伝説の歌姫との約束。


先日、当時の映像を、歌声を久しぶりに特集番組で見て、
彼女はどんな思いで台湾から香港へ、
日本へ、その後パリへ・・・と移り、
生きたのだろうかと思い、その短くも濃厚な人生をしのんだ。

と同時に、15年以上前から、台湾とのご縁をいただくたびに会いに行っていた彼女のお墓に
どうしても行きたくなり、今回、たまった用事と絡めていくことを瞬時決定、台湾へ飛び、
実行の運びとなった。

2年ぶりか、いやもっと経つだろうか。
おそらく10回近くは、訪ねてきている 台湾の北端、金宝山という高台にある、高級墓地。
そのなかにテレサテンのお墓があり、近年は、記念公園としてキレイに整備され、
毎日かどうかはわからないが、彼女の歌声が流れている。

55歳になる今年。
20代の頃から、彼女の歌が大好きで、自分の青春を重ねて生きていたこと、
その後、突然の死を知った時の衝撃、
30代後半に台湾や香港へ仕事で通うようになったこと、
何かあると、ここへ来ていたこと・・・・
さまざまな思い出が次々と蘇ってきた。

亡くなって20年経っても
今なお世界中に多くのファンを魅了し続ける人生。
そして、美しい歌声の奥底にあった芯の強さ、自立心。

彼女はきっと苦しい人生だったと思う。
しかし、亡くなっても皆が彼女を愛している。
この山頂にあるお墓に、毎日掃除にやってきて
掃除を続けるファンもいるという。

その生き様は伝説になりつつあるが、これからも
彼女のお墓に足を運ぶ人はなくならないはず。
少なくとも、私はまたやってくる。

もっと突き抜けよ、もっとはばたけと
背中を押してくれている伝説の歌姫・・
よし、あなたを見習って、突き進む。
台湾へのお返しもする。
そんな約束をする。

そして、墓地前に流れる彼女の歌声に
包まれて
手を合わせる。

自然と涙があふれてきた。

カテゴリー: Essay (Word) パーマリンク