伝えきれたら、悔いはなし。

1回の勉強会。何分の持ち時間であってもその10倍は準備に時間を要する。
本番は限られた時間であるが、どうせならば、とあれこれ工夫をしたい。

こういう伝え方はできないか、ああいう伝え方はどうか?と企画しながら
情報を集め、構想を固めていく。

本番のギリギリまで何度も何度も見直す。

用意できる資料は、すべて整える。

もし、時間が足りなくなった場合はこうしよう。
と、さまざまなケースを想定して、本番に臨む。

そして、本番。
お客様に伝わっている様子が、表情からわかる。
お客様が満足そうにお帰りであれば、言うことなし。

どんな労力をかけても、お客様の反応で疲れもとれる。

とにかく、やりきる。伝えきる。そうすれば、悔いはない。

時間をかけた分、よく考えた分、自分の力になる。

仕事は手を抜かないのが一番だ。

カテゴリー: Essay (Word) パーマリンク