今ふたたび、老婆の背中

もう十数年前のこと。発展を続ける上海の町の路地を、出張の合間に歩くのが好きだった。
高層ビルの建設がすすむなか、昔ながらの人々の暮らしを垣間見るのはとても心なごんだ。
洗濯板を使って衣類を洗い、家の二階にロープを吊るし、そこに干す。
目を閉じれば、その風景がくっきりと浮かんでくる。
変わりゆく上海のなかの、のどかな暮らし。
もっとも印象深かったのは、家の外にある洗濯場で洗濯をするお婆さんの背中だった。
その様子がなんだかとても気に入って、思わず写真に収め、翌年の年賀状に使った・・・。
http://www.mahsa.jp/profile/nenga/nenga03.html

そのことをすっかり忘れていたが、最近、再び、老婆の背中を見ることがあり、そのときのことを思い出したのだ。


実家の近所のホームに入所した父を訪ねた日のこと。母も時間を合わせて自転車でやってきた。自転車で20分ぐらいの距離だ。父が暮らすホームで用事を済ませてから、母と最寄の駅まで一緒に向かう。私は電車で、母は自転車で。駅で別れるまで数分のことだ。
何十年ぶりかの懐かしい組み合わせ。子どものころから母はいつも自転車に乗っていた。

駅に着いた。「じゃね、また」「ありがと。気を付けていってよ」
と別れると、母は引っ張っていた自転車に元気にまたがり、こぎ始めた。
電車もまだ来る気配がないため、帰っていく母の姿をずっと見ていた。
毎日自転車に乗って近所を行き来して、なんとか元気にやっている。
でも、もう80歳を過ぎた。「元気やな・・・」
だんだん小さくなる母の背中を見て、なんだか涙があふれてきた。
いつまでも、元気に自転車乗らんとね。
そのときに、上海で見た洗濯するお婆さんの背中を思い出した。

母の背中は、たくましい。母の背中、できれば永遠に。
記憶のなかでは、もはや永遠だ。




カテゴリー: Essay (Word) | 今ふたたび、老婆の背中 はコメントを受け付けていません。

心の風通しをよくしよう

仕事でも、それ以外でも、自分の考えと違っていたり、疑問不安に思うことがあったり・・そんなことは多くある。
違う人間と同じ社会で生きているのだから、「??」という気持ちになることは日常茶飯事だ。
この状態のまま、それを心のなかにしまい込んでしまうと、心が窒息しそうになる。苦しくて体に偏重を興すこともある。
ストレスが原因で、病気になり仕事や生活に支障をきたす・・・。できれば、そのことは避けたい。

,何かあれば、思うことがあれば、きちんと表現する。

伝えるべき相手に伝えることでその疑問や もやもやがすっきり解消されれば一番いいし、第三者にきいてもらって、いろんな理解があることを知ることで楽になることもあるし・・。とにかくいろんな方法でアウトプットするのが良い。

言葉にする、きいてもらう。そんな相手がいれば人生うまくいく。

とにかく 心の通気をよくする。

オープンマインドで生きていく。

心の窓を開く。これが一番の健康法。

カテゴリー: Essay (Word) | 心の風通しをよくしよう はコメントを受け付けていません。

台湾と日本は隣町。

目を細めすぎたな~とちょっと失敗のワンショットであるが、私の人生において貴重な1枚だ。

一緒に写っていただいているのは、台湾の流通の父と言われている徐さん。
現役時代、30年にわたって台湾のコンビニはじめ、多くの流通業の礎を創り、台湾の人々の暮らしを便利に豊かになるよう導いたリーダーである。
私が30代半ば、今から思えば運命的ともいえるめぐり逢いをいただき、
仕事で8年余り、台湾へ通う時代をいただいた。言葉もままならぬ自分が海外の企業と仕事ができるなんて、今から思ってもありえない経験をいただいたことが、自分のその後の人生を変えた。
そして、時代が変わり、役割が変わった今も、連絡を取り合い、日本で、台北で再会し、互いの元気を交換している。
現在は台湾で自らの塾も主宰され、幅広く社会貢献もされている。
サラリーマンがこんな大企業集団のトップになるものか?と日本人サラリーマンから見ても憧れる勇気ある生き方をしてきた方である。最近は日本のメディアでもその生きざまが取り上げられているようだ。
努力すれば、人生を変えられる・・との持論は、心から共感する。
最近執筆された本について、香港との関係について、台湾という国について・・議論はつきず、気が付けば2時間半以上も語っている。
「ああ、楽しかった、面白かった」
という言葉をいただくが、全部日本語で楽しまれているところが凡人とは違う。
「いつか、日本に住みたいですか?」の問いに
「いや、もう私の中では、日本と台湾は東京と大阪みたいな感じで、国境はないから・・・」日本のことをこよなく愛する人が台湾には多い。日本と台湾は外国ではなく、確かに隣町のようだ。

