投稿者「mahsa」のアーカイブ

ブランディングのシンボルとしての印

印といえば、篆刻の思い出がある。脱サラしたあと、台湾の篆刻家に、グラン・ルーの印 … 続きを読む

カテゴリー: Essay (Word) | ブランディングのシンボルとしての印 はコメントを受け付けていません

介護の世界で出会う人々。

1年前まで、介護って大変だな~。と思いつつ、正直、ちょっと他人事でいた。問題が現 … 続きを読む

カテゴリー: Essay (Word) | 介護の世界で出会う人々。 はコメントを受け付けていません

老々医療、生涯現役。

父のことでこの1年間、必要に迫られ、病院や医院、福祉施設のことをいろいろ調べたり … 続きを読む

カテゴリー: Essay (Word) | 老々医療、生涯現役。 はコメントを受け付けていません

プラス一芸。

どこでも演奏、いつでもライブができたら、、。バイオリンや尺八奏者の知人を見るたび … 続きを読む

カテゴリー: Essay (Word) | プラス一芸。 はコメントを受け付けていません

コミュニケーションクリエイターとしての額縁。

創業74年の素敵な額縁屋さんに出会った。前から気になっていたがやっとお店に入るこ … 続きを読む

カテゴリー: Essay (Word) | コミュニケーションクリエイターとしての額縁。 はコメントを受け付けていません

額縁で、作品の価値を仕上げる。

額縁の存在。その重要性に気が付き始めたのは、美術館周りをするようになってからだ。 … 続きを読む

カテゴリー: Essay (Word) | 額縁で、作品の価値を仕上げる。 はコメントを受け付けていません

どこに住みたい?をずっと

人生はレンタルである。それを思うと、限られたわが人生のなかで、所有をすることはあ … 続きを読む

カテゴリー: Essay (Word) | どこに住みたい?をずっと はコメントを受け付けていません

たらいの水。これからも。

「うちの創業者の言葉を借りるなら、『たらいの水』。それを実践していますね~。」と … 続きを読む

カテゴリー: Essay (Word) | たらいの水。これからも。 はコメントを受け付けていません

晩年、自分のことをどう語れる?

妹からきいた話より。父が今度お世話になる施設の方との面談のときに、初めて会う施設 … 続きを読む

カテゴリー: Essay (Word) | 晩年、自分のことをどう語れる? はコメントを受け付けていません

まいた種を育てる、見守る。

コミュニケーションクリエイターの仕事の醍醐味は、自分でいい種をみつけ、いい畑にま … 続きを読む

カテゴリー: Essay (Word) | まいた種を育てる、見守る。 はコメントを受け付けていません