兄弟たちの成長とともに。

20年ご無沙汰していた企業。30年以上前にお世話になった会社とのご縁が復活、ここのところ、毎日のように連絡を取り合うようになってきた。

一度、離れた会社なのに、やはり長くお世話になってきたからか、変わらぬ社風にも自然と入り込むことができ、ずっとそこで働き続けている当時の先輩、後輩たちとも、あたかもずっと一緒に仕事をしてきたような感覚でやりとりができる。とても不思議であるが、相手がどんな人か?を知っているというのは、コミュニケーションをする上でとても重要だ。

四半世紀前に初々しく入社した後輩たちが、今は40代後半から50歳と、立派な幹部になっている。そんな彼らと今やりとりをしていると、成長したな、変わらないな。あ、こういう性格だったんだ、相変わらず真面目だな・・、いや、やっぱり成長したな・・と見守ること自体楽しく、今と昔を比較しながら、自分のいなかった空白の20年間の時間の長さを感じる。
再び先輩たちに見守られ、後輩たちと一緒に仕事ができるこの環境は本当にありがたいと思う今日このごろ。

おかげさまで、みんないい兄弟たち。残念ながら妹は残っていないが・・。

ちょっと違う関係になったけれど、心族であることは間違いない。

これからも一緒に成長していきたい。若いもんに、まけへんで~。という気負いもなく、いい信頼関係を紡いで。行けたらいい。

カテゴリー: Essay (Word) パーマリンク