心の観覧車増設計画!稼働の夏

おかげさまで、新しい企業や団体、グループとの出会いが続く。初めての出会いはどきどきするけれど、ひとたび出会えば、そこに刺激、感動、共感があり、そして学び、それを生かして、行動し、さらに気づき改善することで、人は変わり始める。ひとりひとりが変わり始める、生き生きしはじめる。そんな人が増えると企業や組織、グループ自体が楽しく、くるくる回り始める。
それを目指して、皆さんと関わる。この20年間、そのように生きてきた。

最初、「グラン・ルー?」と半信半疑な様子でおられる人も、ひとたび、心の観覧車に乗り始めると、みんないきいき、わくわくされていることがよくわかる。そして、前向きでアクティブになっていかれる。

令和になっても、やっぱりグラン・ルーの発想、視点は必要だ。

心の観覧車の存在を、出会う人、組織にどんどん伝え、仕掛けていこう。
なんだか知らないうちに、乗ってしまう人、いつの間にか、すごく近くに歩み寄ってくれる人・・・いろんな、新たな変化を今、感じている。

心の観覧車を世の中にもっともっと創る。今の時代だからこそ、とても必要だ。

志ある人たちと、この観覧車をいろんなところに、増設し続ける。
元気な会社、元気な家族、シアワセな人たち・・どんどん増やしていきたい。
それが私にとっても、最高の幸せ。

なんだか忙しい夏になりそうだ。

カテゴリー: Essay (Word) パーマリンク