初めての街での公演に

朗読劇「真夏の雪」。おかげさまで東京公演についてのご好評をいただき、ほっと一息。
と思ったら、次の会場での公演が本日より始まる。
長野の上田という町での公演だ。
出演する役者さんが長野県出身ということでの、ふるさと公演的な意味合いもあるが、私にとっては見知らぬ街で、緊張感もある。
お城があって、桜も咲いて、さぞかし美しい、きれいな街なんだろうな。

そして、地元出身の役者さんの活躍を観に、地元の人が多く来られるんだどうな。
私にとって初めての街、未知の町。これは出会いの町でもある。
日本中、世界中、生きている間にすべての町に行けるわけではない。
選ばれた、ご縁ある町のひとつが、この上田なのだと思う。
まずは、年賀状などを見直しながら、長野県在住の知り合いなどにお手紙と案内を出してみたりする・・。そんな交流もいいきっかけだ。

朗読劇後のミニライブも行う予定。
今度は、ふるさとの歌を信州バージョンで歌ってみようか。
どこにいても、どんな人もふるさとにいる思いは同じ、だから見知らぬ土地でもそれは響くことと信じている。

名古屋から3時間半以上かけて、電車を乗り継ぎ出かけていく。

楽しみなのは、駅についたときの町の空気。

どんな匂いがするだろう・・。

「真夏の雪」上田公演 こちらです。

https://blets.jimdo.com/

カテゴリー: Essay (Word) | 初めての街での公演に はコメントを受け付けていません。

可能性を広げる挑戦の切り口。

自分には何ができるだろう。自分は何がしたいだろう。
いくつになっても、自分の枠を、世界を広げる努力や挑戦は素晴らしいことと
思っている。
私にとって、仕事とは売り上げを創る、儲けることだけでなく、
それ以上に、自分の存在意義を高め、世の中に少しでもいい影響が与えられるように取り組むこと。それが仕事だと思う。だからタイムカードもないし、残業という考え方もないし、自分が納得するまで、限界を感じるまでトライしなければと思っている。だから、生きていること自体が仕事だと思いながら、生きている。だから、私にとっての仕事は労働ではなく、活動であり、挑戦であり、研鑽、創造・・・。

最近、自分ができることを生かし、もっと発展、応用できることはないかと思うようになった。そこで思うのは、まずはコミュニケーションクリエイターの枠、領域をもっと広げる、深堀するということ。
まずは、弾けることを活かす。鍵盤楽器での可能性の模索だ。
鍵盤であれば、鍵盤である限り、たぶん自分で表現することができるはず。
今年はまず、このテーマを深耕する。
さらに、楽しいコミュニケーションの表現。感動をGIVEできる力を鍛える。
泣き笑いをみなさんにお届けできるスキルを身に付ける。
そういう意味では、上方演芸も、今取り組んでいる朗読劇も、演奏活動もすべて挑戦のための良き教材だ。

どうせ生きるなら、いい仕事を。大きさではなく、深さと温かさを。

人生での禁句は、「もう、年だから・・」とあきらめること。
可能性を模索し続ける以上、人は老化しない。
まだまだノビシロがあると思っている、大変幸せな人生を今、生きさせて
いただいている。


カテゴリー: Essay (Word) | 可能性を広げる挑戦の切り口。 はコメントを受け付けていません。

リーダーにとって、何より一番大切なこと

先日、面談の機会をいただいた、とある経営者。半世紀にわたり、組織を作り、育て、率いてこられている。その年輪は、その風格、表情に現れている。一目見て、この人は・・・と思わせる緊張感、それがオーラなのだろう。
その方との面談の機会をいただく。恐れ多く、厚かましいが、念願の時間を与えていただいた。
通された応接室で、緊張しながら待つ。そして、ドアが開き、ご本人が
おいでになる。挨拶をして、座って向かい合う。
はじまる会話のなかで、なんとも話しやすい、気さくな印象を受け、こちらも自然体でいられる。15分ほどお話しし、慣れてきた頃に、
「本当に、気さくな方で安心いたしました。やっぱ、お人柄なんですね」と
緊張が緩み、そんな一言が出てしまう。
すると、意外にもそこに反応された。
「そうなんですわ。経営者は、人の上に立つ人というのは、知力も体力ももちろん必要だけれど、人柄がよくないと絶対にあかん。何よりも、人柄ですよ。」
おそらくお話しした30分のなかで、もっとも力がこもっていた会話がここであった。

人柄・・。
前にも別の経営者の方から、同じことを聞いたことがあった。
人柄。これが人として一番大切である。
それは人に信頼されること、人に慕ってもらえること、人がついてきてくれること。
そうしたいと思ってもらえるには、やはり良き人柄が必須条件となる。

