町の便利屋アライアンスに感謝

やれ、網戸が破れて虫が入ってくるから、張替してほしい。
風呂の追い炊きもしづらい・・という親からの連絡を受け、実家の近所の
昔からお世話になってきている商店に連絡をして、一度見てもらえないかと
お願いをする。
その商店は、50年前は、プロパンガスの販売会社。今はガスに関連して
水回りの工事一切から、リフォームにいたるまで、おうちの便利屋さんのごとく、業務内容を広げておられる。といっても、近隣のもともとの顧客(両親のように)から、何かのついでに「あそこがおかしい」「ここをみてほしい」と声がかかって、対応するようになったということのようだ。
もともとプロパンガス販売業が、今やおうちの何でも屋さん。ガス屋さんが網戸の修理?玄関の手すり付け?社内で対応できないことは、地域の専門業者さんと組んで、そこに依頼する。まさに、便利屋アライアンスだ。
網戸を扱う会社も、営業がいなければ仕事にならぬ。普段から各家庭に入り込んでいるガス屋さんが営業をしてくれていることになる。
専門店のアライアンスによって、高齢者が住む町は支えられている。
子が同居していれば、なんてことないことも、そこにいない、すぐに帰れないときに町の便利屋さん的存在に連絡する。
とはいえ、そのガスやさんも本当は便利屋さんではないため、お金のとれないサービスもしているような心配もあるが・・。
またガス屋の担当者は、大変親切で明るい。地域のお年寄りにはとても助かる人材なのだ。こういったつながりを見ていて、安さで勝負する量販店とは違う、もともと地域に根差す専門会社の存在感について実感する。
町の便利屋さん。暮らしの不便を解決してくれる人がいてくれることはとてもありがたい。こと、高いところに手が届かず、電気もわからない私としては、そういう便利屋さんに助けてもらって、親との別居を可能にしている一面もある。
高齢者の生活の不便。◎◎弱者といわれるお年寄りが安心して暮らせるように
地域の力を借りて、感謝していきたいと思う。

カテゴリー: Essay (Word) パーマリンク