観覧車を一緒に回してくれる人。

グラン・ルーは、パリで発想し、東京で生まれた。
この目に見えない仕事は、伝え方が難しい。デザイン力が重要だ。
心の観覧車をつくりたい、名前はLa Grande Roueという
フランス語(観覧車の意味)であるが、あえて「グラン・ルー」と呼びたい。
音的にそっちが柔らかくていいと思ったから・・。と、小さくとも、おかしな
こだわり。
パリで撮った観覧車の写真データをもとに、ロゴマークを作りたい。
色は紫と赤を基本に。
19年前にスタートしたグラン・ルーの基本デザインから、その後の全ての
コミュニケーションツールのデザインを担当してくださった、
有難いクリエイティブパートナー、Megumiさん。
会社員時代に出会っていたから、20年以上のおつきあい。
残業中の夜遅い時間に、事務所で名刺交換したような記憶が・・。
その後、脱サラして、さらにおつきあいが深まった。
わりとご近所でもあったので、深夜でも早朝でも打ち合わせに付き合い、何度も修正する
私のつまらないこだわりに耐えてくださった。
名刺からオリジナルカード、ホームページ、イベントチラシ、本、CD、、、。
デザインしていただいたツールはさまざま。グラン・ルーのものに限らず
ある時は台湾企業の、国内の会社などクライアント企業のツールデザインも
お手伝いいただいた・・。
仕事にならないような仕事もあり、本当に申し訳ないことも多かった・・。
それでも、嫌な顔をせず、つきあってくださった・・。

見えない私の思いを如何に伝えるかについて、一緒に考え、必要な
ときはデザイナーとしての見解を表明され、常に妥協のない仕事をされた。
わがライブにも、いろんなイベントにも顔を出し、激励いただいた。
そして・・・
いつしか、もうアラカン、アラフィフとお互い歳を重ねた。

このたび、ご多忙ななか、夜遅く、私の大好きなシャンパンを持って、
訪ねてくださった。

「初めて会ったのが、つい最近のようですね。」
「今尾さんは、東京にいても、いつもどっかへ行ってましたから、これからも
同じ感覚ですよ。」

複雑な気持ちでいる私を、そっと優しく包み込んでくれる言葉。
挨拶をし、帰る彼女の後ろ姿をずっと見ながら、あっという間の23年が
蘇った。

この方との出会いなしに、グラン・ルーは回り始めなかった。
そして、回り続けることもできなかったと言い切れる。

一緒に悩み、喜び、泣き笑った。
一緒に観覧車を回してくれた人。
いつも、私のことばかり聞いてもらっていたような気がする。

これから、新しくまた回り始める。ずっとセンス良く、こだわりを
大切にしながら・・。そうありたい。

これまでも、これからも・・。生涯のありがたいクリエティブ・パートナーに
心から感謝しながら、梅雨の合間の晴天に、さあ、出発。

カテゴリー: Essay (Word) | 観覧車を一緒に回してくれる人。 はコメントを受け付けていません。

朝の恒例行事を追加。

朝4時からの1日のはじまり。多少の誤差はあるにせよ、その時間が目安となり、
その日のブログをアップする前にか、必ず冷凍庫にある一口アイスをぱくり。
血糖値を瞬間上昇するのに最適な方法だ。
コーヒーのお湯を沸かしながら、原稿をアップし、世界のニュースを見ながら
その日の準備を整える。
ちょっと前までの恒例行事であった「おにぎり」づくりは、今は小休止だ。
その代わりなのか、新しい行事が加わった。
毎朝カンタンに続けていたヨガをやりながら、6時からNHKのEチャンネル
で始まる外国語の講座を楽しく見る。体も動かし、耳も目も動かすのはなかなか
いい朝トレ。
そして締めは、6時25分からのラジオ体操~いや、テレビ体操だ。
これを毎日続けるようになった。
腱鞘炎も腰痛も座骨神経痛とも付き合うためには、体をゆるやかに鍛えること。
という必要性もあるが、いやいやピアノの音色を聴きながら、体を動かすのは
とても気持ち良いのだ。
しかも、モデルになる専門家たちの締まった体と、背筋が伸びた姿勢を
お手本に体操するのはとてもいい。
小学校の時、そういえば全国大会に出た記憶があるな・・・なつかしい
ラジオ体操。今も不滅だ。
役者たちも稽古のときにはラジオ体操をするそうだが、これは本当に
よくできている。
気持ち良い朝を作る・・。ということで、また朝の恒例行事が増えて、
朝がどんどん満ち足りてくる。

