とびきりB級モーニング。

朝のスタート。
人それぞれ、エンジンのかけ方は異なる。

私は2時起きから5時起きまで日々変化に富む毎日であるが、
朝の過ごし方には、一応のルールがある。

まず、目覚ましはなし。体内時計で自然に目覚める。
予定の時間より早く目覚め、何度かうとうとしながら、決めた時間に起き上がる。
睡眠の負債には気を付けないといけないので、最近はその分、早く休むように
している。

さて、目覚めたあとは、一口アイス、一口冷凍バナナで血糖値を
上げる。そのあと、ゆったりと
香りよい、好みのBlendのコーヒーにミルクを注いでいただく。
出張以外はこの流れが定番の、自分流Breakfast。
そして、Blogを更新。

5時からはワールドニュースか、クラシックのチャンネル。
前も書いたが、朝の音楽はとてもよく、クラシックは本当に目覚めに聴く。
その良さに気づき、最近はニュースより音楽を選択する日が多い。

そして、最近気づいたのは、音楽のジャンルによる心地よさの違い。
イタリア歌曲やオペラといった情念の表現は朝には不向きだ。
できれば、ドイツ系のBeethoven やBrams、Bachなどの
管弦楽やピアノ曲が最高に良いのだ。
無言で大きな世界が開かれるという感じが、1日の幕開けにふさわしい。

そう、朝はドイツの3Bがおすすめ。
そして、ジャンル的にはBaroqueがお似合いだ。
静かに開放される感覚を得ながら、思考回路が開いてくる感じだ。

ふと、ある知り合いのタクシードライバーが朝昼夜と、BGMを変えると聞き、
朝はクラシックですよ。と言われたことを思い出す。

ふと、このように書き連ねてみると、私の快適な朝にはたくさんの
Bが存在する。

朝こそ、朝からとびきりのB級で、A級の1日を始めるが気に入っている。

カテゴリー: Essay (Word) パーマリンク