インバウンドと、京都ブランドに思うこと。

インバウンド強化、目標数値にばかりこだわる人たちの
おかげで、外国人観光客がぞろぞろと日本にやってきている。

東京でもその現象に辟易し、京都ではそれより前から
気になっていたが、今もその混雑ぶりは変わらない。
決して、はるばるやってくる観光客のみなさんには
罪はないし、歓迎の気持ちはもっているが、
それに向けての受け入れ体制、環境整備が整っていない
ことについての危惧をずっと抱いている。

京都の市バスでは、大きなスーツケースをもって乗る外国人が
多く、荷物も一緒に運ぶような状況。
一般市民が乗れないこともあるという。
実際に、久しぶりに京都の市バスに乗ってみて、
混雑の実態に違和感、不快感も抱く。
平日の午後・・・こんな時間も混むのか・・・。
市民の足がこういうことになっているのか・・。
インバウンドが市民生活を圧迫している・・・
このことを言い出しっぺの人たちはわかっているのか?

次に京都でタクシーに乗る。
「外国人の利用は増えていますか?」
「基本的に、欧米人はお金使わないですわ。
 タクシーも乗らんし、バスで移動ですわ。
 食事もマックとかコンビニとか
 そういうので済ませているようですよ。
 お金使うのは、アジア系の富裕層ぐらいですかね」
確かに街には大きな荷物をもった欧米人、そして
中東方面のグループがまとまって歩いている光景も
珍しくないし、駅前にあるコンビニのレジは行列だ。

そして、京都に住んでいた四半世紀前に、
憧れであった 歴史あるレストランに
久しぶりに足を運ぶ。

四条鴨川界隈にあるロシア料理、あるいは中華料理の
お店。いずれもその存在、 とくに年配の方には
なじみの由緒あるお店。これぞ、THE 京都!という老舗と
いうこともできる。

立派な建築物でもある中華料理店。
著名な外国人建築家が設計した。
維持が大変だと、一目見て、心配もする。
そのうち、世界遺産になるのでは?
その店内。お料理やサービス。
これはおそらく、古き良き時代のまま
のような・・・・。
ずっと京都の、一等地の・・・という
イメージに支えられてきたが、
こういったところには、海外の観光客は
来るだろうか?
また国内からの観光客にとってはどうだろうか?
一歩外に出れば、安くて美味しい店が
たくさんあるが・・・。

美味しい店は、時代とともに変化し、
しのぎを削って、お客さんに満足され続ける
店だけが生き残る。
そういう意味では、
東京は競争の数も多く、スピードも激しい世界。
そこで生き残るのと、
京都ブランドで支えられ、生きていくのとは??
「京都どすえ」
と言っているだけでは、やがて終わってしまう・・。

今回、古き良き時代のまま・・を維持しようとしている
店たちを見て、
京都の将来が心配になった。
決して、あぐらをかいているとは思わないが、
いつまでも、古き良き京都ではないのだ。
という現実の厳しさを感じざるを得ない。

個人的には昔のままの、京都が大好きだ。
今は、違うKYOTOになっている・・。

カテゴリー: Essay (Word) | インバウンドと、京都ブランドに思うこと。 はコメントを受け付けていません。

「さよなら」を告げる代わりに・・

さる1月15日は、お世話になった方の2回忌であった。
ご自宅に小さなお花をお送りしたが、そこに記載した
メッセージは、
やはり、本人に向けてのものが良いかと、

ずっとご家族を見守ってくださいね。
今もその笑顔、忘れません。

といった内容にした。

病気などで亡くなれば、静かに人生をフェイドアウトできるが
なかなかそれを望んでも、そればかりは叶わない。
とくに事故や自然災害などで突然亡くなる場合は、
今日もかえってくるもんだ、と思っていたり、
また今度、会えるわ。
と思っているので、
挨拶せずに、お別れすることになる。
葬儀は、本人がすでにいないので・・・私にとっては、
お別れといえない感じがずっとしていて・・。。

さて、自分自身のこと。
今後、おそらく
お世話になった方にきちんと「さよなら」と
告げ、人生を閉じることは難しいだろう。
だから、
せめて、毎日毎日、今日が最後であっても
悔いなきように
「ありがとう」だけは
伝えておきたい。

