ネット利用は警戒的自己責任で。

ネット通販は大変便利だ。
必要なもの、欲しいものがすぐ手に入る。
宅配業界を窮地に追い込むほどの、すごい影響力。
恐るべし存在だ。
私も日々、お世話になっている。
とくに重いもの、かさばるものの購入には、最適だと思う一方、
そんな注文のときには、宅配担当のお兄さんに、申し訳ないと
思う。(ほとんど毎日だが・・)

その便利なネット通販会社は、モノ以外のサービスも充実している。
たとえば、電子書籍の読み放題、送料無料などいろいろ特典のある
会員サービス。これも立派な商品だ。
つい便利と思ってクリックしてしまうと、会費を毎年請求されたり
もっと困るのは毎月請求が来たりするという点だ。

今回もカード会社の請求明細を見て、首をかしげるような
見覚えのない請求があった。
これこそ、そのサービス利用の更新代である。
このことは、お客側がしっかりしていないといけない。
最初無料で、しばらくすると有料になるサービスなどはとくにそうだ。
自分で手続きをするのを、忘れてしまうからだ。
仕掛ける側にすれば、忘れてもらった方が良い、自動更新が一番
ありがたいはずだ。
毎月課金…これには気を付けたい。
クレームを言いたくとも、すぐに連絡したくとも
なかなか電話ですぐに・・・というしくみにはなっていないのが
この業界でもある。

いずれにせよ、警戒しながら利用するということも大切だ。
よく調べて、安心して使うのが良さそうだ。
そして何かあったらすぐその窓口に連絡する。
そんな対応についても、知らない人がネット上で教えてくれたり
もする。
いやはや便利すぎる世の中。
便利の裏には???
本当によく考えてあるしくみだから、落とし穴には
気を付けよう。
相手が悪いのではなく、自分がしっかりするしかない。
兎にも角にも、何事も自己責任で。

カテゴリー: Essay (Word) パーマリンク