声の同窓会。

コロナが私にもたらしたことのひとつは、人生はいつ終わるかもしれないので、
気になる人にはちゃんとご挨拶しておくこと。ということ。
最期のお別れのご挨拶ではなく、後悔しないご挨拶ということ。

ブログにも書いたとおり、その活動の一環、コロナお見舞いは、それぞれに返信があり、年賀状などかしこまったタイミングでない、この非常時にふさわしい内容で、その人のことがより愛おしく、懐かしくなったりすることを実感。

そんななか、10年以上ご無沙汰していた子供の頃からの音楽仲間にも、
コロナ見舞いを出す。
「電話だと長くなるから、手紙にしました」と懐かしい文字で綴られた封書と手作りマスクが届く。この10年以上前のこと、いろんなことを思い出したら、ちょうど本人からショートメールが届き、なんだかさらにとても話したくなったので「3分だけ電話で話したいので、都合いい時間教えてください」というと、折り返しの返事。そこでかけてみる。
声の同窓会が始まった。声も話し方も、方言も変わらない。すぐに顔も表情も浮かんだ。
オンラインでないところが想像をかきたてて良いのかも。

10年以上あっていなかったとは思えない、無遠慮ぶりで、とにかくいつもどおりに話し始める。かしこまらなくてよいのが、旧友なのかもしれない。

モーツアルトの生まれ変わりという彼女に、ザビエルの生まれ変わりという私。どっちもかなりの変人。

作曲・演奏という世界で知り合いあった半世紀ほど前・・・。

気が付けば30分ぐらい話していた。
いっきに10年の時間のブランクは消え、また近いうちに・・といって電話をきった。
声の同窓会。も悪くない。長電話ってときにはいいものだ。そのこと自体が昔に帰ったようだった


カテゴリー: Essay (Word) | 声の同窓会。 はコメントを受け付けていません。

「心を鬼に」の壁。

言いたくないことを言わねばならないとき。
そんなときも、ある。
相手にとって、厳しいこと、つらいこと、耳の痛いこと・・。
それがきっかけで口論になったり、傷つけたりすることもあるかも・・

でも、本当に相手のことを思うから言わねばならないことがある。

それは本当は優しさであり、思いやりである。と、思ってきた。

さて、最近もときに心を鬼にしなければならないことがある。

しかし、相手が高齢者とくに親ともなると、心を鬼にしても、
伝わらないこともあり・・・。自分が本当の鬼に見えてしまうこともある。
わたしははオニじゃないんだよ~。わかってくれ~。
と、そんなことで葛藤する日々・・・。

心を鬼にするということは、相手に期待できるとき。期待しているとき。
相手にもそれを理解し、受け止める力が必要だ。
しかし、弱っている相手には、心を鬼にして・・・は通じない。
そんなこともだんだんわかってきた。
いろんなことが、前と違う、昔と違う。

心を鬼にする・・これは教育の現場では必要だ。
でも、もう長年充分生きて、学びのときを過ぎて、人生のエピローグに
向かう人に対して、心を鬼にするのは適切ではない。
最近、そんなことを思う。
自分に対して、心の鬼になり、耐えたり、あきらめ、赦すことに慣れていかねば
・・・。
と、最近、気になる心を鬼の壁。
これを乗り越えて、とにかく感謝の気持ちだけで、接していけるように。
自分がひとつ成長するための、ステップだと信じて・・・。





カテゴリー: Essay (Word) | 「心を鬼に」の壁。 はコメントを受け付けていません。

町に活気が戻った!

名古屋駅で、出張ビジネスマンの姿を多くみかけた。久しぶりの光景だ。
出張解禁の6月1日。もちろん地域によってはまだ自粛が続いているが。
デパートも全館オープン、夕方の飲み屋街も、3か月前のように戻ったかのように、店の灯がともり、元気に呼び込む声も聞こえる。
マスクと消毒液、ソーシャルディスタンスの注意書きの3点セットは前はなかった。そして以前多く見かけた外国人観光客の姿は消えた。ここが以前と大きく変わった点。

再び営業を始めた飲食店。一軒一軒店の中をのぞいてはいないが、お店によっては、向かい合わせの客の間にアクリルをセットしたり、カウンターにはビニールを張ったり、とそれぞれ工夫している。休んでいる間に知恵を絞ってこの日に向けて準備したのだろう。やることやって、前向きに営業しよう!という店の
意気込みを感じる。
これだけ見ていたら、何も変わっていないような感じがするが、
この再開店が叶わなかったお店がある。
頑張り切れず、営業終了を迫られたお店がある・・と思うと、複雑な気持ちになる。

