「その分」で、プラス発想。

最近、何かあると、「その分、〇〇でがんばろう」と、心のチャンネルを切り替え、プラス発想で明日の方向を見据えるようにしている。
「その分」は自分をチカラを与えてくれる、元気の着火点だ。

たとえば、「○○をしてしまった」、「〇〇の才能がない」「あのときはよくなかったな・・・」・・など、いろんな反省や自己分析や・・・。自分と向き合いのはなかなかつらいときもあったりする。そんなときは、
「その分、こんなことができる」「その分、こんなことをがんばろう」といった塩梅で、自分を認め、励ます。
人間生きていれば、毎日いろんな事態と感情が入り混じる。何もない人はいない。でも、いちいちへこたれていられない。
「その分」の一言は、私にとって、元気が湧いてくるありがたい言葉。

これを心のなかで連呼することで、他人とつまらぬことで比較することもなくなり、自分は自分の道を行くぞ!と思うようになる。

「その分」何ができる?まだまだいける。人生は毎日、道半ば。どうせ生きるなら、「その分」で切り替えていこう。

カテゴリー: Essay (Word) パーマリンク