父の本気、無言の返信!

父が入院して、3か月となる。思いがけず、ある日突然、一年の4分のⅠを病院で過ごすことになろうとは、家族よりも本人が一番ショックであることは間違いない。
リハビリ病棟に移って、2か月。毎日熱心な治療&指導のおかげで、父の容態は改善されている。規則正しい生活が人間に生きる力を与えるのだと、改めて実感している。

元気になってきたらきたで、
「早く家に帰りたい!」の願いが募る。
そりゃそうだろう。ある日突然こんな生活になってしまい、早く戻りたいと思うのは当然であり、その気持ちは痛いほどわかる。
でも、まだまだ在宅は難しい・・・。
「早く帰れるように、リハビリがんばってね。とにかくがんばって!」
と見舞いにいくときは、言葉をかけ続け、
「帰りたい」と泣くときは、「帰りたかったら、がんばって」
というしかない。
そして、これもリハビリと思い立ち、父に毎日応援メールをはじめた。

元気なときにも、母に送ると同時に父にも送っていたが、
「そんなもん面倒くさい」といって、返信をしてこなかった父。そんなことまで言われてまで続ける意味がないと一時中断していた。
でも、今は病院で退屈している。メールを確認することもリハビリだ。
「一応、メールしてるから、見てね。暇なんでしょ」
との言葉に頷いていた父。

そして、このたび、
無言の返信が届くようになった。
何か文字が書いてあるわけではないが、父からの返信だ。
「読んだぞ。」という意志なのだろう。
「よし、その調子、その調子」

父は自分が生まれ育った町に、実家に帰りたがっている。
ただ、それだけ。その願いが、彼に生きる力を与えている。

願いが叶えられるように、なんとかしたい。
83歳の本気。フランシスコ様と父が重なる。
83歳。まだまだ。いける。
父の人生が、悔いなきものになるようにしたい。




カテゴリー: Essay (Word) | 父の本気、無言の返信! はコメントを受け付けていません。

コンサートでおもてなしが伝わった!!?

先日の岐阜新聞のミニコンサートに初めておいでいただいた方に感想をいただいた。開口一番
「もう、どこをとっても、昌子さんのおもてなしの心が伝わりました。」
と言われ、ああ、そうか~と心にあたたかいものが流れるのを感じた。
ああ、これでもいいんだ。これでいいんだ・・・と。


青春時代、意地をはってピアノから遠ざかった時間に比例し、技術力が低下し、少し悔しい気持ちになる自分を励ます、勇気づけるありがたいお言葉である。
その方はまさに、お客様商売をされているので、おもてなしについては、意識が高いはず。プロに理解されるとは、光栄なことだ。

「お客さんの顔を見て、反応を見て、演奏する曲を変えたり、言葉をかけたり・・そんな昌子さんを見て、そう思いました」

プログラムにも曲目を書かないのも、わけがある。
練習不足のまま、本番になることも多く、曲目を直前まで考えたいということもあるが、本番お客様の層や、好みによって曲目を変えることが多いため、詳細を書かない。
その方には、そんなこともお見通しだったかもしれない。

美しい演奏をお届けしたい。この気持ちはある。だからもっと練習をしなければ。そして、私の場合は、技術よりも心を、💛を伝えたい。
人々が笑顔に、元気になるステージを創りたい。

