大学受験失敗記念日。

センター試験が開催されたこの週末。受験生ご本人も、親御さんも、先生方も本当にお疲れのことと思う。家庭に受験生がいると、その年のお正月は、緊張して気分的にくつろげない・・というご家庭も多いことだろう。
私のその時代と比べ、学生数は減っているといえども、受験熱は上昇し、塾に通わない生徒は少ないだろうし、韓国ほどではないが、大学受験は、高校生にとって、人生の最初の大きな難関かもしれない。
もちろん、中学、高校入学時の受験もあるため、その大変な時期は人により、家庭により違うが、みんなそれぞれに大変である点では同じだろう。

とにかく、まずはお疲れさまでした。少し休んで、もうしばらく頑張ってほしいと思う今朝。

さて、私はこの時期になると、いつも自分の大学受験失敗のことを毎年思い出し、苦笑する。
胃腸が意外に弱く、あのシーンと静まり返った会場の緊張感が超苦手で、1回目は耐えられなかった。2回目は、寒い雪のなか、朝発声練習に出かけ、調子が悪くなった。いろんな意味で、ベストを尽くせないまま、わが受験は終わった。
しかし、もし、受験にパスして、国立大学の教育学部に進んでいたら・・・
今の私はない。絶対にない。
京都に住むこともなく、印刷会社でプランナーをすることもなく、哲学に興味をもつこともなく・・・・・グラン・ルーの発想も生まれておらず、この35年間に出会った人たちとは出会えなかっただろう。
 もちろん、パスしていたらしていたで、まったく違う道ができ、違う出会いもあっただろう。
が、今はこの人生でよかったと、一片の悔いもないということができる。

正直、受験勉強もまともにしたことがなかった私にとっては、すべてが必然だったのかもしれない。


受験生にいいたいこと。今はベストを尽くしてほしい。悔いのないように。
その方が自分を鍛えることになるから。がんばったという自信と力が身に付くから。
でも、結果がどうであれ、そこから自分次第で道は開けるから、大丈夫。
 どんな結果であれ、大人になったときに思い出すだろう。
きっと、この試験のニュースをみるたびに、自分のことを思い出す人は多い
と思う。
私自身にとってはこの失敗記念日から生まれた幸運に甘えず、これからの人生に対し、真面目に取り組んでいきたいと思う・・。受験生にとっても、その経験を経てきた大人にとっても、試験日は背筋が伸びる。




カテゴリー: Essay (Word) | 大学受験失敗記念日。 はコメントを受け付けていません。

ひとりカラオケの有効活用

前から気になっていた、カラオケのスタジオ的活用法。
 ライブの前には、ピアノのあるスタジオをレンタルして、思いっきり声を出したりしているが、カラオケルームについても、もっと早く活用すればよかった・・と、このたび、再認識する機会を得た。

 先日、ある仕事のミーティングで「ひとりカラオケ」の話題になり、ある女性が初体験されたその報告レポートを読んでいたら、そのときの彼女の不思議な冒険描写が、むずむずと私の背中を押した。
近所にカラオケルームはある、毎日のように通る。休日や週末夜はよく並んでいる。平日は入れそうだ。と思いつつ、すっと入るには、なぜか勇気がいる。でも、今回はそこを思い切った。そう、「むずむず」が勝ったのだ。
「いらっしゃいませ」と迎えられ、「ひとりなんですけど」に店のスタッフは何も動ずることもなく、普通に応対、案内どおり指定の個室に入った。
大きな窓があり、解放感。これまでカラオケといえば、夜のイメージだったのにこれはいい!気分が高揚した。平日の午後だ。窓から外を見ると、ネクタイを締めたビジネスマンたちが寒そうに歩いていて、なんだか不思議な感覚だ。なぜ、今自分はここにいるのか?いていいのか?という気分。とにかく窓から空が見えるというのも、前向きな気持ちになり、ここは自分にとっていい練習場かも?と歌う前から、この場所を好意的に受け入れる。