ときに心からのありがとうは、
最後の挨拶になる。

今日、あの神戸での震災から23年。
まさに、さよならと言えなかった人たちのこと・・。
今も思い出し、祈り続ける人たちに
心を寄せたい。
そして、被災された方々に
哀悼の意を捧げる。

カテゴリー: Essay (Word) | 「さよなら」を告げる代わりに・・ はコメントを受け付けていません。

NY発 定番手帳で、新年本稼働。

前にも書いたが、手帳は毎年同じ会社の、同じデザイン
のモノを使っている。それはNYの文具店で見つけたもので
もう20年近く使い続けている。
NYに行けないときは、アメリカのアマゾンで注文するが、
日本まで送るサービスはないため、現地の友人に送ってもらう。

今年の手帳もそうであった。11月後半にNYの郵便局から
送っていただいた。
「1週間ぐらいで着くでしょう」の言葉を信じ、毎日
待ったが、今回はなかなか届かない。
年末までに届かず、新年に新しいダイアリーがないのは
困るということで、やむなく、東京で購入。
それに予定を書き入れ、新年がスタート。

さて、NYから届くはずの手帳たち。今回に限って
いろいろ使ってみようと2種類購入していた。
「いつ、届く?今届いても・・・。でもいつ届く?」

お正月が過ぎていく。
日本で買った手帳で不便なく、郵便物が来ないのを
次第に忘れていった。
そんな中
先週大雪の新潟出張から戻ると、国際郵便が届いていた。
12月に毎日毎日待ちわびていたニューヨークからのもの。
1月13日到着。なんと、6週間かかった。
航空便なのに、船便のようだ。でも、届いた。
安堵した。
でも
手帳が3冊となった。厳密にいうと
諦めたときに大きいノートサイズのものも買って
いたので、それも含めると、合計4冊だ。
使わなくちゃもったいない。

そこで、考えた。
まず、1冊は、8年後に使う。
最近気づいたことであるが、
気に入った絵柄のカレンダーも同じであるが、
1年使って捨てるのはもったいない。
7年待てば、また同じ暦が巡るはず。
だから、8年後までとっておこう。
これは私のリユースのプチ発見。

あと3冊。
1冊はすでに使い始めていたまま、ビジネスの
スケジュール管理用に、
2冊目は日々学んだこと、新たに気づいたワードを
メモする 学びの手帳に。
大きい3冊目は、1週間終わってから書く、心象記録に。
そう、日記的に使う。

ということで、1冊ごとに目標をもって、活動開始。
手帳だけは、
半月遅れの本格スタートとなったが、これもよし。

それにしても、日本の郵便は優秀だ。
それと比較するから、いけない。

でも、届いて良かった。
ようこそ、NYの手帳たち。
これから、今年もどうぞ、よろしく。

カテゴリー: Essay (Word) | NY発 定番手帳で、新年本稼働。 はコメントを受け付けていません。

自分が〇歳になったときに・・・への自問。

30代後半と20代最後の夫婦との会食。
年に1回ぐらいしか会えないが、心の距離は近く、
勝手に弟夫婦という感じで接している。
いろんな話題の中で、
「自分たちが40歳になったとき、50歳になったとき・・
ほんとうにこの国は・・・と、心配に思いますね」
と、こんな会話にもなる。
私自身も同様、60歳になったとき、70歳になったとき・・・
この国は大丈夫?いや、そうではなさそうだ。
このままでいけるはずはない。と思ってしまう。

若いときは、正直、さほど不安を感じることはなかった。
あまり考えていなかったのかもしれないし、
よき時代であったのかもしれない。
いろんなことを知らなかったし、知らなかったことが
良かったかもしれない。

これからは果たして、長生きして何がある?
とも考える。
長さは人生の価値でもないし、
ただ、図らずも長く生きてしまう場合、
不安な状態で生きるのだけはごめんだ。
そして、
私より若い世代の人たちが、
将来に不安を感じていることは、本当に危惧すべきことで、不幸だ。

単に教育を無料にするとか、そんなことだけで不安がなくなる
わけはない。

明日に夢を描ける人生。
これがいい。

若者たちが、将来に夢を描けるように、
この国に生きていることに誇りをもてるように、

今私にできることは、話を聞きながら、話をしながら、
私が考えることを伝えつつ、それぞれが
元気よく、走り出してもらえるように手を差し伸べること。
そんなことぐらいしかできないが、
志のある人たちとは、
せっせとコミュニケーションの機会を創ろうと
思う。