夏になり、暑くなるため、マスクをしていると余計に喉も乾くだろう。
ビールがたくさん消費されるだろう。
人は酔っぱらってもマスクをつけるだろうか?ここはちょっと心配。

いずれにせよ、町に活気が戻ったのは何よりだ。

いろんなことが始まる。

7月から商業施設でのショッピングバッグの有料化が、名古屋でもはじまる。
いろんな意味で、前と違ってくる。
自分勝手であってはならない。
みんなのこと、地球のことを考えて、生きましょう。

そんな気持ちになる6月のはじまり。
とにかく、街に活気が戻って良かった。

カテゴリー: Essay (Word) | 町に活気が戻った! はコメントを受け付けていません。

ふくいさん。ありがとう!

先週の京都新聞でみつけた記事にショックを受けた。
京都に住んでいたころ、よく利用していた、お好み焼き屋さん。
五条大宮にあった、小さな、古い、お店。年季が入っているのは
お店だけでなく、そこで働く人たちも・・。おばあさんたちがキッチンで
フロアで活躍している。腰が曲がっているのか、作業で腰をまげて
いるのかわからないぐらい、ずっとかがんだままキャベツを切ったり、お好み焼きの準備をされ、とにかく大人気のお店。
京都を離れて20年。もう、さすがにないのかな?と思ったら、まだ営業されていることを知って、久しぶりに訪問したのが3か月ほど前。
とにかく大盛で、とくにキャベツの量が半端なく、とにかくボリュームがすごいということで、大満足。
観光客にというよりも、地元の人々に愛される名店。
久しぶりに行ったときも、何も変わらず、気取らず、のふくいさん。

さすがにコロナでどうなっているかな~と気になっていた。
また落ち着いたら行こうと思っていた。

そんななかの京都新聞の記事。カラーで大きなスペース。
老舗お好み焼きのふくいさん、この月末、閉店という記事だ。見出しに目を疑った。
コロナと高齢化が原因ということ。
人気店だったのに、自粛で客足が途絶え、不安な日々を過ごされ、おまけに後継者がおられず・・・。
確かによくやっておられるなあといつも思っていたのだが、今回のコロナが
もうあかんな。ということになったのだろう。
やめるとわかってからは、お店が盛況とのこと。そういうもんでもあるが、
切なくもある。
最終日。京都に行けなかったため、思い出しながら、「ふくいさん、ありがとう」と遠くから感謝。
コロナの影響・・・。これからもこんな例が続くのだろうか。
コロナを乗り切るには、若さも必要なのかもしれない。
ああ、京都の好きな店が、またひとつ減ってしまった・・・。

ふくいさん、長年お疲れ様でした。ありがとうございました。

カテゴリー: Essay (Word) | ふくいさん。ありがとう! はコメントを受け付けていません。

すべては「関係」

生きるということは、すべて関係で成り立つ
人はひとりで生きられない。コミュニケーションをとりながら、人間関係をつくりながら生きている。
仕事でも、お客様や協力者との関わりをもちながら、何かしらのお役立ちごとを
すべく、日々取り組む。
すべてをひとりで!ということは難しい。
必ず誰かの導き、応援があってこそ、行動できる。

関係と一言で言っても物理的、精神的、時間的距離。そしてどの部分で、どのように、どの程度関わるか。そして何のために関わるのか、、、。これらは関わる相手ごとに違うようだ。

またさまざまな出会いがあって、関係が始まる。そして途切れ、また、、、。

歳を重ねると、その数にはこだわらず。多すぎるより、ほどほどでいいことに気づく。数よりも、良質な関係、高め合うことが出来る関係、応援できる関係、そう笑顔になれる関係こそが必要だ。

生きる上で、今一度 ご縁いただく方たちの「関係」について見直してみたい。

そして、常に「おかげさまで」と思いあえる関係づくりを目指したい。

カテゴリー: Essay (Word) | すべては「関係」 はコメントを受け付けていません。

変化に対応、いろいろあれど。

アフターなのか、ウィズなのか。コロナとの向き合い方がこれからの社会生活のひとつの課題になっている今日。
思わぬことが起きるということが今回立証されたことで、いかに変化への対応が重要かを改めて知らされることになった。
変化への対応・・・。
よくマスコミや、企業ではその言葉を多用する。
そのとおりであるし、もっともであるし、それを口にすることで背筋も伸びる。
では、具体的には?