さて、それから、これからライブで歌うかもしれない、素材にするかもしれない曲などを選び、歌ってみる。それにしても、新しい歌を知らないな~と思いつつ、昭和の曲をひたすら選ぶ。
カラオケの伴奏は、ピアノで演奏するときの参考にもなるが、こちらの方がゴージャスだ。
しかも、マイクで歌わない会場もあるため、この練習場の方が豪華ではあるが、曲の感じをつかむには、そして何よりも不慣れな曲のメロディラインと歌詞を確認できるのはとてもいい。

 そう、とくに今回は先に書いた、ビリーバンバンのナンバーを練習したかった。何度も何度も歌い、慣れるようにした。そして、スマホで録音。

2時間ひとりで借りるのはちょっと長かったが、ドリンクバーから、会員アプリから、さまざまな機能満載で、昭和生まれの私たちが青春時にお世話になったカラオケルームからは、グーンと進化して、これはすごいわ!しかも値段も安く、これなら、頻繁に通える。
帰るときに、店のスタッフに
「いい練習場をみつけたわ。予約ってできるの?気に入った部屋を希望できるの?」
と、いろいろ尋ねてみるが、いずれも対応可能のようだ。
 今回一番驚いたのは、実は一人で来ている風の女性客に、何組かすれ違ったこと。通路に出ると、思いっきり絶唱している声も聞こえてきた。
いやー、おひとりカラオケって、ほんとうに浸透しているのだ。
これからは、ピアノスタジオと併せて、有効活用しよう。

一方、カラオケは10代後半から、お世話になってきた。
いろんな場面で、いろんな交友関係で・・・。ああ、青春を思い出すな~と
ちょっとセンチメンタルジャーニー、タイムトリップをひとり楽しむにも
ひとりカラオケは良いかも。
このテーマは引き続き研究していこうと思うほど、感慨深い体験であった。





カテゴリー: Essay (Word) | ひとりカラオケの有効活用 はコメントを受け付けていません。

兄弟愛が育む、不滅のメロデイ

つい最近、久しぶりに「ビリーバンバン」のテレビ生出演を偶然見つけた。
 最初は、「まだ、現役なんだ~」と、白いブランコなどのヒット曲をよく聞いた小学生時代を思い出し、懐かしさで画面に目を向ける。
すると兄さんが、車いすに乗って、弟だけが立ってギターを弾き、バックバンドに支えられ、演奏しているのに気づき、それを知った瞬間から、目が離せなくなった。
弟は昔と同じように、ギターを弾きながら、透明感ある少し物憂げで優し気な声で歌い、兄はマイクをもちつつも、演奏そのものをするというよりも、弟の演奏を応援し、盛り上げようとしているのが伝わった。おそらく声が以前のように出せないのかもしれない。でも、車いすに乗った兄の存在は、あまりにも大きく、
弟の歌声を聴きながら、涙が頬を伝った。
兄弟で50年、音楽活動を続けてきて、数年前に兄が倒れ、そして復活。
お兄さんは、まだ まひが残っているようであるが、
病気の人を元気づけているような、そして視聴者に「50周年ライブで全国に行きますから、みなさん健康第一で、体を大切に」と、一生懸命話しているのを見て、車いすからあふれるパワーに感動・・・・。
元気いっぱい、若さいっぱいのかっこいいアーチストもいいけれど、老いも含め、さまざまな障害を乗り越え、一生涯、アーチストであり続けるその兄弟から伝わってくるパワーは底知れない。
 アーチストには、その表現する作品への評価もあるだろう。でもそれだけでなく、そのアーチストの生き方そのものが人々に与える影響こそが、実は大きいと思う。そういう意味で、ビリーバンバンは兄弟で生み出す愛のメロデイが、心からしみてくるのは、人として・・の部分も大きいのだろう。
改めて、白いブランコも、そして大好きな「さよならをするために」を歌いたくなった。子どものときはそう思わなかったのに、年を重ねて、好きになってきている。