幸いにして、私が尊敬する、そして長くおつきあいいただいている経営者の方のほとんどが、まず人柄が魅力的。社内からも、社外からも愛される・・・そんな人物でないと、リーダーにはなれないのだ。
もちろん、リーダーでなくても、人として生きるには、人柄を磨いていくことが大切だ。

カテゴリー: Essay (Word) | リーダーにとって、何より一番大切なこと はコメントを受け付けていません。

「またね!」ハイタッチの消えない記憶

お子様向けのイベントを約1年間、担当した。まもなく4月末で一区切り、
第一ステップが終了ということになる。
思い起こせば、小学生以下のお子様と親御さんに向け、毎月お誕生会と体験イベントを企画、実施した。
お誕生会では歌やクイズや一緒に楽しめるコンテンツを時には自主企画、ゲストを呼ぶときには、MCと盛り上げ役に徹した。
体験企画は、流しそうめん、航空宇宙博物館での水ロケット体験、お月見ダンゴトッピング、博物館で化石の取り出し、クリスマスブーツづくり、ビンゴ大会、
方言かるた大会、ボーリング場ツアー体験、イースターエッググッズづくり・・などなど・・そんなことを毎月企画し、実施してきた。
地域密着の商業施設の主催であり、地元のお子様たちが集う場所。告知で楽しい企画をみつければ、雨がすぐれなければ、いろんな理由でそこに集まってくれる。会場での当日の呼び込みももちろん、動員には有効だ。
1年間の自分のやってきたことを振り返る。よく何とか、かんとかこなしてきた。
おとなは我慢できるが、子どもにはその二文字はない。いかにお子さんにすっと喜んでもらえる、飽きられないよう工夫するか。またどこまで親しくなれるか。

最初は正直、とまどいもあったけれど、お客様はよく見ておられる。
「マーサさん!」と声をかけてくださるお母さんや、何組かのお子様は会えば手を振って「こんにちは」、イベント終わって帰るときは「まーたね」といって子どもたちとハイタッチをして別れる。
にこにこして、なんとかわいらしいお子さんたち。
1年前、こんな風に子どもたちと仲良くできるとは想像していなかった。

今回も、「またね。またきてね」を、声をかけつつ、もう会えないかも・・。
でも、またどっかで出会える。そして、大きくなった子たちとどっかでばったり
ということもあるのでは・・。

最初、こわごわだった自分が、いつの間にか、お子様向け仕事が大好きになっている。なんだかのめり込んでやっていたな~。今となっては笑えるアクシデントもあれこれあれど、春だ。子どもたちの成長を祈りつつ、本ステージをいったん卒業。

感慨深い、仕事であった。子どもたちの笑顔、真剣な顔・・・このことはずっと忘れない。私の経験のありがたき1ページとして・・。

カテゴリー: Essay (Word) | 「またね!」ハイタッチの消えない記憶 はコメントを受け付けていません。

寄り添いの難しさ。

最近、よく「寄り添い」いう言葉を耳にするし、自分も時々そう言っている・・・。

相手の立場に立つことは本当に大切であるし、コミュニケーションの面でも相互理解のために欠かせないが、実際その寄り添い方、密着度は難しいし、どこまでそれが出来るか、求められるかも考えさせられる。

そこまで寄り添ってくれなくていいよ、もっとこっちのこと考えてよ。
と思われてしまうこともあるだろう、
その寄り添い加減は、人それぞれ思いも人に対する距離感も違うので、
本当に「寄り添う」ことは簡単ではない。

また、あまり言葉で言いすぎるのも、ちょっといやらしいというか、自己満足、ときには自己中心的な感じになることもあるかもしれない。

ただ、どんなときも、まずは聞く耳を持つ。このことだけでも、もしかしたら十分、寄り添うことになるのかもしれない。

また、困っている人がいたら、仲間が困っていたら、声をかける。
あなたのこと気にかけているよ、応援しているよ・・と
自然に見守り、応援する姿勢こそが寄り添いなのかもしれない。
寄り添うということは、思いやりなのだろう。

仕事でも、暮らしでもこのキーワードはこれからますます重要になる。
人として、ちゃんと寄り添う価値のある人間にならねば。



カテゴリー: Essay (Word) | 寄り添いの難しさ。 はコメントを受け付けていません。

心と志。

心はとても大切な存在だ。
人として生きる以上、体と心は一体であり、この「いのち」を生きるには
心身ともに健康である方が良い。と言われるが実際にそうだと思うし、
そうありたいが、現実にはカラダもココロも病むことも、
傷付くこともある。
五体満足は本当にありがたいが、心も豊かであると、
より幸せに生きられる。
健康なのに、心が貧しいとせっかくの人生の楽しみが半減するかもしれない。

