My Hongkong Love

もう四半世紀前になるだろうか。
今も懐かしい、初めて出張で足を踏み入れた香港の町。

ああ、こんなに国際的な都市がアジアにあるのだ、
アジアにヨーロッパがあるのだと、心躍ったものだ。
当時、知り合った香港の印刷会社の社長さんは、顔は中国系である
のに、見事に英語を操り、そして商談の後の会食では、社交ダンスも披露され、なんと洗練されているのだろう、さすがHONGKONGと感心したものだ。
現地で知り合った日本人の社長は、何十年も香港で暮らした。よく働き、週末はマカオへカジノに出向き、よく遊んだと反省を込めて話しておられたことも今は、とても懐かしい。もう香港にはいない、返還後、渡英した。
会社員最後の仕事は、アジアのマーケティングリサーチで、香港の売り場調査に出向いた。当時の返還直後の香港は、まだイギリス統治時代の匂いがあり、わくわく感もあった。

香港は、テレサテンも愛した町であった。もっとも国際的な、自由都市。
戦争では、不幸な経験も生んだが、その時代を越え、香港は世界から観光客を集め、日本人にとっても最も近いヨーロッパとして、親しみ通う都市となった。
アフタヌーンティーも、香港で知った文化。免税のショッピングを楽しんだ日々もあった。思い出は尽きない。

しかし、もう10年以上Hongkongに足を向けていない。
とくにこの数年は、足が向かない。マカオへ行くとき必ず利用していた高速船も今は利用しない。
香港は、変貌してしまった。
今も、目を閉じれば、九龍島から香港島に渡るスターフェリーが懐かしい。
本当は今も乗り、あの風に吹かれ、歴史に思いを馳せてみたい。
しかし、香港は私の愛するHongkongではなくなった。
行くことで危険を感じたり、失望を抱くのは避けたいと思ってしまう大変残念な状況、さらに悪化している。

あの22年前までのHongkongが、私のなかの香港だ。
今、自由を、いや人として当たり前の権利を求め、訴える若者たちのデモを見ると、町に咲く雨傘を報道で見ると、胸が締め付けられる思いだ。
世の中は、どんどん不自由になっている。

私の香港は、心のなかに。
あの生ぬるい風、きっと海をなぜる風は今も昔も変わっていないだろう。

一人ひとりが自由に生きる、表現できる。
この権利が侵される国は・・・、
この地の若者たちに心からエールを送りたい。
香港らしい明日が、来るように。またいつか自由な風に吹かれに行きたい。
という願いを込めて・・・。



カテゴリー: Essay (Word) パーマリンク