どうぞ、ビリーバンバンの素敵な兄弟、これからも助け合って、ご活躍ください。一生涯、アーチスト。一生涯、現役。これが私も目指す道。


カテゴリー: Essay (Word) | 兄弟愛が育む、不滅のメロデイ はコメントを受け付けていません。

惜しまれて引退が、いい。

この度の稀勢の里の引退記者会見は、多くの日本国民が何度も目にしたのではないか。
初場所4日目の引退とは・・。
当日のすべてのニュースのトップを飾るほど、注目の話題なのだろう。
 私も何度か、この会見を目にした。前日行われた、どこかの潔白表明のための記者会見とはまったく違う、感動的な会見であった。
 まず、この力士は、なんと良い顔をしているのだろう。としみじみ思った。
イケメンであるとかそういう薄い話ではなく、いい意味で日本人らしい、品のある、男らしく、そして優しく、透明感のある顔だち、そして表情。
そして、記者からの質問によく考え、丁寧に答えようとする姿。いろんな思いがこみあげて涙をこらえての場面には、こちらもうっときた。
悩みながら、苦しみながら、いろんな人の顔が浮かびながら、横綱なんだからというとてつもないプレッシャーと戦い、そして怪我と戦い、この2年間を生きてきたのだろう。
そして、引退。
本当は、負けてもいいから、千秋楽まで戦ってほしかった。そこまでやってほしかったと思うのは、無責任だろう。ご本人が決めていたのだから、これでおしまいなのだ。
 彼の引退の言葉を聞きながら、心から拍手を送った。
これまで、負けたり、休場の報せをきくと、「も~、横綱のくせに」とか正直思ったことがあったが、本当につらかったんだろうな、ごめんね!謝りたくなり、また、なんともそのひたむきさに心うたれ、これからもっと応援したいと
いう気持ちでいっぱいになった。

 惜しまれながら引退する。これは大変勇気がいることだと思うが、素晴らしい
人生の選択だと思う。
別の業界では、いつまでもその座にい続けたい人もいるようであるが、
ごまかさず、居座らない。見極めて、座を去る。この勇気には感動を覚える。

これからの活動に期待したい。まだ若い。ご自身の経験を活かして、強い後輩たちを育ててほしい。

 引退と聞いてから、好きになる。こういうこともあるもんだ。
自分は悔いなし、人に惜しまれる。
これはいい生き方だ。見習いたい。

とにかく、一生懸命やること。ひたむきにやること。
そのことが、道をつくるのだ。

稀勢の里、大変お疲れさまでした。そして、ありがとうございました!




カテゴリー: Essay (Word) | 惜しまれて引退が、いい。 はコメントを受け付けていません。

赤坂メキシカンにグラシアス!

時々、思い出していた。あの美味しいタコスと、異国情緒に満ちた空間。そこはメキシコ、ラテンワールド。不思議なマスターと懐の深いママが営むメキシカンレストラン&ライブハウス。
 仕事で知り合った知人からの紹介で知った、いかにも赤坂な隠れ家的スポットであった。
「ピアノがあるから、ライブやりなよ。」「でも、グランドピアノじゃないから」「何、贅沢いってんだよ(笑)」と、懐かしき会話。
そんな感じでマスターにすすめられ、そして当時、ライブありのコミュニケーションサロンを定期開催していた私は、このお店でマーサ倶楽部開催の機会を得た。
このイベントも15年前のこと。
それ以外にも、知人のマジシャンとここでマジックライブを何度かやった。
 そう、昨日のことのようだが、そんなに時間が経ったのかと改めて思い出す

 その後、ラテン音楽への興味が深まり、アルゼンチンタンゴの魅力を知ったのもこの店との出会いがきっかけだった。ピアソラの演奏も何度かここで聴いた。また、ブエノスアイレスに行ったときにアルゼンチンの国旗を1枚買ってきてとマスターがと依頼され、本当に買ってきたらたいそう喜ばれた。
伺ってはご無沙汰し、ご無沙汰しては伺い・・。