カテゴリー: Essay (Word) | 朝の恒例行事を追加。 はコメントを受け付けていません。

カウントダウンで勢いづく?づけ?

何事もそうだ。
時間があると、余計なことを考え、迷い、なかなか選択、行動できない。
人から見れば、あってもなくても良いかもしれないものでも、
自分にとってお宝のような場合もあり、捨てられないモノがずっと
同居していたりする。
ほとんど忘れているのであるが、モノの整理をしはじめると
「ああ、こんなものもあったんだ~」
と、懐かしくなり、再び棚においたり、箱にしまったり・・。
それでも、もう判断しなければならない日が近づくと、
考えが変わる。
本当に要るか、要らないか。
とっておく価値が本当にあるかどうか。
ちょっと厳しい目で見直さねばならない。
そんなときは、ごみ袋をまず手にもって、勢いよく
判断していくと、躊躇なく捨てられてしまうものが多い。
ということは、なくても良かったもの。あるいは
もう心に刻んだもの。
人はゴールに向かうと、勢いづく。
あと何日、あと何時間、あと何分。
気が付けば全力で今すべきことに向かう。

カウントダウンをしながら、次への出発に向かう。
もう、行くしかない。
自分をときには追い込んでいく。
この何とも言えない緊張感。たまにはいい。

カテゴリー: Essay (Word) | カウントダウンで勢いづく?づけ? はコメントを受け付けていません。

「しっかり見よ!」と、プロフェッサー・ムーチョ。

先日登場した、語学熱心な中年男性。
「南米で会いましょう」とは、なかなか言えるものではない。
本当に勉強熱心なので、プロフェッサー・ムーチョと勝手に名づけることにした。
「昨日のブログのモデルになっていただきました」
とお知らせすると、またもやスペイン語で返事が来た。
コピペ翻訳なのかどうかは定かではないが、私も自動翻訳してから、
怪しい日本語で内容を想像しながら、再度辞書をひく。
「ブログ見ました。『白髪』となっているところは正しくありません」
というお返事のよう。??中年で、60代後半なので、一目見て
白髪はあってあたりまえ、ロマンスグレーであっても、白髪交じりの・・
と記載しても間違っていないはずなのに、あれ??
と、気になりながら、再び教室。
いつもどおりこのプロフェッサーの後ろに席をとる。
なんだか、やたら髪の色が気になる。
後姿しか見えていないが、まあ白髪はあるにはあるが、確かに白いより
黒いなあ~。
授業後、教室を出るプロフェサーを追いかけ、
「いやー、『白髪』って書いて失礼しました」
「これがとりえなんですよ。自分たちの年になると確かに・・・ですけどね。
うちのおやじも80代で亡くなりましたが、半分黒かったんですよ」
と説明された。確かに前から見たら黒髪だ。
なるほど、そうなんだ。人は、前からもよく見なければいけないし、年代で
瞬間のイメージで決めつけてはいけない。
「相手をもっとちゃんと見なさい」と言われた気がし、背筋が伸びた。
こんな会話を経て、このプロフェサー ムーチョとさらに会話が弾むように
なった。

ツアー旅行はまっぴら、旅はひとりに限る、元気なうちに遠いところから行く。
遠い海外から、近い海外、日本国内、そして最後は東京都内を楽しめばよい。
という構想らしい。
何かと共感できる、この紳士との出会い。

