佐渡の玲子さん、5年ぶりの東京復活!

玲子さんは、もともと元気いっぱい、サービスいっぱいの
佐渡のケーキ屋さんの女将さん。
旦那さんと二人三脚で、佐渡の食材を使ったお菓子を作り続け
ひところは、旦那さんが地元でお菓子を製造、
玲子さんが首都圏の物産展などで佐渡のPRをしながら
一生懸命に売り歩いた。
あまりのサービスぶりに、商売大丈夫か?と心配になることも
あったが、それでも玲子さんのお人柄にお客さんが
引き寄せられる。
私が会ったのはもう10年ほど前のこと。後楽園の
ホールでの物産展で紹介を受け、翌日には「パッケージの
相談をしたい」と電話があり、その強引にも見える
熱心さに負けて即日会いに行った・・。
そこからのご縁。
佐渡に行くと、いつも仕事場(相談会)に来て、
毎回いろいろ相談してくださった。
そのときには、いつも差し入れをもってきてくれる。
とにかく、元気いっぱい、情熱いっぱい。
そして佐渡で生まれた「しまチーズ」は、菓子業界の
名誉ある賞を授かり、新聞各紙にも出るようになり・・。
そんな矢先、玲子さんが倒れ、生死をさまよう期間が
あった。
もう会えないのではと、佐渡に行く機会にはタクシー
を飛ばして(?)お店に行ってみたが、シャッターが
閉まっていて、本当に心配していた・・。
その1年後だったか、玲子さんが復活した。
そして徐々にお元気になり、だんだん元通りになった。
よかったよかったと思っていた昨年の秋。
年賀状もいただき、そしてこのたび、東京出展の
案内ハガキ。
5年ぶりの東京物販の試みだそうだ。
「年金をもらう年齢だからこそ描く、未来への夢」
とハガキに書いてある。
そして「5年ぶりの東京の営業です。不安と戦いながら
ちょっとがんばってみようと思います」
とも・・。
これは、顔を見に行かねばと移動時間の合間に途中下車。
元気で少しふっくらした玲子さん、とても喜び応対してくれた。
久しぶりに佐渡のお菓子を買う。
売るためではなく、つなぐために来たと聞いて、
安堵する。

帰って買ったお菓子の袋を開けたら、おまけのお菓子が入っていた。
その代わり、買った商品の数が足りなくて、
あ、これも玲子さんだと一人笑う。

3月20日まで、表参道ネスパスで元気に佐渡のお菓子の
試食をすすめている。

カテゴリー: Essay (Word) | 佐渡の玲子さん、5年ぶりの東京復活! はコメントを受け付けていません。

たまには、ゆっくり語りましょう。

父とふたりの珍道中。
初めて、一緒にふぐを食べる。
父は熱燗、私はビールを飲みながら、
最初はお酌し、そのうち手酌になって、
自宅で食べているかのようなリラックスした気持ちでいただく。

実家を飛び出してから35年。
いつの間にか、ぐるっと一周してきたようなわが人生だ。
父が80歳になっても、元気で、会話もまったくボケがなく
冗談も通じ、酔うと少し悪態をつくところも、昔のままで
変っていないことに安堵する。

そして、いろんな思い出話をする。
父が覚えていない、私の幼き頃のうれしかったこと。
つらかったことなどは、もう消えている。
「そんなこと、あったか。もう記憶にございませんやわ」
どうやら、某元都知事を真似ているようだ。

やはり さしで、二人で語る時間は大切で、
こういった時間はかけがえがないと思う。

海波の音を聞きながら、父の寝息を聞きながら
よく元気でいてもらえるものだと
改めて、すべての神さんに感謝する。

3歳の頃、父を「パパ」と呼んでいた記憶がよみがえる。
子供の頃は、父からすれば可愛い娘だったんだろう。
生意気三昧のわが人生で、いやはや 恥ずかしくもあるが
悔いはなし。

