遺された者への贈り物。

母の死は、確実に私を新たな世界に導いている。
葬儀関係、お寺、石材店といった、これまで無縁であった世界、業界の方との接点。ああ、こうやって、人の生死は社会の中で賄われていくのだということを実感。まさに、人生は観覧車のように・・・。これまで私が乗っていた観覧車は「死」に触れることがなかったため、今回のことでさらに世界が広がった感じだ。
私自身は、無宗教だ。宗教についての思いや考えはあるが、特定の宗教だけを
信仰するということはない。
どの宗教にも固有の歴史があり、生臭い面もあったり、各時代の世情、世相と深くかかわってきており、ときには人を助けるが、ときには人に不幸をもたらすこともある。
宗教戦争ほど、悲しいものはない。結局、権力闘争か・・とがっかりしたり、
男社会の権化とも思える一面も感じ続けているため、自分自身にはとくに宗教はない。
しかし、それは私自身の考えであって、母の願いは願いどおり叶えねばならない。そんなことで、ここのところ、お寺さんとの交流がはじまっている。
そして、この関わりでは、地域社会におけるお寺の役割について、考えるいい機会をいただいている。
人の一生の終わりをきちんと結び、浄土(といわれる世界)に亡くなった人が旅立ち、そして残された家族の悲しみも癒えるように・・・そんなケアをされるのがお寺さんの大切な役割である・・ということが今回わかってきた。

母が亡くなって、真っ先に連絡したのは葬儀社とお寺さん。
何も知識がないなかを、この道のプロが指南、そして流れにのってことが運ぶ。
おかげさまでなんとか役割を果たすことができた。
そして、新たな発見もいろいろあった。
今回の母の葬儀関係で感動したことのひとつは、お経の声だ。母がよくしていただいたお寺の住職がお読みになったお経は、本当にいい響きであった。その響きだけでも母が浄土に行けそうな気がした。お経とは、キリスト教でいうところの讃美歌にも通じる、音楽的要素がある。なんてことを感じながら手を合わせ、
拝聴していた。
また、それを聴きながら小学生の頃、公民館でいやいや通わされたお経教室のことも蘇る。母に行かされたな~。それにしても、ああ、このご住職、いい声だな~。お経読むには、声が命だ。
また、読経後、ご説法される時にも、ユーモアたっぷりの話し方に、人側を感じた。この方なら安心して色々相談できるな~と思えた。

また、この葬儀前後の段取りについては、ご住職だけでなくお寺を切り盛りされる、坊守さんの存在も改めて知りながら、お寺という仕事はこういう役割分担で回っているんだ。と感心したり・・。

そんなことから四十九日、納骨の日を迎えるまでに、お寺さんとのやりとりが続く。
母が生前お世話になった、おつきあいがあった方たちだからこそ、信頼して
お願いできるという面も大きい。
どんな仕事であっても、仕事ぶりだけでなく、人として見る、視る。
その興味関心から、つながりが生まれ、関係が育まれる。

知らなかった世界との出会いは、母の死が与えたこと。
これは、悲しみ、寂しさと引き換えであるが・・・。

「母」の存在を介して、これからも新たな出会いが続くことだろう。

カテゴリー: Essay (Word) | 遺された者への贈り物。 はコメントを受け付けていません

父と一緒に。

母の告別式後、初めて父と合う機会を得た。
さまざまな手続きの中で、父の直筆サインが必要となり、
施設の許可をもらい、久しぶりの入室。
長らく、文字を書くこともしていなかった父に対し、
うまく手続きが進められるように、サインの練習をして
おいてもらうよう、施設の皆さんにお願いしてあった。
父は前日に、一生懸命、自身の名前や、自宅の住所を書く
練習をしたとのこと。
おかげで、手続きは無事に前に進めることができた。

