独立するオトコの笑顔。

久しぶりにお会いした紳士。
何年かお会いしないうちに、大きな人生の転機を自ら選択された。
長年つとめた会社を早期退職され、この6月から独立、起業開始されるとのこと。その前にお会いにきてくださったこと、個人事業主としての名刺をくださり
これからの仕事に賭ける思いを語ってくださった・・。

はじめての出会いからさまざまな出来事が頭をよぎった。
ずっとサラリーマンを続け、定年までその任務をまっとうされるものだと
思っていたが、そうではなかった。

組織の人間関係も、もう卒業とも言われた。

顔つきが変わっていた。
以前より大変若々しい。自分らしく自分を見せているというか、自分そのものが
自然に出ているという印象。

これまでやったことのないこと、初めてのことにどんどん挑戦していきたいとのこと。
年を重ねると初めてのことをするには勇気がいるという人もいるかもしれないが
これは素晴らしい。

これからは、これまでのキャリアを生かし、自分が生まれ住む、地域の活性化のために、という仕事をされるという話が胸を打つ。

「やっぱ、ここが好きなんですよね。」

この一言が印象的であった。

一つの仕事、サラリーマンという職業を定年まで続ける選択もあるが、何かきっかけがあれば、組織を飛び出すことは賛成だ。
年や経験を重ねていれば、何も考えないで・・ということもないだろうし。
大きな富や名声のためではなく、自分のための、そして自分の人生のしあげ、周囲への恩返し・・。これはとても自然な流れだと思う。素晴らしき選択。

とても、すがすがしく、自然体で。
ああ、いい男の生き方がある!と思った次第。

男もどんどん自分らしく好きなように生きてほしい。
オンナだけが・・・ではなく・・。

最近、自立し、自分らしく生きる人との出会いが増えている。

そして、笑顔の自然な男性に出会うことが多いのが、うれしい。


カテゴリー: Essay (Word) パーマリンク