今年と来年の間に思うこと

今年いっぱい、ぎりぎりまで今年の課題を果たそうと思っている。
が、実はその課題には、まだ取り掛かれていない。
これからやろうというのだから、自分ながら大丈夫?と思うが
まだ一週間以上あるから、大丈夫だと勝手に思っている。
なんとなく浮足立つこの季節ではあるが、
年末という特別な期間があるのではなく、最後の1日まで今年であり、
その翌日にも人生は続いていくので、
歩みを止めない方が良い。と思っているだけだ。
歩みを止めると、再び動き出すのがつらかったりもする。
だから、できる限り同じペースで行きたい。
むしろ、世間が止まるときこそ、静かにゆっくりできることも多い。
この贅沢な時間を大切にせねばと思う。

といいつつ、頭の中では、来年のことも同時に考える。
来年のテーマは、もう決めた。
グラン・ルー20周年になる。ある人が「成人ですね」と
言ってくれた。
二十歳になったら、あれをしよう。これもできる・・なんて
昔そんなことも言われたが、社会人・仕事人としての二十歳は
責任を果たす段階であると考える。
だから、
それにふさわしい、精一杯の充実した1年にしたいと思っている。

今から取り組む
テーマだけでなく、ストーリーも描いておこう。
このために、これをするために、こうするからああなって、
ああなった後は、こうして・・・。そして1年を結ぶ。
目標は、そのストーリーどおりになるように、進むことだ。
ワクワクしながら、未知の世界を切り開き、社会に役立つ20歳に
なりたいと思う。
と思いつつ、まだ9日もある2017年をしっかり生き抜かねば。

カテゴリー: Essay (Word) パーマリンク