クラシックピアノを無謀にも捨てた18歳のときから、約40年。
クラシックの良さも改めて分かり始めている。
それも活かし、私なりの、演奏を。ステージを。

おもてなしのコンサート。まさにコミュニケーションクリエイターがすべき
表現は、これなのかもしれない。

新しいお客様が、そんなことを教えてくださった。

ありがたい。まさに56歳に向けてのバースデープレゼントだ。

カテゴリー: Essay (Word) | コンサートでおもてなしが伝わった!!? はコメントを受け付けていません。

いつでも「受け手」になれること。

コミュニケーションとはキャッチボールだ。発信する側と受信する側がいる。
今はこれまで受け手と言われてきた人も、自由に発信することができる時代になり、みんなが主役のよう。これはもちろん悪いことではない。
ただ、発信するということには、いろんな配慮や工夫が必要ということをつねに頭においておきたい。
発信する立場であればあるほど、「受け手」のことを常に考えていなければならない。
この内容で、表現で本当に伝わっているか?伝わったか?この確認だ。
自分ではよいと思っていても、相手には伝わっていないことが多いし、表層的には伝わっていても、真意まで理解されることは、難しい。
伝える側にいる人は、常に受け手の気持ちになれることが必要だ。
一生懸命準備をして伝えても、相手がどんな人でどんな思いで、そこにいるかによって、聞こえ方は違うし、人によっては聞いていないこともあるかもしれない。

いつでも、「受け手」になれること。

コミュニケーションクリエイターの役割は、受け手を大切にすることだ。

最近、そのことを思う機会が多い。どんなにかっこいいプレゼンも、響かなければ意味がないのだから。

受け手が感動するコミュニケーション。これは受け手を理解しなければその工夫もできない。


相手を理解する。しようと努力すること。

コミュニケーションを豊かにする第一歩は、まさしくこれだと思う。

カテゴリー: Essay (Word) | いつでも「受け手」になれること。 はコメントを受け付けていません。

長崎のおもてなしは、よかね。

長年応援している長崎のカステラ屋さん。世界遺産となった大浦天主堂の真下にある老舗である。
長崎に行けば、必ず寄り、行かなくてもどこからでも注文したり、PRしたり・・。気が付けば親戚のようなおつきあいになってきたかも・・。
久しぶりに店に寄る。
カフェスペースに座って、お茶とカステラをいただきながら、用事をしているとそこの次男、ゲンちゃんが急に現れて、「今尾さんのイメージでケーキつくってみましたよ」と写真のケーキを見せてくれた。
当店ではイートインもあり、そこでは手作りケーキも提供しているが、このシルエットが入ったケーキは新商品のようだ。いろんな絵柄ができるそうで、ショーケースに入れておくとお客さんが好きな絵柄を選んで、召し上がるそうだ。
3年前だったか、この隣の旧上海銀行長崎支店の建物で、コンサートをした。大雪の日だったが、ゲンちゃんは家族と一緒に応援に来てくれた。ケーキの白いシルエットの絵柄が雪の日のコンサートも思い出させてくれる。
このケーキ、プレゼントしてくれるという。
いただくのがもったいなく、翌朝まで眺めていた。

長崎の人は、京都とはまた違った、おもてなしの気持ちがある。
港町ならではの、旅人をあたたかく包むという感じだ。

しばらくバタバタと動き回っている日々のなか、大きな癒しとなり、疲れもとれ、新たな優しい力をもらった感じがした。

ゲンちゃんと約束する。
「来年こそは、隣の会場で(旧上海銀行)一緒にコンサートやろうね。」
そう、彼はダンサーでもある。ダンスミュージックに挑戦するのも良し。
港町長崎。訪れるたびに抱きしめたくなる出会いや交流がある。

ちょっと早いバースデーケーキをいただき、心から感謝感激。

カテゴリー: Essay (Word) | 長崎のおもてなしは、よかね。 はコメントを受け付けていません。

寄り添う幸せ、日々実感。

振り返ってみると、毎日誰かの世話を焼いている。時にはお節介をしていることもあるかも・・であるが、とにかくいろんな企業さんはじめ、多くの方に毎日お会いして、相談にのったり、思うことやアイデアを伝えたり、こうした方がいいと提案したり、ネーミングを考えたり、人を紹介したり、代わりに動いたり。り、つい最近もあるプロジェクト普及のアンバサダーと命名されたり・・・と、相手の企業や個人の仕事や、その人の人生がいい方向に向かっていくようにと、一緒に考えて動いて毎日が過ぎて、今年もここまできた。

「親身になってもらい、ありがとう」と感謝いただける時、とても嬉しいのはもちろんであるが、よく考えてみれば一緒に考えたり、意見やアドバイスを頼りにされること自体がとても光栄なことで、この仕事は本当にありがたいと心から思う今日この頃・・・。