その用事のあと、父と私の二人の時間を少しだけいただいた。
告別式でバタバタと別れて以来の再会であり、その後のケアも
フォローもできないままであった。
「・・・寂しくなったね」。どんな言葉をかけていいかわからず、
出た言葉のあと、父も私も堰を切ったように泣いた。
そして、持参していた父と母のツーショットの写真や、私の生まれて間もない頃に両親と一緒に写っている写真を1枚づつ、一緒に見る。
「これ、どこかわかる?」半世紀以上前の写真だ。
「岐阜駅やないか」「そう、甲子園に行くバスに乗る前だって」・・・
父はちゃんと覚えていた。しっかりしていた。
写真を見ながら、一緒に、母の在りし日のことを思い出す瞬間。
「これが、去年の11月。ここで撮った写真。これがおとうさん
がお母さんに会った最後の写真。」父は、じっと黙って写真を
見ていた。
「お母さん、疲れていたね」
そう、その写真は、元気な頃の写真とは全く違っていた。
「お父さん、お母さんの分も生きて。もう一人しかおらんのやで。
お願いします・・・」
と父に伝えた。
「コロナやで、もう行くわ。また来るね。早くワクチン打ってもらってね」
静かに父の手に触れ、別れた。
・・・・・・・
そんな父と二人の時間。
このとき、親が生きているということのありがたさを、強く強く感じた。
父と一緒に。
母の分まで。
こんなことを桜が咲く前には、考えたこともなかったが・・・。






カテゴリー: Essay (Word) | 父と一緒に。 はコメントを受け付けていません

日常に「高級」をワンポイント。

コロナの影響もあるのかもしれない。
家で食事をとることが増え、外食しない代わりに、ちょっといいものを、ということで日常使いのものをワンランク上のものにする。そんなケースも多いようだ。
コロナ禍で、パン屋さんやケーキ屋さんは順調ときく。
中でも、高級食パン屋さんは、地方にいっても、駅前などで見かけるほどに
増加、今や、パンの主要カテゴリーのひとつになってきている。
たとえば、銀行のATMスペースに出店したり、ビル1階の隅っこで、開業している人も少なくない。焼き上がり時間には、人が並んでいるお店も多い。

私がずっと気になっているのは、高級食パンの「高級」の意味。
高級があるなら、中級や低級もあるだろう。
高級って何だろう?
普段自分がいただいているパンはどこに当てはまるのか?
ちなみに小麦の味がしっかりするシンプルがバケットやパンドミーを常用しているが、これらは高級?おそらく今の流行りからすればそこには該当しないだろう。
毎日食べているものは高級ではない。特別な日、非日常的に戴くのが高級だ。
ここで言う高級は、生クリームが入っていたり、いろんなものが入って
値段もこれまでの食パンの2倍以上のもの、また毎日食べると飽きてしまうものでもあるかもしれない。

また、以前、食パンを人に贈るなんてなかったけれど、最近は
高級パンは立派なギフト品になる。ケーキをさしあげるような感覚かもしれない。
最近、いただいた湯種の高級食パンは、確かに持っても食べてもぎっしりして、生、トースト、いずれでも楽しめる重宝なパンであり、もったいない、もったいないと思いながら、美味しくいただいた。

でも、
高級って、自分からいうと、なんだか気恥ずかしいけど?
ルイヴィトンは、自分のことを高級とは言わないだろう・・・。とも思ったりする。
しかし、「高級」という言葉は高級に憧れる人、庶民にとって幸せのアイコン。
ともあれ、
「高級食パン」市場は、コロナ禍も手伝って、日本でしっかり定着した。

今やどこでもここでも・・で、そのうちバブリーに終わらないかと心配もする。
どんなものでも、どんなことでも、しばし、幸せになれるひとときは、
必要だ。
「高級食パン」、とてもアジア的、日本的な存在だ。


カテゴリー: Essay (Word) | 日常に「高級」をワンポイント。 はコメントを受け付けていません

「まずやる、すぐやる!」が、心に響く!

外食業界が大変だ。
そういいながら、皆さん、生き残るため、さまざまな工夫をしている。
時短のなかでの戦いは厳しいものがある。
お客の心理として、20時で終わりか、21時で終わりか・・では
全く違うというのだ。そりゃそうだ。21時まで営業していると思えば
18時半からでもゆっくり食事できる。でも、20時で終わりとなれば、
かなり意識し、早めに仕事を終えたりしないと時間が足りない。
そこまでしてまで、外食したいか?ということになる。

そんななか、今は弁当、テイクアウトへの対応に力が入る。
コロナによって弁当がこんなに売れるとは思わなかったというほどに
弁当市場は競争がかなり激化している。
これまで弁当を売っていないレストランが弁当を売ることで、
売れなくなっているお店も存在するはずだ。狭いパイを食い合っている。
短時間での激しい競争だ。
どうせ食べるなら美味しいものをということで、レストランの弁当は
好調のようだ。

