ザビエルとファドと、ワインの縁。

先日書いた、ワインのネットショップの話。
そのお店が今月で長期休業に入ると知り、これもひとつの
節目と思い、店の近くまで店主に会いに出かけた。
自宅でネットショップをされており、実店舗はないようなので
最寄りの駅近くのカフェで待ち合わせ。
会ったことがない、メールだけでやりとりして何年・・・ではあるが
ホームページを見てもらい、顔も出ていますと伝えていたせいか、
すぐにわかった。
それから1時間ほど、話した。
ネットというツールがあるからこそ、知り合った。
そして店主はもともとワインが好きで、勉強してから独立し
ネットショップを開店、もう7年やってこられたというが
一人でやってこられたとは、大したものだ。

その間、ご自身がポルトガルへ出かけた際に出会ったあるワインが
気に入って、それも取り扱い始めた。
そのワインこそが、偶然にも私自身もリスボンでそれに出会い、大変気に入った
ものだった。

その1本のポルトガルワインがきっかけで、店と、その店主と
知り合い、お会いしたとき、なぜか初めて会った気がしなかった
のも不思議であった。

彼女は長年の利用のお礼といい、その出会いのワインを持参
し、プレゼントしてくれた。
あまりにその気持ちがうれしく、リスボンで創ったフランシスコ
ザビエルの曲や、ファド風の曲を入れたセカンドアルバムを
彼女に贈った。
いずれも、ポルトガルつながりだ。

またいつか、できれば、早いうちにお店が再開されることを
願っている。

それにしても、たった1本のワインから生まれる出会いがある
ことに感動を覚える。

素敵な店主に会ったあと。店じまいまでに
もう一度、注文しておこうと思った。
少しでも応援したい、改めて思ったのだ。

注文した最後の商品とともに、バラの便箋に書かれた
きれいな文字の手紙が同封されていた。
先日お会いしたときの、透明感のある素敵なその店主の顔が
浮かんだ。

これも、ザビエルがくれたご縁だと思う。
再開、再会を楽しみにしている。

カテゴリー: Essay (Word) パーマリンク