自分を信頼していただき、アドバイスを求めていただき、耳を貸してもらえる。共感や納得もしてもらえる。・・・なんて、幸せなこと。

コミュニケーション クリエイターって、「寄り添い業」なのかもしれない。一緒に考えるプロセスを作り、心を豊かにする。改めて、このかけがえのない仕事を大切にしたいと思う。


カテゴリー: Essay (Word) | 寄り添う幸せ、日々実感。 はコメントを受け付けていません。

何回やっても反省続き

定期的に、継続して行っている取り組み。そのひとつは、ミニコンサート。

たとえば、30分という枠が一応決まっており、主催者からは多少伸びていいですよ。といつも、特別な配慮をいただき、少し多めに準備をする。
隔月に開催するため、季節や旬な話題を取り入れ、トークも演奏曲目も常連さんにも飽きられないように工夫はする。
しかし、いかんせん練習する時間があまり・・・というのも毎回のこと、気が付けば明日が本番・・バタバタと配布資料を作り始め、演奏曲目が固まるのはこのギリギリの時点。
発声練習は歩きながら、一万歩を目指す日々のウォーキングが練習時間であったりする。とにもかくにも、わらじを何足も履いているため、演奏の練習に割く時間が足りない・・・でまた1年が過ぎる。

それでも、土壇場力が身に付くというか、本番力というか、それなりにまとめることはできる・・。
今回の岐阜新聞のコンサート。50名もの方にお集まりいただき、会場は大いににぎわい、みなさんにも喜んでいただけた様子。

お帰りの際には、「握手して」と言ってくださるお客様もあり、嬉しい限り。

お客様が全員帰られたあと、ひとりで反省会。

うーん、やっぱりもっと練習しておくべきだった・・。
あそこは、もっと落ち着いて演奏するべきだった・・。

などなど、いろいろ沸いてくる。

毎回、完璧ではない。これ以上なかったということはない。

まだまだよくなる。もっとよくなる。

反省とは改善、成長のためのステップである。

お客様の期待を裏切らないように、初心忘れずにがんばりたい。

カテゴリー: Essay (Word) | 何回やっても反省続き はコメントを受け付けていません。

真なる指導者はタフネス

タイから移動され、夜に東京入り。翌朝、長崎に移動、その日中に広島にも。
それぞれでミサを行われ、被爆者たちとも面談され、その翌日は東京で五万人のミサ、東日本大震災の被災者らとも面談、天皇陛下とも会談、帰国前には学生たちにもメッセージ。
わずか4日でこんな強行なスケジュール。
82歳の高齢にも関わらず、笑顔を絶やさず、優しさと愛に満ちた平和へのメッセージを日本に発信されたフランシスコ様。
東京ドームのミサに参列したKENさんはきっと生涯、忘れることのできない感動をされたことと想像する。
私は映像や活字で見ているだけでも、心から感動しているのだから、直接お会いになった方たちにとっては、もうそれはそれは・・まさに神様の祝福ということだろう。

それにしても、タフネスなお方だ。
お疲れが出ないようにと、倒れないようにと、本当に心配する。
父と同い年のフランシスコさま。
きっと彼に与えられた使命のために、心身ともに強くしなやかに、世界中にパワーを与えるために、体力気力を養われていることだろう。
弱弱しい人からは、元気はもらえない。
元気で心も豊かな人からこそ、いただけるエネルギーがある。

まったくまったく足元に及ばないけれど、せめて真のリーダー像を自分の中に
抱き、尊敬しながら、自分も誰かに元気を与えることができる人になりたい。
タフネス。これは発信者には不可欠な要素だと今回改めて、学ばせていただいた。