最後にお会いしたのは数年前だろうか。
自分のCDとマスターのそれを交換した。私が書いた曲の歌詞を見て
「長いな~」と一言。
今思えば、マスターと交わした最後の会話は、もしかしたら、それかもしれない。
なんとなく気になっていたのに、引っ越しもして、赤坂に行く機会が減った。
ふと、またあのタコスが食べたいと思い、店のホームページを確認したら、
見ない間に公式サイトがフェイスブックに代わっていた。あ、もしかして・・。
 そして、いろいろ検索していくと、当たってほしくない予感どおり・・。
そのマスターは帰らぬ人になっていた。
 ああ、引っ越す前に会いに行っておくべきだった。引っ越してからでも、行っておけばよかった。預かっていた資料もあったのに・・。
 TOKYOにいて、ラテンの世界を本格的に体感できた、そして自分の世界が広がったのは、赤坂のあの店の存在のおかげだったと、今改めて思う。
 マスターは、有名なラテンユニットの創設メンバーだったとのこと。
昭和の良き時代に、日本にラテン文化を広めた立役者だった。

 ちょっとシニカルで、いつもかみ合わない会話のようであったが、今となっては懐かしい。多くの人にラテンを伝え、ラテン文化のコミュニケーションの場を提供してくれた。そして、ママが作ってくれるタコスも絶品。

店は今も受け継がれているようだ。近々、赤坂に、萩マスターの影に会いに行きたいと思っている。

今、15年前のアンベさんでのライブのレポートを久しぶりにチェック。懐かしい人たちの面影を見ながら、15年の月日をかみしめる。

アンベの萩マスター、アディオス。そして、グラシアス!

2005年開催マーサクラブレポートhttp://www.mahsa.jp/mclubf10.html

カテゴリー: Essay (Word) | 赤坂メキシカンにグラシアス! はコメントを受け付けていません。

自己満足と社会貢献の間で。

長年勤務した職場を定年退職され、その後、定年になったらやるぞ!と決めていたことに次々と挑戦。スペイン語の習得はもちろん、スペイン巡礼の一人旅。さらにこの年始は同じ巡礼地として、熊野古道を歩いた。

 そんな知人が名古屋で途中下車、久しぶりに会う。
今年は、もう一度、スペインへ。今度はポルトガル側から歩くとか、さらにはインカ帝国が眠る南米の国々を巡りたいとのこと。
海外だけではなく、自身のルーツである広島のある町にも今年は足を運ぼうと思っているそうだ。
スペイン語の勉強は継続、真剣に次の挑戦に向け、お会いするたびに学習成果が出ていることが、傍目にもわかる。
「定年後、好きなことができて、念願のスペイン巡礼も果たせて、さぞかし幸せですよね」
巡礼先で撮影したさまざまな写真を見せてくれるその人にさりげなく質問してみる。確かに巡礼地の旅では、毎日8時間歩くという行動が心をキレイにしてくれて、この上ない貴重な経験であったらしい。
「でも、今のこの暮らしは自己満足なんだよね。現役のときは、自分の仕事が社会に評価されることがうれしかった。今は、それとは違うね」
 その言葉を聴いて、仕事と趣味の違いが、改めてはっきりわかった気がした。
報酬の問題ではない。
自分の行動が、自分だけがうれしいか、周りもうれしいか、喜ぶか。
趣味とは自分の満足のための行動、活動。
仕事は社会とのかかわり、社会への働きかけ、社会貢献をしてこそ、自分の存在意義がわかるというもの。

人は自己満足だけでは生きられないのでは。
きっとこの紳士は、そのうち、現役時代とは違うペースであるかもしれないが、
社会の役に立てることに喜びを見出すべく、新たな旅を始めるに違いない。

