エネルギーを注入する仕事

このたびお会いした町工場の社長夫妻。

いろんな困難を二人で相談しながら、毎日きりもりされている。

脱サラをして受け継いだ会社経営だから、なんとか軌道に乗せなければ・・
仕事に追われる日々、ゆっくり長期的な視点で考えるゆとりもなかったようだ。

この度お声がけいただき、会社訪問して、社長夫妻と一緒に会社の棚卸をしてみる。

問題もいろいろあるが、夢につながる可能性もたくさんある。
一人じゃ大変だけれど、夫婦なら乗り切れる。

二人の視野を広げ、夢をもって、まずはいろんな現象、思いを見える化することをおすすめする。
夫婦だけだと、ついつい今日明日の話にとどまってしまい、大きく将来を見据えることができないが、第三者が関わることで、自分たちのことも客観化でき、
現状とすべき方向も見えてくる。

3時間ほど語り合った。気のせいか、奥さまの頬が紅潮し、社長も笑顔になってきた。
「なんだか、わくわくしてきました。がんばりますわ」
と二人でいい感じ。

困っている人に元気を注入し、やる気を引き出し、道を切り開くお手伝いをする。なんと、ありがたい仕事かと思う。
笑顔が生まれる会社になるために、一緒に前に進みたい。

カテゴリー: Essay (Word) パーマリンク