作品に込める本当の意味。

最近、昭和の歌謡曲は本当に素晴らしいと思う。
たまに見る歌謡ショーでは、思わず手を止める懐かしの名曲に出会え、
社会や変化や歴史を感じ、胸が熱くなることもしばしば。

子供だった当時、深い意味がわからないまま口ずさんでいたが
今改めて聞いてみると・・こういう意味だったのか・・としみじみ感動することも
多い。
記憶するときは、メロディで覚えていることが多いが、深く感動するには
やはり歌詞だ。
いい歌詞の曲が最終的には、名曲ということになるだろう。

40年ほど前、弘田三枝子という歌手がいた。
彼女が歌った「人形の家」という大ヒット曲があった。
子供の頃からも とても好きで、憧れもあった。
ほんとうに人形のような容姿で、カンツォーネのような歌い方。
聴く人の心を離さない。
この曲を、作詞家なかにし礼の自伝番組で久しぶりに聴き、
思わず手が止まり、釘付けになった。

いい曲だ、なんという情念の、愛の・・曲。いつか機会があったら
挑戦したい・・とその名曲に酔いしれていたら、
その曲の解説を作詞家本人が語った。

なんと、これは男に捨てられた女の愛の、情念の歌ではなく、
戦中、お国のために命をかけて戦ったにもかかわらず、
戦後、中国からの引き上げを許されなかった人の、国に捨てられた人たちの
哀しみを歌った曲だと知って、大変ショックを受けた。

一見、この曲は愛の曲だと思う。ほとんどの人がそう思うはずだ。
しかし、作詞家は自らの戦後の悲しみ体験を思って書いたとのこと。
一曲の制作意図には、「実は・・・」という思いがあるのだ。
露骨に、直接的に言えないこと、言ってはならないことを
このように表現する・・・。凄いなと感心した。
その曲が流行れば流行るほど、哀しみが増していたはずだ・・。
ご本人はどんな思いで書き、聴いていたのかと思うと心が
震える。

改めてこの名曲をしっかり味わい、いつか演奏してみようと思う。

それにしても、なかにし礼は、素晴らしい。
言葉を音楽にのせて表現する仕事。やっぱりあこがれる。

一曲に、いろんな思いを込めることができる。
よく生きていないと、それもできないはずだ。

カテゴリー: Essay (Word) パーマリンク