 彼の旅の報告をきいて、そう思った。

自己満足じゃ、本当には満足できない。
社会貢献することで、自分も満足できる・・といい。

今はそのための準備期間なのだろう。
そのための巡礼の旅だったのだろう・・・・。

目を輝かせ、少年のごとく、旅の工程を話すその紳士。
きっと現役時代の職場では違う顔をされていたんだろう。

自己満足と社会貢献。つい、考えさせられるテーマだ。
後者が強くなればなるほど、プロフェッショナルなのだろう。






カテゴリー: Essay (Word) | 自己満足と社会貢献の間で。 はコメントを受け付けていません。

方言コミュニケーションいいね

季節柄も含め、まずまずの発想が浮かんだと思う、今回のイベント。
地方ならではの、今こそ子供たちに伝えたい、大切なコミュニケーション。
グローカルに生きることを大切にしたいと思うと、余計にそう思えてくる
「方言コミュニケーション」の重要性。

 今回は小学生のお子様たちに、方言かるた大会を楽しんでもらった。
三連休の最終日の成人式で、集客的には厳しかったが、いずれ成人を迎える地元の子供たちに、新年のこの日に方言に接してもらう機会は意義深い。
おかげで地元の新聞社も取材に駆けつけてくれた。

今回は、方言の専門家の先生や、岐阜弁かるたを企画制作された企業さんの協力やかるた読みを手伝ってくださった知人たちを得て、実現となった。
もちろん、機会を与えてくださった主催者やビジネスパートナーにも感謝。

英語もいいけど、その前に土地の言葉。
まずは、自分が生まれ育った土地に思いを馳せ、その時代のことをずっと忘れず大きく育ってほしい。

温かいコミュニケーションが地方から生まれる。

「かるた」は、ポルトガルから来たそうだ。そう、やっぱりザビエルの時代に関わっている。

「かるた」は、時代を越えた「グローカル(タ)コミュニケーションツール」だ。




カテゴリー: Essay (Word) | 方言コミュニケーションいいね はコメントを受け付けていません。

まずは、お役に。

年明けから、いろんなお声をかけていただき、お話をいただき、心からありがたいと思う。
また、遠く、近くのいろんな距離から、「ありがとう」の声をいただき、こちらも本当にありがたいと思う。
 生きていく上で、仕事は必要かつ重要だ。仕事なしで生きることはあり得ないのではないかと思う。仕事とは報酬の有無ではない。
仕事とは、社会のどこかの、何かの、だれかのお役に立つこと。立てるようにすることだと思う。
お役に立てたことが実感できたときは、心から幸せを感じる。
お役に立てず、相手の不満や不安が残るときは、自分も不幸である。

どんなときも、やると決めたら、まずやってみる。そしてお役に立てるようにする。
どこまで、いつまでそれを続けるかは、別の話かもしれないが。

初めてのお仕事は、とにかく、まずお役に立つように。ここが第一ステップだ。
すべてそこから始まる。

かけていただいた声を、大切に。まずは、お役に立てるよう努力する。

カテゴリー: Uncategorized | まずは、お役に。 はコメントを受け付けていません。

おすそ分けの観覧車?

ありがたいことに、いろんなものが届く。
「地元の旬の味をお届けします」とそこでしかとれないフルーツを、
「おやじが作ったので、食べてください」と大根を・・・。
本当にありがたくて、ずっと手元において、少しづつじっくりいただきたいのだけれど、そうするには量も多くて、家においておくと、腐ってしまう、これでは送ってくださった方にも申し訳ない。