話は戻るが、問題は夜時間。テイクアウト用商品にでも、外食らしさを
出してはどうか?
たとえば、お店で接客しているのと同じように、商品にメッセージを入れる。
そうすることで料理は生きた存在になり、食べる楽しみが増える。
そんな話をしていたら、早速それを実践してくれた人がいた。
この行動の速さがうれしかった。

いいと思うことは、まずやる。すぐやる!
その積み重ねで業績も必ずよくなるはず。
外食とは、お食事のご提供であり、人がサービスするところに良さがあるはず。
そのことを、今できるカタチで実行する。スピードが最重要だ。
まだまだやれることはある。よくなろう、よくしようと思う気持ちと行動。
その持続が成果を生み出すと信じている。
丁寧に伝える言葉と、おいしさは比例して・・。
もちろん料理も、とってもおいしかった。

カテゴリー: Essay (Word) | 「まずやる、すぐやる!」が、心に響く! はコメントを受け付けていません

花びら浮かべて・・

そんな美しくはない。それは、単に色あせた花びら。
散っていく花びらを捨てられずに、こうしてガラスの器に
浮かべ、その中の水を取り替え、取り換え、まだいける、まだいけると
そんな風にこの花びらを見守っている。
この花は、昨日のブログにも記載した、母の葬儀に飾った祭壇の花の一部。
その花が朽ちていくのをそのままにできず、こんな風にしてみた。
京都のお寺さんで、花びらをこんな風に(もちろん朽ちた花ではなかったが)
されているのを思い出したため・・・。

とにかく少しでも花を長持ちさせたい、とこんなに思ったことはない。
1日でも一瞬でも、母の面影に重なるものと一緒にいたい。
という気持ちなのかもしれない。
白いバラはドライフラワーにしてみる。

この半月ほど、「いのち」のはかなさをこんなに感じたときはない。
はかない。風のごとく。
それをわかった上で、今日も元気に生きるとしよう。

カテゴリー: Essay (Word) | 花びら浮かべて・・ はコメントを受け付けていません

花といのち。

母は花が好きであった。
施設から自宅に戻って、元気に生活を再開したときから、いつも花を飾るようにした。一輪でもなんでもいいので、花が食卓にあるとなんだか幸せな気持ちになった。ちょっと花瓶が寂しいときは、造花を入れることもあったが、やはり生のお花を見ると元気が出た。
喧嘩していても、花の話題で、怒っていたことも忘れるほどだった。
そして、何年か前に、新潟でもらったバラの木をずっと大切にしていたことが
昨日のようだ。
「まだ咲いとる。新潟でもらったバラが・・・」
まさに、一輪のバラが人生の思い出話に花を咲かせたという感じ。
とにかく、
離れていても、喧嘩していても、花さえあれば、ご機嫌で、何か通じ合うものがあった。

母が亡くなってから、葬儀で飾った花をずっと花瓶に入れて、眺めている。
もう半月が経過し、そろそろ花も元気がなくなってきた。
毎日お水を何度も何度も取り替えて、今日も元気で!と声をかけるが、それでも色もあせ、花びらが落ち、だんだんさみしくなっていく。

この花たちとは、別れたくない。
「散らないで。咲き続けて!」
なぜか、力がこもる。

母を送った花だから、1日でも一瞬でも長く、咲いていてほしい。

本人、家族の希望から、人間の延命はしなかったけれど、この花だけは長く生きてほしい。

そして、
母が今眠る、お寺には、いつも紫の花を持参する。
母が好きだった色の花があることが、喜ばれそうで・・・。
心に咲く、紫の花を、今日もひとり静かに思っている。