○歳のわたし。まずは55歳の私から、描いてみよう。

カテゴリー: Essay (Word) | 自分が〇歳になったときに・・・への自問。 はコメントを受け付けていません。

「また、会いたい人」でいられるよう。

人生、時間に限りがある。
日々、いろんな出会いがあるが、ご縁ある方とは太すぎず、長くつながっていたい。
最初の出会いから、長いつきあいになるかどうかはわからないが、
その1回目で、あるいは何度かの交流で、引き合う、見えない力が働くのだと
思う。
そして、常にお互いを理解し、応援し、尊重し、尊敬し、人生の価値観において
共有できる何かがあると、結果的に
長いおつきあいになるのだと思う。

人間、最初から長く付き合おうと思って 付き合えるものではなく、
1回1回対面し、会話をすることで、
また会おう!ということになるのだ。

人生、時間に限りがある。
いろんな優先順位をもつ必要がある。
そして、会いたいと思う人、大切な人とは
限られた時間のなかで、できる限り会っておきたい。
自分だけが会いたいではなく、
相手からも「また、会いたい」と思われる関係。
そこには、ほどよい距離感や、見守りや、共感や応援や・・・
いろんな要素が含まれる。

生きている限り、
「また、会いたい」と思う人との良い関係を切れないように
ほどよい距離感で、繋いでいきたい。

カテゴリー: Essay (Word) | 「また、会いたい人」でいられるよう。 はコメントを受け付けていません。

忍耐の雪国暮らしに敬意。

新潟への移動、冬の時期は要注意だ。
このことを、これまではあまり意識したことがなかったが
今年は違う。

まず、名古屋から新潟行は、直行ならば飛行機が良い。
しかし、この間を飛ぶ航空機は、小型でありよく揺れる
だけでなく、この季節は雪のため着陸体制が万全ではない。
普段以上に、細かく天気予報を見ながら移動手段を選び、
結局、冬場は新幹線での移動が安心という結論。
時間と費用がかかるが、やむを得ず。
これまでは東京~新潟間の新幹線移動で、雪でも不便を
感じなかった。恐るべし上越新幹線!である。

そんなこんなで新幹線を乗り継ぎ新潟駅へ到着する。
名古屋始発で、新潟着は10時半。
なんと駅前は銀世界。まさかの新潟市内の大雪。
あっという間に積もったという。
それから、室内で仕事をしている間に、雪はさらに
静かに積もり・・・気が付けば歩けば足が埋まりそうだ。
そして、夕方、後の移動。
タクシーを待つ行列から抜け出し、幸運にも
みつけた空車に飛び乗り、そのままなんとかホテルへ。
もう買い物も行けないと判断し、途中コンビニにも
寄ってもらう。
そして、以後缶詰状態で過ごす。
夜の予定はすべてキャンセルにした。

やまない雪のおかげで、籠る暮らしになる。
雪の日はこういうことだ。
降る日は動けないのだ。じっと中で待つ。
これがもともとの雪国の暮らしだ。
雪国で暮らす人々の暮らしは尊敬に値する。
耐える、じっと待つ。
じたばたしてもしょうがない。
このことを教えられる。

しかし、朝まで電車が止まったままという
ニュースをきいて、心が痛む。
10時間以上もお気の毒に・・・。
雪の日も仕事のため、勉学のため通う
雪国のみなさんに心から敬意を表する。
こんな日が毎日だったら・・・。

寒さが得意ではあるが、一歩外に出れば
ころんでしまうかも・・。
雪国暮らしはまだまだ初心者だ。
とにかく、事故がないことを祈る
大雪の日本列島。

入試に向かう皆さんが無事に会場へ
行けるように、心から願っている。

カテゴリー: Essay (Word) | 忍耐の雪国暮らしに敬意。 はコメントを受け付けていません。

良質な「受け手」でありたい。

本当に世の中、情報だらけだ。
ゴミ箱なのか、宝箱なのか。
それすら、わからなくなるほどの情報量のなかで
本当に真なるもの、自分にとって役に立つもの、心豊かにして
くれるものを探していく努力が必要な時代と言えるだろう。