語り合った旅を終え、名古屋駅のホームで父を送る。
「電車が来たよ」
父が手を差し伸べてくれた。
父が泣いているのに気づき、こちらも。
どうしようと思ったら、来た電車が回送だった。
「あ、これじゃないわ」
クライマックスが瞬間クールダウン。
これで良かった。泣いて別れるのは本意じゃない。

語り合えて本当に良かった。
もっとずっと元気に長生きをと、心から思う。

カテゴリー: Essay (Word) | たまには、ゆっくり語りましょう。 はコメントを受け付けていません。

初の、父娘珍道中。

父と二人での外出。
子供の頃から、数えるほどしかない。
でも、その1回1回をよく覚えている。
なぜか子供の頃の、父とのお出かけはショッピングセンターや
柳ケ瀬にあったデパート巡りなど、
ウィンドショッピングが多かったようだ。
目的なしの時間つぶしのような時間であった。
大人になってからは、二人でということはあまりないが、たまに
モーニングにつきあうぐらい。
二人で旅をするなんて、記憶にない。

今回、ちょっとしたきっかけで、父と小旅行することになった。
父が好きな知多半島の旅館での1泊2食の旅。
実家に迎えに行き、いろいろな乗り物を乗り継いで、太平洋側の
海にたどり着く。
普段、母と一緒にいるときの父と違って、なんだかおとなしくて
でも、静かに喜んでいるような感じ。
電車、バス、船・・。いろんな乗り物を乗り継いで目的の宿に向かう。
「昔はこんなに家がなかった」「島が見えてきた」などなど
見えることをそのまま言葉にするだけの、たわいもない
会話であるが、ときに乗り出して窓から外の風景をみようとしたり
父ってこんなに社会に興味津々で、いろんな目で世の中を見て
楽しんでいるのだということも発見。
そして、次から次から何かをしようとする私に、
「そう、気を使わんでいいよ」という。

遠くに行ける体力気力があるうちに、
機会があれば、ちょっとだけ無理をしてでも
いい思い出づくりができれば、と思う。

宿に着いてから、
母に「旅館に着いた」
とメールしている姿も、ほほえましく・・。

思い出はたくさんあった方が人生が豊かになる。

アッシー君でい続けてくれている父に、
運転以外の楽しみをもってもらえるように徐々に
・・・とも思っている。

たまには、親ひとり子一人の旅も、またよし。
もちろん両親そろっても、またよし。

カテゴリー: Essay (Word) | 初の、父娘珍道中。 はコメントを受け付けていません。

無理が効く人が、効くうちに。

がんと闘う知人。もう10余年、親しくさせていただいている。
病状は不安定で、移動距離も年々、無理が効かなくなっているようで、
お元気なときは、東京でも、新潟市でもライブに駆けつけていただいた。
最近は、CDで楽しんでいただく、その人のために書いた歌詞を
書で見て楽しんでいただいている。
なんとか、ライブを生の演奏をもう一度聞いてもらいたい。
この2年ほど、そんなことを思い始めていた。
前回お会いしたときに
「近所の公的施設に、ピアノが来たんですよ」
「じゃ、雪の季節が終わったら、そこでコンサートやりましょ。
そう、雪解けコンサートです」
と言っていたのを、しっかり覚えていてくださって、そろそろ・・・の気配。
時間がなかなかとれないけれど、それでも何とか会いに行って
元気なうちに、小さな夢だけれどそれを叶え、
少しでも元気になって、長生きしてほしい。
私は、まだ今は無理が少しは効く。そう無理できる人が無理できるときは
無理しないと実現できないことがある。
今は、お世話になってきた方へ、どんなお返しがちゃんとできるか
が私の課題だ。
最終新幹線でかえって、翌日が始発の新幹線であっても、車内で
仮眠すればいい。
無理するときはする。後悔しないために。
とにかく、あの方が喜んでくれることがうれしい。

