成長を続ける人とともにサルーテ!

この写真。名古屋駅前でのワンショット。両手に花、いや両手にきらきら星。私を挟む二人の紳士は、新潟の経営者たち。一人は約15年前、もう一人は4年前、それぞれに私が講師を務める勉強会に参加され、その後あるきっかけでこの二人が出会い、経営者の大先輩・後輩としてお互いに刺激を交換しながら交流を続け、今回、一緒に展示会に出展されるまでの関係となった。

伝え下手と言われる新潟県人のなかでも、この二人はそれに当てはまらない。常に、情熱と努力と工夫を重ね、臆せず積極的に発信。しっかり着実に自分の進むべき道を歩んでおられる。
同じ製造業、同じ町工場の後継ぎ息子という点での共通点がありながらも、それぞれが自分らしく独自路線で挑戦している、実に頼もしいお二人。
先輩から見れば若手は、まるで自分の20年前のよう・・と懐かしくもあり、つい教えたくもなり。また後輩はひたすらに先輩にいろんなことを教えてもらって目標になる先輩がいることで、よりやりがいが生まれる。
経営者同士の先輩後輩という関係はなかなかむつかしいが、とってもいい感じ、まるで兄弟のようでもある。
そんな二人が名古屋の展示会に出るので、どうしても一緒にカンパイしたいと言ってくれた。 とてもうれしくて、うれしくて。
自分の言ったこと、示したことを実行し、今日まで進んでくださった。何年たっても、時々思い出してくれているようだ。
信頼されることの幸せを感じ、そして関わった人の成長を知ることができ、我ながらありがたい仕事をさせているな・・と胸いっぱいになる。
フランス国旗柄とオレンジのネクタイというなかなかいないおしゃれな彼らは
自分をよく見せる術もばっちりだ。
これからもまっすぐに自らの道を進む。
もちろん、一生応援し続ける。
東京での再会よりも、名古屋で・・というところが、また思い出になる。


カテゴリー: Essay (Word) パーマリンク