そんななか、強く感じるのが、
受け手の見識が大変重要になってきているということ。
与えられた、目の前に現れた情報を鵜呑みにするのは、
そのまま信じるのはときに、危険。
純粋に素直に受け取りたいが、モノによっては、冷静に
客観的に受け留めなければならない。

ときに「疑う目」をもつということだ。
ワンクッション置くということでもある。

そのために、簡単に入手できる目の前の情報に接するだけでなく、
いろんな人に日頃からあって、世の中には
さまざまな思考の、価値観の多様な人間がいるという
ことを知っていることも良質の受け手でいるために必要だ。

今は特別な人が発信する時代ではなく、
その気さえあれば、誰もが送り手になることが
できるため、その質も見極めていく必要があるのだ。
人は感情の動物であり、欲望の存在である。
そこから発信される情報はときとして恣意的なにおいも
発する。
それも受け手はきちんと嗅ぎ分けなければならないのだ。

賢い受け手が増えれば、悪質、低レベルな発信者は淘汰されて
いくだろう。
情報の受発信にはパワーが要る。
だから、時間つぶしには使いたくない。
どうせ発信するなら・・、せっかく受信するなら・・。
そこをしっかりと考えて、行動したい。

カテゴリー: Essay (Word) | 良質な「受け手」でありたい。 はコメントを受け付けていません。

年に一度、オンリーワンの人生展覧会を楽しむ。

年賀状とは、日本固有のコミュニケーションツールである。
年賀状のはじまりは、もちろん郵便制度がはじまった明治以降であろうが
このように国民的行事のようになったのは、お年玉年賀はがきの発売にも
関連しているのでは・・と推察する。
ネット社会になり、年賀状を出さなくなったという傾向もあるが、
それでも、普段メールでしかやりとりしない人でも、1枚のはがきを
送ってくださることが多く、日本の正月をありがたく思う。
今年も200枚ほどの年賀状をいただいたが、1枚1枚にその人の
人生観や生き様が現れていて、私にとっては、人生展覧会を観せて
もらっているようで、楽しい。

その年賀状にはいろんなカテゴリーがある。

1.自分の家族と自分の最近の写真
2.自分の旅行先、仕事の様子の写真
3.干支にちなんだもの(自作であったり、刷り込みであったり)
4.自分の思い、決意を書き上げたもの
5.自分の作品(写真や絵・句など)
6.営業的なもの
そして、それに属さない、まったくのフリーメッセージのもの。

私はここ2年は、1年間使ってもらえるように?とカレンダーカードに
してみている。そこに手書きメッセージも添える。

いずれにせよ、一言でも、相手に向けたメッセージがあると
嬉しい。
一方、今年で年賀状を終わります。と書いてあるのは
ちょっと寂しい感じ。今から決めなくていいのでは・・と
思うのだが・・。ま、それも4のカテゴリーか。

今年もそれぞれの楽しい人生展覧会を拝見させていただき、
うれしいスタート。
受け取る人によって、この展覧会の作品も作家も違う。
世界でひとつの、年に一度のコミュニケーション大会でもある。
この中の何名かといくつ、再会があるのか、それも楽しみ。

カテゴリー: Essay (Word) | 年に一度、オンリーワンの人生展覧会を楽しむ。 はコメントを受け付けていません。

ますます凛として、永遠のお手本は京女。

以前、某企業の日本茶のTVCMに出演され、お茶の間にも広く知られた
元女優で服飾専門家の市田ひろみさん。
実は、会社員時代にとある広報紙の取材で、自らが経営されている京都市内の
美容院にお邪魔して、お話しを伺ったことがある。そのとき、先生が働く、
自立した女性の先駆けとして長く活躍されていることに深く感銘を受け、
その後、先生が服飾関係のイベント等で講演をされるときも、何度かうかがっていた。
しばらく年賀状やはがきのやりとりもあったが、京都を離れてからはご無沙汰
になってしまい、その交流もすっかり途切れてしまっていた。

時々、テレビで拝見し、今もおきれいだな~とか、あのなんともいえない
京都弁での語りにほんわかしたり・・・・。
でもお会いしたのはもう20年以上前で、先生がいかにお若いといっても
かなりのお年・・・・。お元気だろうか?と本棚にある先生の著作を見ながら
思い出していた。