カテゴリー: Essay (Word) | 無理が効く人が、効くうちに。 はコメントを受け付けていません。

実際に会ってみたくなる人。

ネット通販。
あまり活用したくないけれど、重いもの、そこでしか
手に入らないものは、利用することになる。
何年か前にリスボンで入手したワインが懐かしく、
たまたまネット検索したら、ヒットして、その後
その店の品揃えや売り方の工夫に共感し、何度か注文を
してきた。
店主のことは知らない。
ネットショッピングの入り口は品揃え、利便性と価格がポイント。
店主がどんな人かは二の次となる。
何年かの利用で、商品の不具合でクレームをメールしたとき
店主からのその謙虚な姿勢に、好感をもった。
メールだけではあるが、長年のつきあいのなかで、
このお店は応援しなければと思うようになった。
年に一度、思いがけず届く1本のワイン。
購入履歴に合わせて、顧客にプレゼントしているのだとのことで
このサプライズにも驚き、ネットショップならではの
工夫を重ねていると感心もする。

そのお店がしばらくお休みに入るとの連絡が入る。
営業再開は何年後になるかわからないとのこと。
もう購入することができないかも、もうあのポルトガルワインに
出会えないかも・・・
そう思ったら、店主に「お世話になったので一度お会いして
ご挨拶したいです」とメールしていた。
そして返事がきて、お店が休業になる前にお会いすることとなった。

ネットで顔を見ないやりとりを続けていたからこそ、会いたくなるということもある。
また閉店とか休業といわれると、会わなくてはという気持ちにも
なる。
人間だから、やっぱり対面、直接のコミュニケーションを
求めるのだ。

ネットだから、顔を見ないで終わる縁も多いが、その後ろに
どんな人がどんな顔して、どんな知恵を使ってがんばっているか
を想像すると、わくわくする。
競争の激しいネット通販のなかで、がんばってきたその店主に
お会いし、その人となりに触れることが楽しみだ。
ただ、お店が再開未定のまま、お休みになることは残念。
お店は生き物だ。
ネット時代故に、人を大切にしたいと思う。

カテゴリー: Essay (Word) | 実際に会ってみたくなる人。 はコメントを受け付けていません。

宿命と運命。

何年か前だった。知人と「宿命と運命」について話したことがあり、
今も何かあるとそのことを思い出す。
最近は世界の動向を見ていて、そこに登場する人々を見て
それについて、改めて考えさせられる。

人はそれぞれに、背負っているものがある。
そういう星のもとに生まれた。これは変えられないこと。
そういう宿命。
一方、運命は努力で変えることができる。
命は運ばれるもの。どんな思いで、何をするかによって、運命は切り開くこともできる。

何もせずにいることは、あまりにもったいない。
自分次第で変えられることは多く、その喜びに気づけば
幸せは自分次第だと、心も軽くなる。
何もしないで、運命だとか宿命だとか言っているのは
怠け者のような気もする。

しかし、自分の力ではどうしようもない大きな重い荷物を
背負っている人は、本当に大変だと思う。
先日、空港で暗殺されてしまったある国の
要人。生まれながらにして、大きな使命を
背負って生きてきたのだろう。
自分の命を案じて生きなければならない人生とは
想像もつかない。
これこそ、「宿命」なのだろう。