最初は仕事で出会ったのに、いつの間にか、家族ぐるみであり、友達であり・・。本当に私にとっては宝の時間。
障がい者の人たちが心を込めてつくってくれた、グラン・ルーのロゴ入りのマフラーをプレゼントしたら、喜んですぐ着けてくれた。「いいねえ。あたたかいねえ。今尾さん、センスいいねえ・・」いろんなことが伝わることが、本当にうれしい。

人は国境を越える。国が越えるのではない。徐さんの背中を見て、私ももっともっとがんばろうと気合いを入れた。

カテゴリー: Essay (Word) | 台湾と日本は隣町。 はコメントを受け付けていません。

いろんな力のおかげで。

父が病院からいわゆる介護サービス付きの老人ホームといわれる施設に入所した。病後のケアやさまざまな観点からの検討の結果、そうなった。

病院と住宅。これは全く違う。治療から生活へ。
もちろん、自宅へ戻れるのが一番理想であるが、完治しない体調での復帰はなかなかむつかしく、介護のプロのお世話になることになった。

この決定にも迷い、悩みは尽きないが、それでも今できることとして考えたベストの選択。家族の合意でもある。(父本人には満足ではないかもしれないが)

何でもお世話になってみないとわからない世界がある。
今回、父の病気をきっかけに、医療・福祉業界の一端を知る機会ができ、
自分が関わるビジネスの社会や現役で元気に過ごす人たちとの世界がすべてではないことを身につまされながら、自分の無知、勉強不足も知ることになる。
でも、必要に迫られて知ることで、世の中が見えてくる。

いろんな方のおかげである。
病院でも、医師、看護師、作業療法士、理学療法士、言語聴覚療法士のみなさんにお世話になった。
今回も管理者、ケアマネージャー、生活相談員など・・いろんな役割をもった人にお世話になる。この役割分担がきちんとできており、しかもチームで皆さんきちんと対応されているところが素晴らしい。

元気なお年寄りから、看取りまで。
いろんな状況に合わせ、皆さんのチカラが発揮される。
無理しながら親の世話にあけくれ、疲れ果ててしまう人生よりも、プロに任せることでみんながうまく、ハッピーにいくこともある。

今回は、改めて、みなさんのチカラのおかげ。を実感することになった。

父が少しでも、楽しく幸せな毎日を過ごしてくれるように。

もちろん自分ができることはし続ける。

カテゴリー: Essay (Word) | いろんな力のおかげで。 はコメントを受け付けていません。

皮肉な静けさ

本当に申し訳ないけれど、今、外国人観光客が少ない町に落ち着きを感じる。
京都はとくに、つい最近までの騒々しさとは、まるで違う。
やっと、普通にバスや電車に乗れる、町を歩ける・・・・。

インバウンド客の来日で恩恵を受けてきた方たちには、今回の新型コロナウイルスの影響によるダメージは大きすぎると思う、お気の毒とも思う。

しかし、もともと、京都はこんなもんだった。

とくに京都の2月は観光客が少ないのがひと昔の常識。寒くて入洛する人が減って、そのときが本当に京都を楽しむチャンス。で、修学旅行のある春と秋は人出が増えるので注意・・・・。なんてみんな思っていた。

と、そんなサイクルも、近年は季節を問わず、あっちこっちからの訪問。
中国人がいなければ、商売が成り立たない・・・。インバウンドのおかげ?
と京都だけでなく、日本中が湧いた、駅も電車も混んだ。
・・・が、まさに、今はその勢いがぴたっと止まり、静かな町が久しぶりに戻った・・という感覚。

活気はいつ戻るのか?オリンピックには?

