街頭募金への協力

各地の駅周辺で、募金活動をよくみかける。
いろんな団体、いろんな活動、いろんな募金。
大人から、子供たちから、外国人から・・。
すべての活動に財布を開くことは難しい。
本当に真面目に取り組まれているものであるかどうかを
つい考えてしまう・・という自分自身も、疑い深いのかもしれないが
知らないことに、すぐその場でお金を払うということには臆病になる。
また、ユニセフと言われても、定期的に寄付をしましょうという話になり、
その巧みな説明にもちょっとたじろいでしまう・・・。
が、このネット社会の世の中になっても、街頭募金はなくならない。
やっぱり効果があるのだろう。

今回、名古屋駅の前で、アフリカ人らしき人たちが募金の呼びかけを
しているその前を通った。
自分の国に学校を作りたいという内容であったようだ。
つたない日本語で一生懸命話していた。
しかし、そのときは、そのまま通り過ぎた。
そして、用事を済ませて、30分後にまた通ったら、一生懸命に
呼びかけ続けており、その声と言葉には、信ぴょう性と真剣さを
素直に感じることができ、さらに、
今、自分は今晩食べたいものを買ってきた・・・なんか贅沢な
ことをしているような、申し訳ないような気持ちになり、
通り過ぎてから、戻ってワンコインではあるが、箱に入れた。
すると、その呼びかけをしていた若者たちがいい笑顔をして
「ありがとうございます!!!」
と返してくれた。
きっとこのお金は、いいことに使われるだろう。
そう思った。

いつもいつも何でも寄付をすることはしないが、
できるところ、したいと思うときは、できる範囲で
していこう。

お隣アメリカは寄付の国だとよくいわれるが、
わが日本はどうなんだろう。

一生懸命取り組んでいる人のことは、応援しなければ。
なかなか街角での判断は難しいのだけれど・・。

カテゴリー: Essay (Word) パーマリンク