人は生まれながらにして、それぞれの
役割があるのだろう。
人間以外もそうだ。
今の自分に感謝し、生きたいように、自分で
道を切り開きたい。

ジャジャジャジャーン。
と、良き運命がそのうち、心のドアを叩いてくれる
ことを信じつつ・・。

カテゴリー: Essay (Word) | 宿命と運命。 はコメントを受け付けていません。

隣国の孤独な人生を勝手に憂う・・。

お隣の国々はそれぞれ異常な状況だ。
日本も、同じではあるが、それでも見た目にはまだ平和で落ち着きがある点は
ありがたい。

韓国という国は、なぜにあんなに人を攻撃しまくるのだろうか。
政治に対して反対運動などに参加して、暴力騒動に巻き込まれて、命をおとしてしまう
人もいたり、一度怒り始めると、歯止めが効かないそんな人が多いのか。
韓国の歴史はもちろん、ご苦労も多く、時代のなかではわが国も申し訳ない
ことをしたことはあるため、それに対しての恨みつらみは理解できる。
おそらく、お金での解決だけではなく、(要はお金だという人もいるが)
寄り添う姿勢などがこちらが思う以上に求められる、そんな民族性が強い
国なのかもしれない。(断言はできない)
ただ、韓国人の仲間も過去には多くいたし、個人的には穏やかな人もいるため
メディアで報じられる韓国のイメージとは違うと思うことも多かったが、
おそらく格差社会、悲しい歴史などの背景、要因が入り混じって、
悲劇の主人公のような生き方をせざるを得ない・・・そんな国なのかも
しれない。(これも断言はできない)
儒教的な教えと競争社会、恨(ハン)の歴史・・・。どうも日本とは違う
背景にある国なのだと思う。だから、近いけれど、実は遠い国だ。
このたび、女性初の大統領が弾劾、そして罷免された。
私は決して、この大統領を応援しているわけでも、味方でもないが、
この人の人生はなんと・・・孤独なのかと勝手に想像し、これからの
残された人生を想像すると、たまらない思いになる。
もちろん罷免されるだけの条件があったであろうし、それはそれで
良いとしても、きっとこれからもメディアはかわいそうなぐらいに、
元大統領の彼女を惨めに映し出すだろう。
そんな絵が容易に想像できるのが、悲しい。
本当に孤独だったんだろう。だからもしかしたらこんな結果になってしまったのかも
しれない。(あくまでも推測ではあるが)
こういうときこそ、本当に相談にのってくれる友達はいたのか?
いなかったんだろうな。
と勝手に思うと、とても複雑な思いだ。
現代の韓国は、歴代の元大統領たちは逮捕されたり、自殺したり、
尊敬して世を去っていく例が少ない。
国民の熱い団結力がどうか、国をよくする方へ穏やかに、元気の方向に
向かっていくことを願ってやまない。
韓国は、長寿国ではない。そして自殺者も多い。
そんな国であってはいけない。
そう思うと、日本という国は まだありがたい。

世界には、
いろんな宿命を背負った人たちが生きている。
難しい人生を生きている人たちは、大変だ。
できれば、すべての人が幸せであり、恨むのではなく
感謝しあえる関係でいられることが一番いい。
                     

カテゴリー: Essay (Word) | 隣国の孤独な人生を勝手に憂う・・。 はコメントを受け付けていません。

春は、ちょい寂しくもあり・・・。

春は花も咲き、新たな出発もあり、華やかで前向きで。
これはこれでいい。
お正月が楽しいと同じように、春の訪れ、節目はわくわく感がある。
多くの人が東西南北、大きく動く季節だ、
日本列島を真上から見たら、この人の移動、荷物の移動の量は
もの凄いことだろう。なんと言っても、年で一番の引越しシーズンだ。

その移動、異動のなかでは、新たな出会いもあるが、卒業や別れもある。
次の節目にいくために、これもやむなきこと。

とても小さな出来事ではあるが、
前に書いた、宅配便の担当のおにいさん。
もし自分が東京から離れたら、寂しくなるな~と思っていたら、
配達時に荷物を受け取ると、
「今尾さん、あのー、ぼく●●日から、異動で・・・●●町担当になります。
 長い間、いろいろよくしてもらって、ありがとうございました。
 次の者には、これまでどおりちゃんとやるように伝えますんで」
と、いわれ、驚く。
彼からこんなに長い言葉を聞いたのは、初めてだ。
いつも電話一本で、「了解です」「ありがとうございます」
ぐらいの短いやりとりだけだったから。
へえ、先に異動しちゃうの~。内心、とても寂しい気持ちがした。
「ああ、そう。どこへ異動するの?そうなんだ・・・。
寂しくなるね。本当にいろいろ、ありがとうございました。
でも、まだ会えるよね」
「はい!」
東京に住んで、ヤマトさんのお世話になって、異動をわざわざ告げて
くれた人は3人目か。
なんだか寂しいと正直思うが、
こうしてきちんと挨拶してくれることも、うれしいことだ。