しかし、個人的にはずっとこのままでいい。

私たちが知っているもともとの京都の賑わい、静けさのままでいい。

異常な京都は、今回のコロナ感染でもうおさらばしたい。
と、感じている住民の人も少なくはない・・・かも?

今、京都はベストシーズンである。と言ったら、怒られるかもしれないが、
この状況はいろんな意味で、重要だと思っている。



カテゴリー: Essay (Word) | 皮肉な静けさ はコメントを受け付けていません。

雪は美しく、怖いもの。

冬の新潟出張はつらい。雪と寒さ・・・。本当に雪国での暮らしは大変だと思う。
でも、雪がふらないと、雪に支えられている産業に多大な影響があり、
それはそれで深刻な問題だ。
今年は、雪が降らずに暖冬・・これでいいのかなと思っていたら、2月の初めに
雪が降った。
久しぶりの雪で、ちょっと油断した。
ちょっと暗くなってきた町なかの道で、気を付けていたつもりではあったが
ふとした瞬間に、足を滑らせ、すってんころりん。やってしまった。
結構派手に転んだのか、後ろを歩いていた人が、「大丈夫ですか?」と
歩み寄って声をかけてくれた。
そのあと、ホテルの人に事情を話し、スタッフ用のシップをもらって応急処置。
いやー、派手に転んでしまった。でも、幸いなことに、リュックを背負って
いたことが幸いであった。あれがなかったら、まともに頭も腰も思いっきり
打撲していて、打ちどころが悪ければ・・・だったかもしれない。
いやー、リュックが転倒時にいいとは、新発見。
それはそれとして、痛みはもちろんじわじわっと後になって出てきてはいる。

雪は見た目、キレイで美しく、まぶしい。
また、食べ物をつくるときにも、役立つ。雪室人参などは、雪の中で寝かせることで甘みが増し、大変おいしくなる。最近では雪室米も出回っている。
でも、そのありがたい雪は変容し、さまざまなカタチになり、ときには人々の脅威にもなる。

今回のすってんころりん事件、まだ笑って話せるけれど、本当に人生が変わってしまうこともある。

雪をなめてはいけない。

改めて久しぶりに遭遇した雪に恐れを抱き、細心の注意を払おうと思った次第。雪国のみなさんは慣れておられるが、くれぐれもお気をつけいただきたい。

雪はなくては困る。だんだん少なくなっていくことは心配だ。
自然とともに生きる。
これが人間の本来の姿だ。


カテゴリー: Essay (Word) | 雪は美しく、怖いもの。 はコメントを受け付けていません。

若き力をもっと生かす

京都のデザイン系の専門学校の作品展を見学する機会を得た。
専門学校で学ぶ期間は2年。この短い時間で、実社会で活かせる力を養わねば
ならない。大学で勉強するより、より目標が具体的かつ現実的になる。
企業に入って即戦力として活躍できる。少しでもそんな力を養いたい。
そんな思いで、学生たちが自分のもてる力をさらに伸ばすべく、日々勉強している。
いい作品、デザインが表現できたとしても、独りよがりな世界では社会では
通用しない。社会と交流し、人々に受け入れられるデザインを考え、表現できる力を身につけること・・が、彼らの課題。
今回の作品展、いやはや、高レベルであり、これが未成年の若者たちの作品か?
と思うものが大変多く、また実際に企業連携もさかんに行っているということでその事例を拝見したが、予想以上の取り組みで、この学校のチカラを感じた次第。
一緒に見学した企業のみなさんも、この作品のレベルに驚かれた。


学生たちは、作品展示とともに、自分の作品を来場者にプレゼンするべく
会場にスタンバイしていたが、プレゼン上手な学生もいれば、恥ずかしがり屋もいて・・。これもなかなか楽しい時間であった。

企業はもっと若い人のチカラを借りるといい。
そうすることで、学生もその企業に興味をもってくれるようになる。
そこで働くことになる場合もあれば、応援してくれる場合もあれば、さまざまだ。

京都が好きなのは、いろんな才能に満ちた学生がたくさんいること。

個性豊かな若者がたくさんいること。

この可能性を引き出し、企業の新たな魅力づくりをもっと推進していければ・・。

日本が元気になるポイントがここにあると実感した。

若者の夢を叶える応援、企業が元気に存続し続ける応援。

両方していこうと思っている!