最後、またお会いしましょう。と握手をしてお別れ。
日本でもラテンな出会いはあるもんだ。

カテゴリー: Essay (Word) | 「しっかり見よ!」と、プロフェッサー・ムーチョ。 はコメントを受け付けていません。

やっと約束を果たせた、日本海の宿訪問。

「必ず行きます」と、4年以上前から約束していた宿。
海が見える、魚が美味しいと、自慢気に明るく語るそこで
働くスタッフの熱心さにその企業をいつの間にか応援していた。
そして、そこの社長さんにもお会いして、社員たちがあこがれる社長とは
こういう人のことだ~と改めてその会社を好きになった。

そして、上越での初ライブでのお料理のケータリングも担当して
いただき、会社を挙げて応援していただいた。
その旗振り役であったそこの社長は、その楽しいライブイベントの
後まもなく、富士山で亡くなってしまった。
約束していたのに、行く前に社長が亡くなるとは信じられない
気持ちで1年半が過ぎた。
そして、やっとやっと、今回伺うことができた。

明るく迎えてくれたホテル・レストランのスタッフのみなさん。
社長がお元気なときに、いろいろ仕込まれた、おもてなしの工夫が
今も受け継がれているように感じる。
社員たちが、今もなき社長を心の師と仰ぎ、教えを守り、がんばって
いるような気がした。
「青木さん、やっと伺うことができました。遅くなってすみません。」
エントランスに入って、レストランの料理を前に、スタッフの笑顔から、
そして窓から見える日本海に向かって・・。すべての瞬間に、亡き
社長の存在を感じる。
この海の景色を見ながら、大好きな山のことも思っていたのかな。
ひとり、静かな日本海に向かって、亡き社長に感謝の祈りを捧げる。
夕日はまぶしかったのに、朝は静かだ。
日本海の海の朝が好きだ。

カテゴリー: Essay (Word) | やっと約束を果たせた、日本海の宿訪問。 はコメントを受け付けていません。

どこまで本気で顧客目線?で差が出る。

新潟県内を毎日、違う宿で泊まるという週末。
日常の出張であれば、同じ宿を拠点に過ごす方が便利であるが、
今回はどんどん移動していくため、毎日違う宿。
新潟、佐渡、十日町、上越。
ビジネスホテル、政府登録観光旅館、リゾートホテル・・・とそれぞれ
業態が異なるが、いずれも宿泊、食事サービスを提供する。
普段の出張は食事は適当に済ませるが、今回は食事付きという施設も
多く、その施設の力量が全体的に見えてくる。

あるところは、とことんコスパにこだわり、無駄がない。でも、それが
わかっているから、余計な期待もないし、気軽で良い。なんといっても
設備が清潔でスタッフが親切というのが良い。
必要な化粧品をもってくるのを忘れたので、フロントでたずねたら、
「私たちが使っているのをお貸ししましょうか?」
と接客マニュアルには絶対載っていないことを言ってくれる。

あるところは、過去には皇族もお泊りになったようである、老舗旅館。
団体客がバスごと訪れる大型の旅館。
いい時代を過ぎた後、経営にも苦労されていることが部屋に入ったとたん
にわかってしまう。
汚いスリッパ、浴室・・。お金をかけなくてもできる日常の手入れを
怠っている。
なんといっても、布団のシーツを毎日交換していないような・・・匂い。
おかげで夜は眠れず・・・。不満な朝を迎えることになる。
食事は地元の良い食材を使っているようではあるが、
なぜか美味しいと感じない。食材をもってこの町をもっとアピール
すればいいのに。
せっかくの仲居さんの説明がない。
淡々と料理を、運んでくるだけ。笑顔もなければ、質問をすると、
適当にあしらわれる。聞いてはいけないお店なのか・・。
旅の客は、会話も楽しみたいはずなのに。
飲み比べの商品も、説明文を添えて、テーブルにおくだけという
お粗末な接客。
せめて、「このお酒は、どこどこの・・・」ぐらい言えるだろうに。
食事のあとに、施設内のバーでの二次会をすすめたり、
とにかくお金をおとす誘導が優先・・。
接待で潤った、おじさま相手の時代は去ったのに、ここは
時計が止まったような感じだ。
現代のお客が喜ぶサービスとは?についての意識がなさそうな・・。
いずれ、ここは淘汰されてしまわないか・・。
と心配しながら、自分ももう来ないと思ってしまった。