実はここが大切だと最近思っている。

生きていく上で、変化に対応というのは、今始まったことではなく、
もう実際そのように生きてきており、これからもそうしていく・・生きるということはまさに、変化への対応なのだ。
自分の変化、そして自分の周りの変化にいかに対応していくか、向き合っていくかがまずは優先。

自分の場合、今は親の変化ということが大きな課題、ときに難問である。
老いていくというこの変化に対して、どう向かい合うのか?
悲しいかな、子供という存在は、自分や自分の親は変わらないもの、絶対的な存在・・とどこかで思っている。そうであってほしいと思っている。
だが実際、そうではない。
親も、自分も、家族も、そして友人、知人も、会社も、町も・・・。
変化のない人生というのはありえない。悲しくもある。

今、コロナへの変化といいながら、それよりプリミティブな人間の老いという変化について、自分がどう向き合うのか?について日々考えている。

いずれにせよ、日々すべて変化していく。そこだけ忘れず、ときにはあきらめも
そして、生きている以上は希望を持って。
変化に対応しづらくなる年寄り、これは変化を認めたくない、死にたくない、今のままでいたいという人生への抵抗なのかも・・・。

などなど、「変化」ということに改めて考えさせられている。

カテゴリー: Essay (Word) | 変化に対応、いろいろあれど。 はコメントを受け付けていません。

気持ちが伝わる歓び。

コロナ見舞いを送った、お久しぶりの皆さま。とくに首都圏にお住まいの方にお送りしたが、早速 受け取りました!とさまざまお返事と近況報告をいただく。
日本国の郵便はすごい、1日もかからずに届いているのだ。かの有名なマスクは届かないけれど。(もっとも、これは受け取る気もないので、永遠に届かなくていい)

突然の見舞い郵便に、驚きとともに、気持ちが伝わって、元気になりました~との声。メールではあるが、その文面から、がんばって生きているよ!気にかけてくれてありがとう。大変だけどがんばるわ。落ち着いたら、ぜひ会いましょう。またメールをされない方からは、お電話。思いがけない便りとおまけを喜んでおられる様子が、声から伝わる。思いつきのちょっとした気持ちの行動に即、感謝の言葉が続くのが、うれしい。ちょっとのことで、幸せな気持ちになれる。
限られた時間、焦り気味に手書きで書いた文章はあまり読みやすいものではなかったはずであるが、気持ちが届いたならば、それが一番。

コミュニケーションで一番大切と思っているのは、「伝えたい」と思う気持ち。

それが伝わっていると感じられると、送ってよかった、やってよかった、言ってよかったということになる。

送った香り付きのハガキを、「マーサさんの匂いですね。癒されます。しばらくリビングに置いておきます」という方もおられ、ほんのちょっとのことで、人は元気になったりするものだということを改めて知る。

全国各地、さまざま年代、いろんな職業、生き方。ひとり一人に感謝して、気持ちを寄せて、今日も心新たに走りはじめたい。

カテゴリー: Essay (Word) | 気持ちが伝わる歓び。 はコメントを受け付けていません。

日常が戻ることへの有難みを。

日常が当たり前であったときには、非日常を求めた。ハレの時間、祭り、普段と違う刺激、消費・・・・。

しかし、今回の感染症パニックは、その「日常」がストップさせられた。
まだ日本ではぬるい、ゆるい措置であったとは個人的には思うけれども、
それでも、明らかにこれまでの日常ではない、動かない、静かな日々が続き、
経済活動も停止。先が見えないことへの不安が、日常化すること。このことが一番の恐怖となった。
今日の次は明日が来る。だから今日もがんばろう!という日常を過ごしてきたのに、明日はもっとひどくなるのか?日本はどうなるんだ?将来は??先が見えないことで、気持ちの方がまず非日常になった。これまで体験したことのない、なんともいえない状態。
しかし、人間は慣れる動物であり、適応する能力がある生き物だから、
この自粛のなかにもなんとか生き延びた。
そして、宣言解除を機に、徐々に日常が戻ってきた。
開いているはずのお店が開いて、「いらっしゃいませ!」の声が聞こえて、
これまでうるさいなと思っていた道路の音も、再び聴こえてきて、それすらも「これ、これ」と懐かしく、気のせいかおしゃれをする人も増えたような、・・・となんだか町も活気づいて見える。
マスクがやたら販売されている光景と、ほとんどの人がマスクを着用している姿は、以前と異なるが、それでも人が普通に生活していることを感じることができることが、なんだか嬉しい。


