毎日がイベントでなく、記念日で。

昨日は「母の日」であった。クリスマスと同じ、世界中が同じ日にこの記念日を過ごした。欧米でも、母の日は共通で、母への感謝を伝える特別な日として浸透しているようだ。写真はレインボーのカーネーションという新商品。今やバラだけでなく、カーネーションも赤やピンクにとどまらず、いろんな色が選べるようになっている。フラワービジネスの発展は、こういったイベントで支えられているのかもしれない。
イベントお祭り大好き、仕掛け大好きの日本人は一斉にこの日に母にギフトをする。でも、本当は今日だけでなく、いつでも感謝を・・が良い。
あるインタビューでNY在住の20代の女性が、母の日なんかなくても、毎日感謝するのが当たり前。そんな日は要らない。と言っていたがある意味そのとおり。
イベントありきではなく、むしろ毎日がかけがえのない大切な記念日として、
母のみならず、両親にちゃんと感謝したい。プレゼントが毎日なくても、感謝を忘れず、元気にしっかり生きること自体が、感謝の行為につながる。
だから、今日でも明日でも遅くない。「ありがとう」の言葉を大切に。

カテゴリー: Essay (Word) パーマリンク