あるところは、この何年かで経営者が代わり、再生された
高原リゾートホテル。
最近では東京から、新潟からの送迎バスも整え、県内外から
多くの客を集めている。リピーターがとても多いのが特徴だ。
ここでは、さりげない楽しいコミュニケーションが心にくい。
家族全員がそれぞれ楽しめるアトラクションの企画を次々
連発し、話題性も豊富だ。
最近では併設のゴルフ場を夜に周って高原に住む生き物
を発見する企画など行っているが、企画の目線がちょっと
面白い。
一番驚いたのは、大浴場の「シャンプー・バー」。
10種類ほどのシャンプー・リンスのセットがおいてあり、
どれでも好きなものを使えるように、小さなカップが
置いてある、シャンプーが選べるお風呂とは初めて見た、
部屋もきれいで、安心して休むことができる。
値段もお手軽。
高級ではないが、何かと気が利いている。

などなど、毎日違う宿をおとずれ、違うもてなしを受けながら
様々な経験を通して、言葉は古いが、勝ち組負け組の存在を
肌身で感じる。
どこまで、本気でお客さんが喜ぶかを常に考え、行動できるか。

どんな仕事も、やっぱり相手目線が一番だ。
「また行こう」と思うかどうかは、ここにかかっていると思う。

カテゴリー: Essay (Word) | どこまで本気で顧客目線?で差が出る。 はコメントを受け付けていません。

自分を変える、自分に合ったメソッド。

自分の周りには、がんばりやさんの若手経営者たちがいる。
ある人は、忙しくも平日仕事の合間にカラダを鍛えながら、
各地で開催されるトライアスロンに出場。この週末は知多半島での
大会に参加とのこと。
走って、泳いで、自転車乗って・・・の長距離レース。
私にはとても真似ができないが、彼はもう数年以上、
挑戦し続けている。時には仲間を誘い、一緒に戦っている。
戦うのは、自分。
自分の弱さと戦うのだそうだ。
完走することがいかに大変か。でも、それをやり抜いた
ときの爽快感、達成感は絶大だろう。
毎回毎回、この自分との戦いを繰り返し、その人はどんどん
強い人間になっていく。この半端ない苦しみを思えば
日常のしんどさなんてなんのその・・・。ということなのだろう。
佐渡生まれの人だから、トライアスロンが身近であったかも
しれないが、彼にはそれが自分を変える、自分をつくる
いい修行になっているようだ。

一方、違う経営者は、最近、自分のブログを新たに作り始めた。
自分の専門領域での情報提供のページだ。
会社がどのように変化していっても、その会社の社長としての
自分ではなく、個人の自分として
発信し続ける行動を起こし、その記録・履歴を自分の財産に
したいと思ったのだそうだ。
事業拡大を目指すのも良いが、親から受け継いだ事業をうまく
納めつつ、自分のしたい道を作ろうと動き始めている。
その地道な挑戦に好感を抱く。

いずれも、みんな、それぞれ自分との戦いだ。
どの方法で戦うと、自分がより成長できるのか。
私も、トライアスロン「級」の挑戦が、そろそろ必要か?

とにかく自分に合った方法をみつけ、
自分を磨き続ける生き方は、とても良い。

弟のような経営者たちの奮闘ぶりに敬意を表しながら
ずっと応援していきたい。

カテゴリー: Essay (Word) | 自分を変える、自分に合ったメソッド。 はコメントを受け付けていません。

不安定な自分を、夢追い人に変える東京ナイト

ある人と、やっとゆっくり話をする機会を得ることができた。
その人は、役者さん。ご縁あって、一緒に仕事をし、お近づきに
なった。初めてその人の生い立ち、芝居にかける意気込みなど
聞かせてもらう。
どうやら、地方から東京へ出てきて約1年。
京都から出てこられたというのも、何かの縁と思わせてくれた人。

