明日と今を見る、遠近両眼で。

生きていく以上は、とにかく未来に向かって進まなければならない。立ち止まっても、時計は時を刻む。また、後ろを振り返っても、そちらへ進むことはできない。人生は、ワンウェイの道。だから、前に進むしかない。

前に進む時、足元だけを見ていると、前が見えない。どっちへ進んでいいかも見えない。早く進めない。

前だけ見ていると、足元が不安定だ。ころんだら怪我をする。
だから、常に、目を前と、足元の両方に向けていないといけない。

今と先、先と今。
両方同時に見ることは、実は可能だ。先は心と頭の目で見るのだ。
近視眼的に、自分本位にならないためにも、遠近両眼で見ることを心がけたい。


カテゴリー: Essay (Word) パーマリンク