さらば、ひとつの時代。そして・・・

14年前に、通いはじめた新潟。
その2~3年後、あるきっかけで新潟市のシティプロモーションの役割を
いただいた。そのとき、新潟市は政令都市になるタイミングで、新しい
新潟市をどうやってアピールするかについて、市民のアイデアを生かし
町を活性化する活動を一緒に推進してきた。
たれカツを新潟市のB級グルメにしよう、新潟美人を新潟の売りにして
イベントを継続実施して、観光に生かそう、障がい者と一緒に駅の広場
でキャンドルナイトを実施しよう、岩室温泉を熱海でアピールしよう、
町なかにもっと人を呼ぶためのお酒イベントをしよう・・・などなど
さまざまな事業にかかわってきた・・・。成果を出し、その結果、今も
継続されている事業もあるし、そこで出会った人達と今は違う事業に
取り組むなど、私自身の成長、学びも多くあった・・。
時間の経過とともに、いつの間にか、組織の変化とともにその考え方や
枠組みが変化し、なんどなくフェイドアウトしていったこの事業。
(そのなんとなく・・・・は実は本意ではないが)
その間、職員研修を担当させていただいたり、若き職員との
関わりをもてたのも貴重な経験となり、自分にとってありがたき
貴重な新潟時間が育った。

このたび、市長が代わった。
当時お世話になった方からの交代。
いいも悪いも、市政にとって時代が変わるという節目。

これからどんな町になっていくのか、市民の皆さんがいろんな思いで
いることだろう。
権力を乱用せず、本当に町が活性化するように、市民がいきいきと
仕事し、生活できるように・・・・と新たなリーダーによそ者の
私も思わず期待を抱く。

最初は良かったな。
どんな人もそうかもしれない。
最後カーテンコールになる日まで、そのままいってほしい。
感謝されて職務を終えることが一番大切だ。

新しい新潟市。
何から変わっていくのだろう。
よそ者ながら、とても気になる。そして期待したい。

カテゴリー: Essay (Word) パーマリンク