その彼女、
「やったるで~」と思って東京へ出てきて、志半ばの日々、
最近は、どうも心が安定しない、本人いわくおちっぱなし・・
だそうだ。

「ふーん。不安定なんや。」
私はその言葉にひっかかりを感じた。
「でもさあ。みんな、最初から不安定なまま生まれてきて、
生きている間、基本は不安定なんじゃないかな。
不安定が当たり前と思えば、別にそんなことは苦しくないと
思うけど。安定を求めるから、不安定がつらいかもしれないけど、
もし、安定しても、また不安に思うよね。
地震が来るかもしれないし、事故に遭うかもしれないし、
生きるということは、基本、不安定と思っておいた方が
気が楽じゃないかと思うけど・・」
と話し始めると、彼女の目の色が変わった(ように感じた)。
「そうか、みんな不安定か。そう、そうやね!」

私は彼女にいろいろ話しながら、時々
「これは、あなたに言いながら、自分にも言い聞かせているよ」
と確認のように言う。
そう、自分だって、何か不安定な状態、心持のときは、しんどい。
そんなときもないわけではない。
でも、基本、何も保障されているわけでなく、世間と向かい合って
生身で生きていく・・それが人生よ。と開き直ってしまえば
気持ちも楽になる。と時々開き直るようににもしている。

だから、今ここにいることに感謝して、楽しくほどよく
頑張るのが良い。
「だって、好きで東京に出てきたんだからね」

彼女との会話は、不安定から夢に向かった。
「夢に向かってやらねばならないこと、やりたいことを100個
挙げて、それをひとつづつやろうよ」
役者での成功を目指す彼女の目は次第にきらきらして、
いつの間にかメモをとっていた。

人生は不安定だから面白いのだ。その面白さを私は彼女に
演じてほしい。
がんばって!私も頑張るから。
一緒におもろいこと、やろうね。
にこにこしながら、一緒に歌舞伎町から電車に乗って帰った。
京都から東京へ出てきた時代を思い出しながら、
心から彼女を応援し、一緒にがんばろうと思った夜、
まさに東京らしい時間となった。

カテゴリー: Essay (Word) | 不安定な自分を、夢追い人に変える東京ナイト はコメントを受け付けていません。

通った道、歩いた階段、持った荷物と我が東京時間。

最近、この23年間通った道を歩きながら、いろんなことを
思い出す。
とくに何気なく、毎日乗ってきた地下鉄と利用駅。
一番の馴染みは東西線の神楽坂駅。

最近は、これまで何とも感じなかったことにも、懐かしみや
愛おしみや・・・いろいろ思い、感情がじんわりとこみ上げる。
駅の看板、電車の音、ラッシュアワーの人の波・・。
最寄りのこの駅は、都内の、国内の、世界のどこに行くにも
大変便利な駅だと思ってきた。
駅から近い住まいを選び、どんな出張でもタクシーを
できる限り使わなくて良いようにしてきた。

確かに便利な駅。
でも、でも、この駅にはエスカレータもエレベータも
ついておらず、あるのは急な階段のみ。
やっと2~3年前に、車いす専用の補助具は設置されたが
わが出張の荷物持ちを軽減してくれるものではなく、
混雑する朝の出勤時も、疲れ果てて戻ってくる出張帰りの
シンデレラ状態のときも、いつも荷物を
「えいっ」といって、気合いを入れ、持ち上げ運んだ。

この23年間、この階段を何万回、利用しただろう。
その間、
「もってあげましょうか」
と手を差し伸べてくれた紳士が2名。うち1名は海外の方。
みんな、それどころじゃない、急な階段だ。
あるときは、スリに襲われ、泣いていた人に出くわし
その人にハンカチとお金を貸し、あとでお礼が
届いたこともあった・・・
などなど、駅ひとつとっても、なんだか思い出が詰まって
いる。
同じに駅に降り、同じ駅で乗り・・・すれ違った人の数は
いかほどだったか・・。
この階段のステップを踏む人、それぞれにも違う人生があるのだ
と思うと、感慨深くもなる。

