蛇腹の魅力。

初めて、アコーディオンのコンサートに出向いた。
なぜ55歳にして・・なのか。
シャンソンや、タンゴの影響は間違いなくあるだろう。
あの切なく、哀愁に満ちたオルガンの音色は、心に染み入る。
まさにアコーディオンとは、蛇腹のことであり、これを使って空気を送り込んで音を出すという、まさに人力の楽器。人が歌っているようにも聞こえるから、
尚、哀愁を感じるのかもしれない。

そのアコーディオンにはいろんなことができることがわかった。
バッハやモーツアルトのようなクラシック音楽の演奏にも適しているようだ。
もちろん作曲家たちが生きた時代より後にできた楽器であるから、
後から編曲して、演奏するようになったのだろう。
教会にいるような気持ちで聴ける、そんな音だ。

またパリの街角で流しのお兄ちゃんが弾いているようなミュゼットという
三連符が続くワルツ。アコーディオンといえば、このイメージが強い。
よくテレビや店舗の効果音やBGMで使われているのはこの類。

さらに、ギターやチェロと組んでのトリオ演奏などもあり、
バイオリンと組んでのタンゴもあり・・。

いずれもあの限られた鍵盤、スペースでよくそこまで表現できるのだと
感心するが、アコーディオンとはマルチな可能性をもつコミュニケーション楽器だ。
あの音色。懐かしく、甘酸っぱくて・・・悲哀に満ちて・・。

まだまだ音楽の世界の入り口にしか立っていないことを実感する。
ぜひ、アコーディオンで綴る愛の歌を作ってみたい。

音楽は人の心を打つ。演説を聞いて泣く人はまずいない。
でも、音楽を聴いて、思わず涙することはよくある。
演奏は感動のコミュニケーションだ。
アコーディオンの世界に触れ、改めて音楽のチカラを知った。



カテゴリー: Essay (Word) パーマリンク