ジャーナリスティックに生きるということ

同じ文章を書く、言葉を話すにしても、
仕事だから書く、言葉を話すという人がいる。

仕事といっても、いろんな見方がある。
お金になるから書く、話すという人がいる。
伝えることが仕事だから、書く、話すという人がいる。

たとえば報道という仕事、発信という仕事は、
お金になるから・・・だけでは本当にいい仕事にならない。

その点は芸術と同じかもしれない。

書くことで、描くことで世の中に伝えるべきことを伝える。
伝わるために行動する。

結果、それで生活していけなければ、仕事として
長つづきすることは、難しいが、

まずは、書かずにいられない、というのが本当の
ジャーナリストの仕事で
表現せずにいられない。、というのが芸術家の仕事だ
と思う。

無償であっても、新たな挑戦をするジャーナリスト
たちの行動に共感し、敬意を表したい。

安定の上に、いいジャーナルはない。

と、最近注目しているジャーナリストの新たな活動に
期待したい。
書かずにいられない、行動せずにいられない。
そんな行動を見習いたい。

メディアが混迷を極める今日だからこそ、
真のジャーナリストたちの出番だ。
こういう生き方、こういう仕事観が
いい。

新聞社やテレビ局ではたらいているから
ジャーナリスト・・とは限らない。
どこにいるかではなく、
何をしようとし、何をしているか、
そしてどこへ向かっているか・・・
が大切だ。

これからも、ジャーナリストという生き方
仕事ざまを注視していきたい。

カテゴリー: Essay (Word) パーマリンク