「me too」より、「I」。

なんだか、最近、世の中で「me too」なる言葉が蔓延している。
普段の会話などでちょっと冗談っぽく使いたくても、
違う意味で捉えらるとか、流行りの言葉として
使っていると思われるのは、本意ではないので、
言葉というのは難しい。

拡散社会ならではのこのキーワード、個人的にはあまり馴染まない。

「私も」という同意、共感の意味であるが、なんだかそれが塊になると
「私も私も私も・・・」という感じになって、ちょっと怖い。
集団の圧力、抵抗、反対運動のような空気を感じる、もちろんここの
ところの動きは、それが狙いでの拡散ということであろうが。

この言葉を連発し、連なって行動を興す。
昔のウーマンリブ運動のようなものが、SNSのチカラを得て、さらに
拡散され、広まっている。

男女差別やハラスメントというのは、「被」なる立場にしかわからない
問題、被害であろう。その抵抗の仕方、解決の仕方は人それぞれだが、
一人では言えないから、集団で。
という考え方はわかる。

一方、なんでもme too が先行、優先なる社会になっていくのはちょっと
考えてしまう。

私自身は、「私も」よりも、「私は」を優先したい。
人の後ではなく、自分で考え、行動したい。
また性を越えて、いろんな異なる人との交流を大切にし、
訴えるのではなく、対決するのではなく、団体の力づくではなく
自分でカラダを張って、相手と交流しながら自分で解決したい。

だから、「me too」ではなく、どこまでも「I」を追求したい。

オンナでよかったこともたくさんある。
権利だけ主張するのは違う。
男性社会といわれた中で、道を開いてきた女性たちを
心から尊敬する。

今は女性にとって恵まれた社会であるという一面もある。
男性も女性も対立せず、お互いの強み、いいところを活かして
共生できればいい。
この考えには、まさに「me too」だ。

カテゴリー: Essay (Word) パーマリンク