カテゴリー: Essay (Word) | 花といのち。 はコメントを受け付けていません

声をかけ、言葉を交わそう。

コロナで甚大なる被害、影響を受けている各業界。
とくに、馬鹿の一つ覚えみたいに時短時短と言われ、その巻き添えになっている飲食業界のみなさんのことを思うと心痛い。
時短だけが解決の道ではないのに・・・本当に腹立たしい。
とにかく、そんななか、がんばってお仕事されている飲食業界の方に今、改めて
エールを送り続けることが大切と思っている。
先日、京都のあるホテルレストランにて、オーダーした前菜の盛り合わせと五目焼きそば。丁寧に丁寧に料理を作り、提供されている手の込んだ料理の出来栄え様を見て、それを作っているシェフと会話がしたくなり、接客係の方を通して、キッチンに声をかけてもらった。
客から呼ばれた・・クレームか?と心配されるといけないので、「おいしい料理を作っていただいたのでお礼を言いたいので、よかったらお会いしたいです」
ということで、登場されたのはシェフ帽が似合う、30代のスーパーバイザー。
名刺をいただいた。クレームを言われるのではないので、安心が漂う表情。
「大変ですね。お客さんも少ないし、仕入れも大変でしょうに、よく考えて丁寧に作られて・・・。感動しました。がんばってくださいね。また来ますので」
とそんな言葉をかけた。
「そう言っていただけると励みになります。SDGsのこともありますので、ちゃんと材料をうまく生かして、無駄の内容に作ることも大切で・・・。材料を提供いただく方とも協力してがんばりたいとお思います。」元気にそんな言葉を返してくださった。
それ以外にも、出かける店では、特に最近、できる限り、スタッフに質問をしたり、感想をいったり、会話を心がけるようにしている。
飲食店だけでなく、小売りの専門店でもそうするようにしている。
一昨日訪問した紅茶の専門店のスタッフに、紅茶のことをいろいろ聞いて十分会話してから、購入した。すると帰り際に、その担当者が「お客様、紫色お好きですか?」と言いながら、彼はこっそり、ズボンのポケットからボールペンを2~3本取り出して見せてくれた。それが紫色であった。仲間ですよ。という合図だったのかもしれない。そして「またぜひおいでください。今日、楽しかったです」と言われてしまった。単なる一人の客なのに、お店の人に楽しかったといわれるとは・・・。

今、売り場に立つ、現場でがんばる人達の仕事を盛り上げていかねばならない。
客数が減っても、そのひとりひとりへの向かい方の濃さ、コミュニケーションレベルを上げていくことで、お客様の満足もももちろん、ESも向上するはずだ。

好きなお店に対して。頑張る店に対して。お客としてもできることがあるはずだ。
以前、マーケティングは関係づくりだという自分の考えをまとめたことがあったが、そこは今も変わらない。

コロナで疲労し、苦労する現場のみなさんを応援できるのはお客しかない。
応援すること、応援しあうこと。
これこそが一番必要なこと。

私にとって好きなお店があることが、人生の豊かさ、心の幸せにつながっている。だから、そのお店がなくならないように、今、自分ができることをしていきたい。

お店の人から「楽しかったです」と言われるのは、不思議な感覚ではあるが、それもあり。「で、あなたの名前は?」彼の名前はしっかり覚えた。
きっとその店にまた行くだろう。
「パリに行かなくても、パリの味が楽しめますよ」そんな言葉も言っていた。
なかなかな接客だ・・・。と時間が経って思い出す。

コロナはマーケティングのあるべき姿を教えてくれている・・・。
ていねいに関係を育みたい。
お気に入りの店に足を運び、声をかけ、言葉を交わす。
きっと、いや、絶対にお互いが元気になれるはず。

カテゴリー: Essay (Word) | 声をかけ、言葉を交わそう。 はコメントを受け付けていません

東京発みらいへ。

今回の母との急な別れ。とにかくこの時期、東京に住んでいなくてよかったとの思いが強い。
いつまでも東京でなく・・・という選択。
これが正しかった。

一方、知人のコンサルタントが、この春に東京を去って、北海道に移住しようと
いう。ずっと東京で忙しく、ばりばり動き回る、そんな日々が似合う人であるだけに、今回の選択に驚きつつも、いい選択をされたと納得。
コロナで仕事のやり方も変わり、東京にいなくともどこででもできる、そして他の理由もあって、厳寒の地での新たな暮らしを選択したとのこと。

20代から50代の働き盛りの時代に東京で経験を積み、そして、地方へ。
人生後半の様々な課題を解決するためにも、東京から脱出、卒業。
その選択は改めて、正しいと思う今日この頃。

コロナがきっかけとなり、新たな生き方を探し、動き始める人。
何かを変えようと模索し、行動する人。
きっと増えているのではないだろうか。
このままではいけない。今がチャンスだ・・いろんな思いが伴う決断。