 そんなことで、おすそ分けとなる。
あるときは、家族に少し持っていこうとする途中に寄ったクリーニング屋さん。
そこのおばちゃん同士の会話になる。
「お元気でした?」(顔を見たのが、久しぶりだったので)
「私は元気だったんですけど、旦那が手術して・・・・」
という話になり、聞いているうちに、袋に入れていたひとつの果実をつかんでいた。
「あの、これ、新潟から送ってきてくれた、ル・レクチェという洋ナシなんですけど、お見舞いにひとつどうぞ。旦那さんと召し上がってください」
といって、その黄色い洋ナシを手渡すと、彼女が目をまんまるにして
「えー、もらっていいんですかあ?」
その喜びようといったら、なかった。そして、その後お店に行くたびに、その珍しい洋ナシを食べるまで、食べたとき、食べたあとの楽しいエピソードを幸せそうに話してくれた。妹にあげる分がひとつ減ったけれど、あれだけ喜ばれたら言うことはない。
さらに、そのル・レクチェは、初めてお会いする方の面談時にひとつ持参。
その日の夕食後に、家族で召し上がっていただけたそうで、喜んでいただけた。
 さらに、大量に送っていただいた大根は、よく荷物を届けてくださる宅配会社の女性のスタッフに。
「ピンポーン」のベルが鳴り、ドアを開けると彼女はいつも大きな荷物を抱えてきてくれる。重くて悪いなといつも思っていた。
「おはようございます。お荷物です。サインくださーい。」
荷物を受け取りながら、サインをしながら、
「あのー、唐突なんですけど、大根食べます?」
宅配会社の女性は驚いた顔で、
「はい!」
「じゃあ、これ一本もっていってください。まさに昨日、送ってきてもらったんですけど、たくさんきて、うちだけじゃもったいないので。京都の大根です」
と言って、新聞紙に巻き付けた大根1本を差し出す。
「わあ。いいんですか?いっただきまーす!」
彼女は私に荷物を届けて、身軽になったはずが、1本の大根を抱きかかえ、足早に去っていった。

 そんなこんなで、楽しいおすそ分けストーリー。
生のモノだから、そうなることが多いが、なんだかとても楽しい。
いただいたものは、送っていただいた方、作られた方の思いを大切にし、
感謝の気持ちをもって、ぐるぐるっと回したい。
おすそ分けは、おいしさの、笑顔の観覧車なのかもしれない。

大根を送ってくれた京都の農家さんに、次会って、そんなエピソードを伝える
のが楽しみだ。








カテゴリー: Essay (Word) | おすそ分けの観覧車? はコメントを受け付けていません。

送料と交通費の価値比較?

ある商品を買うには、その生産者から買う方法しかない場合。
送ってもらうか、届けてもらうか、取りに行くか。
ほとんどの場合は、送料がかかっても、送ってもらうことにするだろう。
私も多くの場合はそうしている。

でも、時々、取りに行くこともある。
それは、その生産者・作り手の顔を見て、話を少ししたい、聞きたいとき。
ついでがあるとき。
その取りに行くこと自体を小旅行のように、冒険のように楽しみたいとき。

だから、忙しいときはもちろん送ってもらうが、今回は送料と変わらない料金で行ける距離でもあり、ローカル電車に乗って出かけることにした。

「そんなわざわざ来なくていいですよ。送りますから」
「いえ、送料かかるので」
「でも、交通費かかりますよ」
「いいんです」

実際、その道中が珍しい場所だったり、わざわざ行かないと行かないような場所であると、本当にわくわくするのだ。
知らない駅に降りて、電車を乗り継いで、駅の案内をみながら、ああここはこういう町なのだ~とちょっと観光気分にもなって、その町にも新たに興味をもつ。

そして、駅あたりでその生産者と会う。さすがに駅までは出てきてくださる。
そして「わざわざ来ていただいて」と言っていただき、
では、せっかく来たのでコーヒーでも・・という話になり、
次の電車まで話をしながら、コーヒーをいただく。
地元の珍しいお土産などもいただき、単に商品を取りに来ただけでない楽しみが何倍にも膨らむ。

Amazonで頼めば、宅配業者に依頼すれば、簡単な時代。
でも、なんだか最近、そればっかりじゃないぞ。そっちの方向に皆がいってはいけないような気がして・・・。

お会いすれば、その商品への愛着も沸いて、応援もしたくなるし、相手の方にも喜んでいただき、こちらが色々教えていただくことも多く・・・。

不便なことをあえてやる。そんなことを少し心がけよう。
海外旅行もいいけれど、こんな風に用事を絡めた小旅行は日常的に楽しめる
出会いと交流の時間だ。
小さなことなのに、とても1日が豊かになる。



カテゴリー: Essay (Word) | 送料と交通費の価値比較? はコメントを受け付けていません。