この日になると思い出す、あの歌アゲイン

ひなまつりが終わった。
といっても、室内にちょっと小さな小物を飾っただけ、
年始に買って飾った梅も葉っぱだけ育って、花をつけないまま・・・
と、とくに特段のまつり気分もなかったが、先日、たまたま、城下町でひな人形を
ずらり見物できたから、十分。

毎年3月3日になると思い出すのが、
「あかりをつけましょ、ぼんぼりに・・・」のあのお歌。
幼稚園のときに初めて歌った。なぜか幼稚園のステージで
合唱した記憶がある。
その歌を、私は学生時代、替え歌にして歌っていたようだ。
「あかりをつけましょ、しょんぼりに・・」

たったこの1フレーズで当時親しくしていた人に
大変喜ばれた。

われながら、いい替え歌だと思ったが、そのことよりも、
そのことを喜んでくれた知人の喜びようが、
今も忘れられず。

だから、ひなまつりというと、
「あかりをつけましょ、しょんぼりに・・・」
と卒豪後、30年経っても、ひとり口ずさんでいる。

歌や言葉で人が笑ったり、元気になるのが
あの頃から好きだった・・。

カテゴリー: Essay (Word) パーマリンク