もうご無事にバチカンに帰国されただろうか。

教皇に就任後、初の来日をされた教皇様に、日本という国はどう映っただろうか。

効率と秩序。そのような印象が語られていたようであるが、

言葉に出ない印象もお持ちだろう。

ぜひこれからも、世界中をより正しい道へと導いていただきたい。

タフネスに生きる。これも能力。

これは生きる信念により培われるのだろう。

カテゴリー: Essay (Word) | 真なる指導者はタフネス はコメントを受け付けていません。

平和で自由が一番。

フランシスコ教皇のメッセージからは、聴いているだけで、じんわりと伝わってくるものがある。
どこまでも利他のために生きている方からのお言葉だから。


そして、純粋な力に人々は心揺さぶられる。世俗のさまざまな争いごとを本当の意味で、俯瞰しながら正しいこと、
真なるものが何であるかを伝えておられるのだと思う。


何を信仰していても、平和を求めることは人類共通の永遠の課題であり
希求すべきこと。
そして、自由も人間が人間らしく生きる上で、もっとも大切なこと。
不自由な時代にも信仰を続けてきた長崎の方に、教皇さまは思いを強く
されたことだろう。まず、長崎市の西坂で二十六聖人への祈りを捧げられたことがそのことを物語っている。

平和も自由も当たり前ではなくなってしまった。
現代に生きる日本人は、もっとそのことを意識しなければならない。
と、対岸でおきるさまざまなことを見ながら、改めてフランシスコさまのメッセージをありがたく受け留めたい。

カテゴリー: Essay (Word) | 平和で自由が一番。 はコメントを受け付けていません。

本日、岐阜新聞でミニコンサートです。

本日11月25日は今年最後の岐阜新聞でのミニコンサートです。

12時30分~13時 ぜひおいでください。

https://www.gifu-np.co.jp/info/lobby_concert/

カテゴリー: Info | 本日、岐阜新聞でミニコンサートです。 はコメントを受け付けていません。

精神的リーダーの存在と感謝

バチカンより、キリスト教の最高指導者、フランシスコ教皇が初来日。ローマ法王としては38年ぶりの来日で、信徒の方々はもちろんのこと、それ以外でも日本中が湧いている。
父と同じ年齢なのに、颯爽と飛行機に誰の手も借りることなく乗り込まれる姿を見て、本当にかっこよく、素敵だと思った。
南米大陸出身の法王は史上初。貧しい人やさまざまな弱き立場のに寄り添うその姿勢と行動が世界中で支持されている。
私も心から尊敬しており、その思いあまって、以前自作のザビエルの曲を入れたCDをお送りしたことがある。
なんだか、直接コミュニケーションしたい、直接お言葉をお聞きしたい、声をかけていただきたい人なのだ。
その人柄、優しさ、心の広さは、国も宗教を越えて、伝わってくる。

以前、ブエノスアイレスで修行された教会にも出向いたことがあった。

法王に就任されたときのブエノスアイレスの町での盛り上がりも現地で垣間見たことがあった。皆、心の支えとして、法王さんを慕っている。

長崎にまず行かれたことが素晴らしい。そして広島へ・・。
長崎は日本を代表するキリスト教が普及している町であるが、その困難の歴史は世界にも例を見ない・・。だから、世界遺産に登録された。
その町に、まず出向き、原爆や弾圧という苦難を乗り越え、生きてこられた現地の人々に直接発せられる言葉は、さぞかし、心に重く、優しく響くだろう。
一生のうちにお会いすることができない方に、人生の瞬間にお会いできることはその後の人生のお宝になるはずだ。

長崎に多くの人が集まってこられた。

私はその余韻が残る数日後、たずねる予定。

雨の中、大勢の人が集まった長崎、広島両市での祈り。被曝者への思いと平和への願いは、静かな感動とともに世界中に伝わったことだろう。

リーダーとは何か。人をより良き方向へ導ける存在のこと。

日本においでいただき、本当に光栄です。

今日のコンサートでは、その気持ちを演奏に託したい。

フランシスさまに連日のハードスケジュールが心配であるが、それこそ神さまが見守ってくださることを祈りつつ、、、。

カテゴリー: Essay (Word) | 精神的リーダーの存在と感謝 はコメントを受け付けていません。