この階段を重い荷物をもって移動するという試練・
修行の日々もそろそろカウントダウン。
と思うと、階段一段一段にも、なぜか思いがこもってしまうものだ。
よく転ばずに怪我をしないでこられたな。
よくあんなに思いものを連日運んだな。
さすがに腱鞘炎と腰痛は神楽坂時間と比例する・・。

始発の新幹線にも間に合うように、最終の新幹線の後にも
動いている地下鉄。
おかげさまで、心置きなく移動した。
飛行機だけでなく、この駅から始まった移動の
距離はミリオンマイルかもしれない。

東京はグレイト、そして東京は腰痛のもと、
でも、東京は、今やわが第二のふるさと。

カテゴリー: Essay (Word) | 通った道、歩いた階段、持った荷物と我が東京時間。 はコメントを受け付けていません。

勉強熱心な愉快なジェントルマンとの出会い。

今、通うある外国語の講座。
マダムのサロンかカルチャーセンターのような空気はなじめないが、
大学の講座となると、来られる方も多様で興味深い。
たった3か月の講座。十数名のクラスであるが、不思議と毎回座る席が
固定化される。私はなぜか右後ろがお気に入りだ。
そして、その前がいつのまにか指定席になっているおじさま。
白髪頭の、学者風な風貌が興味をそそられる。
そして、授業の合間にふとしたきっかけで、こっそり名刺交換。
なんとそのジェントルマンは原子力関係の研究者であることを知り、
こういう違う業界の方と出会えるのは、学校のおかげと貴重な
縁に感謝。
講義日程がまもなく終了する前に、この人がどんな人なのかもっと
知りたいと思った。
いただいた名刺に、「今度、授業終わったあと、お時間あれば
30分ぐらいお話しませんか?」
とメールする。すると、なんとまあ、今まさに習っている言語での
返信。すごい、習いたてなのに、さっそくその言葉で返事をされる
とは、やっぱり研究者だ、勉強熱心なんだ。
私はそのメールに感心し、でもその言葉を間違ってもWEBで簡単に
翻訳してはならぬ、と一語一語辞書を引きながらその文面の意味を
追いかけた。
「ふむ?なんかわからない文脈だ、これ合っているんかな」
できれば、こちらもその外国語で返信したいと思うが故、
いただいた文章の解釈にうーん。悩んでいてもしょうがないので、
そのWEB翻訳にコピペでお世話になる。瞬時に訳されたその文章は
やっぱり意味不明だ。
返事に困っていたら、ご本人から再びメール。今度は日本語の文面。
「先日お送りしたメールは、わけわからん内容でした。正しくは・・
・・・・です」との内容。
あ、理解できていなかったのは、こっちの不勉強だけでじゃなかった・・・と安堵。

そして、先日の授業の後、大学構内のカフェでお茶をする。
たった3~40分の会話であったが、とても興味深い話題であった。
定年後、現職時代の仕事を違う形でサポートされ、また全国で
技術者育成のための研修をされ、その一方、ひとりで中南米へ
旅したいと、NHK視聴覚学習に飽き足らず、母校の講座を受講。
学生時代を懐かしみながら、わが子の自立を安堵しながら、
ほっとコーヒーを飲み干す姿が印象的。
広島出身で、おじいさまが原爆で亡くなり、建設業をされていた
お父様が、なんと原爆ドームの修復保存にかかわっておられた
話をお聞きし、その生い立ちが原子力研究につながった・・・。
などなど、他ではなかなか出会えない新たな縁が生まれた。

私の生い立ち、なぜ今、外国語なのかなども尋ねられ、
ザビエル、ブエノスアイレスの話題には、大笑いしながら
興味をもたれた様子。
「おもしれえなあ」
「今度、アルゼンチンいくとき、教えてくださいよ」
と、きさくで、ノリも良い。

いくつになっても学ぼうとする人が好きだ。
いくつになっても、わが道をいこうとする人が好きだ。

意外なところで、不思議なアミーゴに出会う。

自分の知らない世界に導いてくれるよき縁を
これからも見つける、心の旅を楽しみたい。

カテゴリー: Essay (Word) | 勉強熱心な愉快なジェントルマンとの出会い。 はコメントを受け付けていません。