コロナが理由。それがすべてではないけれど、この新たな経験は、私たちに新たな選択を迫り、背中を押す。
きっかけさえあれば、人は動ける。
人で混みあう、密な都会を避けて、大地へ。
東京からみらいへ。
未知なる世界に向かい、新たな出発をする人に、心からの祝福を。

カテゴリー: Essay (Word) | 東京発みらいへ。 はコメントを受け付けていません

「響き」への願い。

この2週間。わが辞書に加わった言葉がある。
それは、「響」という一文字。
母の法名にと、お寺様に命名いただいた中に使われた一文字だ。
これは、仏教の言葉から選んでいただいた一文字とのことで、「こう」
と読むそうだ。
この「響」という文字。ぱっと見て、「あ、これは母のこと」と思える一文字である。よく付けてくださった。お寺様が生前の母のことをよく見ておられたからの命名であろうと感激し、また気に入った。

響くとは、コミュニケーションでもっとも大切なこと。
普段から、「『伝える』より『伝わる』が大事」なんて言い続けているが、
「響く」とは、伝わる以上に、一体感があり、コミュニケーションの目指すべき姿であるといえる。
響くとは、心にじんわりと入ること。
伝えたことが、感動につながるという意味にも解釈できる。
広がりのある言葉だ。
そして、音楽でいえば、交響曲(シンフォニー)と壮大なイメージもある。
もっと平たく、広くいえば、調和の言葉。
母は、最高の名前をいただいた。

これから「響き」を大切にしよう。
耳をよく済ませて、世の中のさまざまな音にも気持ちを傾けたい。
響いているか、響き合っているか。

響きとは、「ハーモニー」。
これからは、この言葉を大切にしながら、生きていきたいと思う。
不協和音を自分でつくらない。
むしろ、不協和音が聴こえたら、音の一部を変えて、より響き合うようにする。

そういえば、20代のとき、ある広報誌のネーミングに提案した言葉が思い出される。
「夢・ハーモニー」。
これも響きを大切にする言葉だ。なんだか、つながっていると嬉しくなる。

ウイスキーの名前にも付けられたこの「響」。
なんとも堂々としていながら、落ち着きもあり、心落ち着く言葉。

響き合う世の中に。
そんな思いをもちながら、自分も響く人として生きていきたい。
よく響く、お坊様の読経の声を聞きながら、
この「響」に心を向けていた。

この響きを大切にする時間こそが、母とのこれからの対話になるのかもしれない。


カテゴリー: Essay (Word) | 「響き」への願い。 はコメントを受け付けていません

ここから新しくはじめる。

ある方が、20年前のお母さまの死から、自身の人生がどう変わったかについてのメッセージを送ってくださった。
哀しみにくれる時間ももちろんあったと思うが、それを乗り越えて、「抱きしめたくなる本づくり」というコンセプトで、自費出版の会社を立ち上げた。そしてボランティア活動をずっと継続しているのも、お母さまの死がきっかけになっているという。
彼女は、私に対して、「もう次に向かって走り出していますよね」との言葉も。
最高のエールだ。

親しい人の死は、残ったものに対して何を与えるのか。
惜しみ、悲しむ時間はもちろん必要であり、人として自然であるが、
ずっとそのままでは終わらない。
生きていかねばならない。人生は止まれない。

まさしく人生は、観覧車のように・・だ。
母の死という、ひとつの一大事が、次への起点になる。
ここから、はじまるのだ。

ふと、今、60歳になるまでに、70歳になるまでに・・・と
考え始めている自分がいる。
そう思っていると、寂しさや哀しみは薄らいでいく。その気持ちを抱きつつも、それでも生きる自分に対して、何か新たな力がじんわり湧いてくる。

5年後、10年後の自分。
どこにいて、何をしているだろうか?
なりたい自分に向かってスタートできる。考え方によっては、
しばらく何かと我慢していた自分に、再び自由が戻ってきた・・・
そんな考え方もできる。

とにかく、ここからはじめる。新しくはじめる。
新しい輪を回し始めよう。
永遠の感謝の気持ちとともに・・・。



カテゴリー: Essay (Word) | ここから新しくはじめる。 はコメントを受け付けていません