心豊かに生きるためには、いろんな経験をし、
いろんな人と出会い、さまざまな交流をすること。
傷つくことも、豊かな心になるために重要な経験。
こんなに長く生きても、まだまだなかなかのわが身、
優しく広く、強い心の持ち主になれたら、どんなにいいかといつも思う。


そして、生きるときには、志をもってのぞみたい。
この「志」という言葉はなかなか奥行きがある。
これをしよう、こうなろう。ああなろう。
と決めたら、それに向かって集中して、前に進む。
という意味もある一方、
人への思い、配慮についても「志」という言葉を使う。

志のある人間として、行動するには、日頃からの心の研鑽が求められる。

春だ。新しい行動、挑戦をするには最適。

どうせやるなら、志高く、そして楽しみながら、トライしてみたい。
この「志」は、言葉の意味を伝えることはたやすいが、
志を身をもって伝えることは、
自分自身が志をもつこと以上にとても難しくもある。
人から言われてできることではない、
まさに自らの意志がその人を動かすのだ。

深く、広い心をもって、強い志で、
いい人生を創れたら・・。そうなるように。




カテゴリー: Essay (Word) | 心と志。 はコメントを受け付けていません。

無駄になる経験はひとつもなし

高校時代に教えていただいたピアノの先生との再会。この35年のブランクは、実はとても意味があって、先生がその間にやってこられたことを教えてくださることが、私に大きな刺激になる。
音楽の世界でずっと生きてこられている先生と、そこを外れた自分。それが長い月日を経て、再び音楽の世界で再会・・。

今回、そのなかでも先生の話題のおかげで、私の向学心、チャレンジ意欲が瞬時に芽生えたのが、パイプオルガンへの挑戦だ。

「実は、パイプオルガンもはじめたのよ~」
この言葉に異常に反応した。教会によく行き、そこで演奏させていただく機会もありつつも、パイプオルガンはまた別の世界、特殊な世界と思っていた。
また、キリスト教徒でないと無縁なのだとも思いこんでいたが、先生の情報によるとそうではないようだ。
 しかも、わがふるさと岐阜県には、高名なオルガン創作者が活動され、その方の作品が今、白川という町に、開かれたオルガンとして、保存されていることを知った。
「あ、これは行かねば、やらねば」
パイプオルガンの音色は本当に好きだ。そして、足もエレクトーンを少女時代に激しくやってきたので、今も多分動かせる。
そんなこんなで、まずは見に行こう!

電車を乗り継ぎ、岐阜県の真ん中あたりにある、山間の渓谷が美しい白川町に向かう。事前に電話し、アポをとって楽器のある町民会館を訪問。

そして、ラッキーにも楽器を見せていただくだけでなく、試し弾きもさせていただいた。まだストッパー操作はわからないが、手探りでなんとか音を出し、バッハ風のメロディや自作の曲を即興で奏でてみる。

いやー、いい音、すごい、弾けるやん。

もう感動。まさに天にも昇る気持ちだ。

ということで、今年から初めている挑戦テーマのひとつは、鍵盤楽器をもっと究め、活動の幅を広げることであるが、そのひとつとして、パイプオルガンにも取り組むことにする。夏に講座などもあるようで、学びはこれから。
憧れのパイプオルガン。ぜひこの楽器に合った曲も作り始めよう。
再会した先生のおかげで、自分の音楽家魂が芽生え、育つ。ありがたい。
これで、少女時代のエレクトーン経験も、フルに生かせる。

幼き日にやっていたことが、大人になっても活かせる驚きと、やってきたことで無駄になることはひとつもなく、やる気になれば、活かす気になればいつでも何でもできるということを今回改めて強く思う。
40年前、エレクトーンに没頭していたのはコンクールで受賞するためではなく、いつかパイプオルガンを弾くためだったのかも・・・・。


カテゴリー: Essay (Word) | 無駄になる経験はひとつもなし はコメントを受け付けていません。

偉大なるマグロ、シアワセなマグロ

先日お会いした、経営者の方との会話。もう90歳を越えておられるが、本当にお元気で、しゃきしゃき、頭も明快。
「よく疲れないですかと聞かれるですが、『疲れない』というんです。ですよ。
つねに、前しか向いていない。ひとつ終わったら忘れる。それですよ。前を向いていれば疲れない。」
そうか、大物は小さなことをくよくよしたりしないのだ。
「よく、『回遊魚』といわれますよ。くるくるいつも泳いでいる。動きを止めたら死んでしまうんです。わはは」
この話をききながら、なんだかうれしくなってくる。
「私も、時々マグロみたいと言われます。休んだら死ぬと・・」
「あはは、そうそうマグロマグロ・・・」