そんな矢先、京都駅のデパートにて日本画の展覧会があり、そこに
市田先生が登壇され、きもの文化と女性についての講演をされると
偶然知り、すぐ駆けつけた。これを逃してはならぬとの気概で。
会場には多くのきもの愛好家、市田ひろみファン、日本画ファン・・
いろんな方に囲まれ、会場内の作品を観ながら、先生が上村松園はじめ
著名な作品を先生視点で解説されながら、会場全体を巡る。

そのトークったら、まったく20年前とお変わりなく、これには驚いた。
そして、先生はサハラ砂漠に行ったときのスケッチを図案化したという
オリジナルのきものをお召しになり、髪もしっかりばっちり・・。
とにかく以前と変わらない、凛とした市田ひろみさんだった!

男性では、日野原先生がすごいと思っていたが、女性の生命力では、
この方が日本一?ではないかと思うほどで、
そして、元女優というだけあっての、独特のオーラを放っておられた。

そういえば、以前、取材に伺ったときに、撮影するときは
「こっちから撮ってな」
と、ご自身が撮られる良い向きを指示されていたことも思い出す。

自分はこう見られるべき、こうあるべし。
この厳しい信念をずっとお持ちなのだ。
衰えを知らぬ、ますます美しい素敵な働く女性に
勇気と元気をもらった。

公演後、先生にご挨拶。
「20年前に取材にお世話になりました」
「それはそれは、お世話になりまして~」
相変わらずの気さくな感じに、京女のおもてなしも
感じ取った。

ああ、やっぱり凄いなあ。
背中を拝ませていただき、私もがんばろう。

カテゴリー: Essay (Word) | ますます凛として、永遠のお手本は京女。 はコメントを受け付けていません。

ふるさとを思う、昭和の政治家。

今年は、あの田中角栄の生誕100周年だそうだ。
75歳の生涯。ということは、もう亡くなって四半世紀が
経つことになる。

私は彼の死後に、新潟に仕事で通うようになり、
この政治家の偉大さを改めて知ることになった。
高速道路を行き来するとき、何度となく
「なんと立派な道路はいっても、これは田中角栄のおかげで・・」
との声を耳にした。

日本列島改造論は、まさに田中氏の政治理念が結集した一冊だ
そうで、その思想をまさに具体的に実行した。
戦後の日本を立ち上がらせるために・・。地方が元気になる
ように・・・との思いを込めてのインフラ革命だった。
確かにとくに、新潟県内の高速道路事情は大変立派で、
私自身も大変感謝している。おかげで雪の日も安全に移動が
でき、仕事ができる。
今も多くの県民たちが、「角栄さんのおかげだ」と感謝している。

政治家としての最後は残念な結末になったが、
角栄氏が遺した、政治家最後の言葉には、ふるさと新潟を強く
思う言葉が冒頭に出てくる。
雪国の新潟、不便な新潟に住む人たちの暮らしをなんとか
したい、なんとかするんだ。という気持ちがあふれる人だった
ようだ。
交渉力もあり、戦後日本の海外との関係を回復された実績も
素晴らしい。
とくに日中国交回復の実現。
昔お世話になった、上海錦江飯店がその調印式だったという
のも今や懐かしい話。

隣のおやじ・・という存在だったと、角栄を取材してきた
記者たちは親しみを込める、
「今、この時代に生きていたら・・」
という言葉にも共感する。

政治家とは・・・。こういう人のことだ。
もちろん清濁あり、善悪も見え隠れ・・・それぐらいでなければ
つとまらない仕事かもしれないが、
人間として、世襲ではなく、ゼロから出発した一般人として、
ああ、人間努力すればなんでもできるんだ。
と思わせてくれる人のいい例だ。
生きておられたら、一度会ってみたかった。

柏崎に記念館があることを知る。
ぜひ春になったら訪問してみたいし、
日本列島改造論もぜひ、読んでおこうと思う。

大物。
愛されるリーダー。
自立した存在。

今の時代は・・・。
昭和のパワーを今ふたたびと
強く願う。
今日も雪の新潟、高速道路を多くの車が行き来
していることだろう。

カテゴリー: Essay (Word) | ふるさとを思う、昭和の政治家。 はコメントを受け付けていません。