現代病と多発する事件・事故と

いろんな事件・事故が繰り返される。
ニュースとは何のためにあるのか?
同じ不幸が発生しないように、みんなで気を付ける、みんなで注意する・・
そのための情報だと思うが、悲しい事件はなくならない。

世界的にみれば、テロの多発。これまで安全といわれていた南半球でも、
もう最近は安全かと思い始めていたスリランカでも・・。
国内でも、目や耳を疑う残酷な事件から、交通事故の多発、、。
それぞれに理由はある、それぞれの言い分もある。
その個別性だけでなく、現代社会にはびこる病理が背景にあるのだと
思えてならない。

その理由のひとつとして考えられるのが、寛容さがなくなってきているという点。この生きづらい社会で自分を守るために、他者を受け入れない。
一緒に認め合って、共生しよう ということよりも排除の方向。
事故が多いのも、その寛容さも関係していると思うし、個々が疲弊している
ことも大きな要因だと思う。
心からリラックスして、平和な気持ちで過ごせることが難しくなって
きたように思う。

このままいくと、もっと悲劇が続くと思う。
今の経済優先の世の中から、生きがいを求める、求めやすい社会に・・。
変わってほしいし、変えていきたいものだ。
それぞれのニュースを見て、心痛い日がなくなり、ほっこり出来る日が増えるように。

カテゴリー: Essay (Word) パーマリンク