まあ、疲れを知らず働き続けるという点では、共通点はあり。でも、その仕事のレベルや影響力は雲泥の差であり、偉大なるマグロ様には、一生足元には及ばないが、こういう生き方をしていることは、間違いではないことが確認でき、新たな意欲がわいてくる。
後ろを振り返らず、前に前に。くるくると。
生涯そんなことができれば、最高だ。そうだ、シアワセなマグロを目指すとしよう。

カテゴリー: Essay (Word) | 偉大なるマグロ、シアワセなマグロ はコメントを受け付けていません。

マイウェイをひたすら・・

この20余年、いや思い起こせば若かりし日を遡っても、誰かが歩いた道をそのまま歩き続けるということは苦手だったような気がする。誰か先人が歩いてきた道もしばらく行くと、ここじゃないかも、と開拓されていない雑木林に足を踏み入れたり、みんなが通る舗装された道が歩きづらくて、脇道を探してみたくなったり・・・そんなわが人生。

「マイウェイ」という歌がある。フランクシナトラが歌い、世界中でヒットした。おそらく多くの人は、自分は自分の道を歩みたいという夢を持っている。でも、なかなか思い切れないのが現実。だから歌が売れる。あの歌を聞くと夢と希望で胸膨らむ。この季節にふさわしい歌かもしれない。

最近、改めて、人生の道はあるものではなく、つくるものだとつくづく思う。

もちろんどこに行きたいかの目的地がなければ、道も作りようがない。

まずはどこへ?人生のデスティネーションをしっかりもつこと。そこが真剣であれば、道は開ける。

最近そんなことをよく考える。
心から尊敬する人は、皆、道をつくってきた人だ。
人が敷いたレールを進んでも、自分の目的地に行くとは限らない。
もちろんいろんな道を選びつつ、目的地に進むという生き方もあるだろう。
でも、今は、まだ
道なき道を自分で創りながら進むことを楽しみたい。

カテゴリー: Essay (Word) | マイウェイをひたすら・・ はコメントを受け付けていません。

時には大物に会いに行く!

毎日というわけにはいかないが、ここというときには、何かひらめきが生まれたときには、勇気をもって行動しよう。普段会えない人に、会いに行こう。

今回、たまたまライブでお世話になっている会場で、私が演奏しているときに
ひとりの紳士が後ろの方で聴いておられた。
1回だけでなく、何度か、、。。そしてある時、名刺をいただいたら、そこの会社のオーナー様。びっくり・・・。トップが聴いていてくださったとは・・。

前回も聴いておられ、拍手をしてくださった。演奏後、追いかけて挨拶にいったら褒めてくださって、握手もしていただいた。。

まさか、自分のことは覚えておられないだろうと思ったが、どうしてもその方に感謝を伝えたくなり、手紙を書いて、届けた。
すると、届いて2時間もしないうちに、秘書から電話があり面談のアポとなる。

そして、本当に会いに行った。いつも演奏会でお邪魔するビルの高層フロアの応接に通された。
そして、今度は観客ではない、オーナー様にお会いした。

もう90歳を過ぎておられるが、70代に見えるぐらい若々しい。
私が書いた手紙を振り返り、どんな人間かを確認してくださった様子。
「何か私にできることはありますか?」
会話のなかから、そんな一言が出て、びっくり。
この方はこうやって、世の中にGIVEをたくさんされてきたのだろう。
あまりに感動し、話をするなかで
「お人柄に感動しました」というと、「経営者というのは頭も体も大事だけれど一番大切なのは『人柄』です。これが一番」。

本当にそのままの方であった。
30分ほどの面談であったが、次へのご縁もいただき、すごい人だという印象だけが残った。
人のために尽くす。社員に寄り添い、お客様に寄り添い・・ずっと現役だ。

「疲れることを知らないんです。人からは回遊魚って言われていますよ」
レベルは違いすぎるが、何か共通点を感じ、やっぱり会うなら一流の人だと改めて思った。
今だと思ったら、本物に、大物に会いに行こう。

いつか私も人様に、「私に出来ることはありますか?」と言えるような人になりたい。出来る力、器がなければ言えない一言だ。

カテゴリー: Essay (Word) | 時には大物に会いに行く! はコメントを受け付けていません。