日常がある歓び。
今、別にお祭りがなくてもいい、申し訳ないけれど、オリンピックなんかいらない。
そんな無理する非日常よりも、普通に働いて、生活が回って、生活というものを回していく楽しみ、生きがいをみんなが感じられたらいいと思う。
今年はすでに貴重な非日常をみんな、生きた。ハレとケというが、まさにケのなかでじっと忍んでいた。
だから、今は普通に生きていることを、ありがたく、愛おしく思う。
コロナは終息していない。気を抜いてはいけないけれど・・・

日常生活ってありがたい。シンプルであるけれど、安心して暮らせるのがありがたい。そんなことにも、気づかされたこのたびのコロナ禍。

カテゴリー: Essay (Word) | 日常が戻ることへの有難みを。 はコメントを受け付けていません。

気になるあの人へ、コロナ見舞いを。

日頃メールなどで頻繁にやりとりをしている人とは、このコロナ自粛期間も
行き来をしていた。とくに仕事関係は普段どおりに・・・。
一方、かなりご無沙汰していたり、いろんなわけあって長らく会えなかったり、
メルアドもわからず、アナログのみの交流であったりする人たち・・・のことが
ここのところ、大変気になって、コロナ大丈夫だろうか?どうされているだろう?と次々と顔が浮かんできた。この自粛期間中に、悲しい別れもあったせいか、相手がご年配であったり、健康状態が気になる方のことは余計に気になってくる。連絡とらなくちゃ、いや、電話も唐突だ・・・・・と思い続ける。
もしも何かあっても、連絡が入るとは限らない・・・そんな関係も増えてきている。定年して時間が経てば、だんだんそういうことにもなってくる・・・。
と、そんな風に毎日、いろんな方のことが気になって、すっきりしない。
このままではいかん!と、突然、レターセットを引っ張り出してきて、封筒に宛名を書き、それぞれに「コロナお見舞い申し上げます」と始まるお手紙を書き、そこにちょっとしたおまけを入れて、ひとつひとつ封緘する。気が付けば20通以上になっていた。やり始めたら、止まらず、結構な作業。
そして、その束を郵便局に持ち込む。
それぞれ重さもサイズも異なるややこしい封書を係の人が計量、清算してそして投函。
さて、さて届くのが楽しみだ。郵便はやはり届ける楽しみがある。
気になっている人にメッセージを出せたことで、ずいぶんと心もすっきりした。
お元気だといい。また会えるといい。
気になったら即行動。また気になる人が出てきた・・・この作業はしばらく続きそうだ。

カテゴリー: Essay (Word) | 気になるあの人へ、コロナ見舞いを。 はコメントを受け付けていません。

いのちと経済は並列ではない

5月25日発行のニューヨークタイムスでは、今回の新型コロナウイルスで感染し、亡くなった市民の一部、1000人分の名簿を一面にて掲載した。

以下はスマホから見たWEB版のスクリーンショット。すでに10万人以上が亡くなり、世界一の感染国となっているにも関わらず、経済活動を再開させている州があったり、中にはマスクをするもしないも、自分の自由だなどと主張し、社会問題になっている困った大国アメリカ・・・。
自分や家族や友人が感染したら、と思えば、考えや行動は変わるだろうに。
この名前とその人を紹介するメッセージを見ると、いかに今回のコロナが恐ろしいかを感じることができ、ミュージシャンとかその人がどんな人であったかを知るとより一層胸が痛む。
どんな人であっても、感染する可能性があるのだ。油断をしてはいけない。
大切な人を失うことがあるかもしれないのだ。まだ何も終息していない。

日本ではこのたび、全国で長かった緊急事態宣言が解除となったが、ここで気を抜いてはいけない。そして、いのちと経済は、決して並列ではない。

まずは、いのち・・。そして暮らしを支える活動、経済。
これからも、うまく塩梅をはかりながら、何が一番大切かを忘れない選択をしていかねばならない。

もし、この新聞にNYの知り合いの名前が・・・と思ったら、怖くて精読できない。なぜか、911の後のときのことを思い出す。
今回は、また違う危機であるが、社会が変わる節目である点では共通している。

カテゴリー: Essay (Word) | いのちと経済は並列ではない はコメントを受け付けていません。