぎれが痛く、ペンをもつ手はつらいけれど、
それでも、
宛先の住所もイメージしながら、書くのが好きだ。

と、一歩遅れの私の年賀状奉行にもかかわらず、
皆さま、きちんと元旦に届くように出してくださる。
頭が下がる思いだ。
この一年、仕事で何度もお会いした方から、
まったく何年もお会いできていない方から、
北海道の同級生から、長崎の最果ての地に住むシスターから、
各地から届く、この1枚1枚にその人の顔やその地の情景も浮かぶ。
70を越えて、パソコンをはじめて年賀状に挑戦された方の作品も
まじっており、ほのぼのした気持ちにもなる。
そして、その人なりのさまざまなメッセージが心に響く。
会っていないがこのブログを読んで、元気をもらってくださっているとか
ぜひ会いたいと言ってくださる方や・・・、
コロナで仕事は大丈夫かと心配の声や・・・。
どこかで見守られていることが、とてもうれしくなる。
この新年に、あたたかい言葉をいただくのは、お年玉のようにうれしい。

さて、今日はお返事を早く出さねば。
今年用意した年賀状は、ちょっととっておきだ。
1年かけて使おうと思っているスペシャルカード。

http://www.mahsa.jp/profile/nenga/nenga21.html

そして、親に届いた年賀状も見ながら、返事もままならぬ両親を
長年見守ってくださる方がいることにも感動する。
今年からこちらの返信は代筆しよう。と決める。

大切な1枚に込められた、皆さまの心を大切にいただいて
しっかり1年を前に進めようと思う。
ありがたい2021年。いい年になりそうだ。
さあ、365分の2がはじまった。

皆さま、ほんとうにありがとうございます。

カテゴリー: Essay (Word) | 読むお年玉。ぬくもりの言葉に、心あたたまり・・・。 はコメントを受け付けていません

公式サイトに新年メッセージを

明けましておめでとうございます。

2021年の新年メッセージ公開、含め公式サイトを更新しております。
新年メッセージはプロローグをごらんください。

Le Grande Roue Contents (mahsa.jp)

今年も、ブログは毎日更新、公式サイトは随時更新いたします。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

カテゴリー: Info | 公式サイトに新年メッセージを はコメントを受け付けていません

足音&足跡を残す人生に向けて

新年あけましておめでとうございます。
例年にない、静けさを求められる元旦となりました。
コロナをおさえるために、雪が降ったのでしょうか?
どこへも行くなと。じっとしていろ・・・と。
天の声なのかとも思います。
さまざまな現象をしっかり見極め、
生きる1年にしたいと改めて思います。
じっとしていても、少々の苦難があっても、いつも心にブーケを
抱いて、笑顔で乗り切ろうと思います。

年末に、中村哲さんの生き様を映像や文章で触れ、あんなふうに生きてみたいと
涙しながら、心からそう思いました。
まさか用水をつくったり、今から人の命を救うことはできないけれど、
私なりに、人の役に立つことを、もっともっと真剣にやりたい。
その人は遠くの人でなくてもいい。身近な人、出会いのある人、ご縁の人・・・。
60歳の自分がそんな風に生きていけるように、
今から道をつくるとしよう・・と決心する元旦の朝です。

行動の意志を伝える足音、こんな道を歩いたということを遺す足跡。
そろそろ、わが人生も、そんなことを意識していく段階になったように感じます。
2021年の自分のターゲットは、2024年60歳の自分。
ここにむかって、なりたい素敵な自分づくりの準備をはじめようと思います。

どうせ、長く生きてしまう人生ならば、そんな生き方をしていくのが良さそうです。そしてもちろん、眼の前のことも、同時進行です。
親をはじめ、愛する、大切な人や企業にしっかりと寄り添って
自分ができることを、とことんやりつくす。そうしようと強く思います。
生きるとは使命への責任を果たすことに尽きると思えるからです。

いつ果てる人生かもしれないですが、
その瞬間までは、しっかり世界をみつめ、前に歩み続ける。
中村哲さんのような愛と優しさと、強さとチャレンジ精神をもって
生きたいと思います。

皆さまにおかれまして、素敵なメッセージになりますように。

今年1年、どうぞよろしくお願い申し上げます。
そして、早く世の病が 回復しますように。

              

カテゴリー: Essay (Word) | 足音&足跡を残す人生に向けて はコメントを受け付けていません