春は、いろんなことがある。
来る人も行く人も。
でも、近くで、どこかで、元気にがんばっていたら、それでいい。

もうあと1~2回は会えるかな。
お世話になりました。
春はちょいともの寂しくもある季節。

カテゴリー: Essay (Word) | 春は、ちょい寂しくもあり・・・。 はコメントを受け付けていません。

愚痴を食べる山羊を飼う。

それにしても、「愚痴」という言葉は、音も美しくないし、見た目も決してよろしくない。
愚かでしかもヤマイダレの「知る」。決して知的ではない。
あまり、お世話になりたくない、その「愚痴」という文字、言葉。
ではあるが、
日々、生きているとその愚痴のひとつやふたつ、こぼしたくなることもあるだろう。
仕事の帰りに飲みに行って、その愚痴を言い合う、聞き合うことでストレス解消を
している人も多いだろう。
よくわかる。愚痴もいいたくなる、この息苦しい世の中だ。

でも、愚痴を言わない方がスマートだ。
なぜかというと、もし言っている内容がごもっともであっても、
愚痴っているというその姿勢、行動がスマートではない感じがするから。

愚痴るぐらいなら、直接言えばいい。と思う。
でも、いちいち言えるはずがない。相手に直接言うことで、その反応で、
また愚痴を言いたくなることもありえる。

日頃、愚痴を聞くことが、なぜか?おかげさまで?多い。
そして聞いた後、「愚痴ってすみません」とよく謝られる。
そう、愚痴を聞かされた側には、何の得もない。
話している人だけのストレス解消ということが多い。
見方によっては、愚痴を聞かされることは、第三者には迷惑である。

もちろん、愚痴を聞き、言葉を交わすことで解決になることもあるが、
愚痴を聞いている人にとっては、決して気持ちよくないはずだ。
だから、愚痴は人に聞いてもらうのではなく、できる限り自分で
解決していきたい。

そこで浮かんだのが、紙を食べる山羊の存在。
そのように、愚痴を食べる山羊がいたらと思う。
その山羊を心の中に飼う。
何か嫌なことがあったら、「もぐもぐもぐもぐ」と心の山羊に
食べてもらう。
すると、すっきり。
そんな解決法をみつけたら、それだけですっきりしてきた。
それにしても、愚痴ということばは、美しくない。
関わりたくないし、使いたくもない。

美しい言葉でコミュニケーションしたい。

カテゴリー: Essay (Word) | 愚痴を食べる山羊を飼う。 はコメントを受け付けていません。

グレーと詭弁。

メディアの操作。お隣の国でもそんなことが話題になっているが、
わが国もなかなか操作されまくっている。
報じなければいけないことが、どうでもいい情報に紛れ、隠されていたり、
曲げて報じられていたり、核心と違う部分が話題になるようになっていたり・・。
北朝鮮のことももちろん報道されなければならないが、どこかで何かがある隙に、
こそっと何かを決めたり、動かしたりしている・・・
そんな状況がもう何年も続いていると、個人的には感じている。
最近は、グレーなのにいかにも白。という態度をされたり、
とんちんかんな場面だけを見せられ、これじゃ、何が本当なのか国民にも
わからない。
嘘も本当も、人の口から出る言葉だけではもう判断できないほどの状況だ。

グレー。限りなく黒に近いグレーという表現があるが、
グレーの色を重ねていっても、白には絶対戻らないのだ。

そして、グレーと詭弁。
この二つが交差すると恐ろしい状況になる。

確かな目、耳をもち、騙されないように、判断する力をもつか、
知らなくて良い、見なくて良いものには、触れないで生きていく力をつけるか。

両者を身につけておかねば・・と思う、晴れない社会。
グレーな越後の空にも必ず春が来るように、心晴れるクリアな社会の
春が早く来るようにと願うばかり。

カテゴリー: Essay (Word) | グレーと詭弁。 はコメントを受け付けていません。