カテゴリー: Essay (Word) | 若き力をもっと生かす はコメントを受け付けていません。

マスクとコミュニケーション

今、マスクが世界的に品薄状態で大変困った状況にある。

外部からの菌を寄せ付けないためには、マスクでの予防は手洗い、うがいと同様、大切だ。
この2週間ほど、町に出るとマスクをした人が多い。
特に東京、京都などの人が多い町、とくに駅などでは、マスクをかけた人が
大変目に付く。ちょっと異様な光景。

しかし、そのなかに欧米人らしき人で、マスクをつけた人はほとんど見たことがない。
不思議だ。ずっとそう思っていた。

同じように思う人がいるようで、それが放送でも話題になっていた。
それによると、たとえばニューヨーカーは、マスクをしない。手あらい、うがいをしっかりする。そしてジンジャーを飲んだり身体に良いものを摂取する。内側から免疫をつくることが優先のようだ。また口を隠すというのは、よくない習慣のようだ。

目ではなく、口元で人を見極めるそうだ。

顔のどこでコミュニケーションするのか、また自らの命をどう守るかの考え方も、国や地域によって異なる。こんなことが今回の事態からもわかる。

マスクは、今本当に必要な人に行き渡るように。

早く危機を乗り越えて、日本に口元が見える笑顔の光景が戻ってくるように。

カテゴリー: Essay (Word) | マスクとコミュニケーション はコメントを受け付けていません。

締めは大切。

2020年は始まったばかりであるが、年度でいうと、今は年度末。

昨年4月から行ってきたさまざまな仕事が3月までに一区切りとなる。
初めて出会ったいくつかの企業さんの応援活動も、この年度末で
一区切りになる例も多い。
最後のミーティングでは、この1年を振り返る。

自分が関わることで、相手はどうだったのか。
少しはお役に立てたのだろうか?

きちんとお聞きしておかねばならないし、客観的な目でのチェックも

重要である。

出会ったことで、課題が見えてきた場合、新たな世界が見えてきた場合、

業績が上がった場合、社内が活性化した場合・・・。

いいことばかりなら、いいけれど、すぐに業績があがることばかりでは
ない。

企業さんによって抱える課題はさまざまで、その体制もいろいろだ。
こちらを頼ってくださる背景には人手不足もあるため、なかなか実行できない場合もある。

いずれにせよ、しっかりふりかえり、最後まで何かプラスになる働きかけを
心がける。
また一緒に仕事ができるように。

孤独な経営者、判断に迷う経営者も少なくない。それが中小企業であるとも思う。
しっかり締めをして、また新たにスタートできるように。
始めるときも大切であるが、締めはもっと大切だ。

笑顔でありがとうございました!と握手できるように。

カテゴリー: Essay (Word) | 締めは大切。 はコメントを受け付けていません。

一杯で始まり、一杯で終わる。

気がつけば、毎日の暮らしは、いろんな一杯に支えられている。

カップであったり、グラスであったり、形状も中身も違えど、

一杯が1日の暮らしを豊かにしてくれている。

例えば、目覚めは、いっぱいのカフェオーレ。まさにブレイクファスト。しっかり1日が始まる。続いて必要な日は、いっぱいの味噌汁もいただく。
ゆっくりいただきながら今日出会う人達の顔をゆっくり思い浮かべる。
この人には言葉を、この人にはこんなこと・・・・・をいうように。
そんな楽しい予習をしながら、あたたかいものを一杯いただく時間は
とても幸せだ。
仕事で疲れ、ちょっと一服したいときには一杯のクラムチャウダーをいただく。
あ、これはあの人達が作ったのだと作っている人たちのことを思い出す。

また違う日には、一杯のホットチョコレートをいただき、30年前に

パリの地下鉄内で助けてくれた恩人のこと思い出す。

「ショコラはエナジーよ。」そう、ホットチョコも飲むエネジーだ。

夜は一杯のスパークリングワインで、一日がんばった自分と乾杯。

とこんな風に一日一杯が何度も続き、元気に一日を終えることができる。

一杯の幸せとともに、今日も幸せをかみしめて・・・。

と、一杯のカフェオーレをいただきながら・・・。


カテゴリー: Essay (Word) | 一杯で始まり、一杯で終わる。 はコメントを受け付けていません。