ヨソモノが社内コミュニケーションの潤滑油。

ある企業さん。伝統的な木製の建築関連の製品を作られている。
10年程前に、その当時20代後半らしき若い女性が
その会社のPRをしたいということで、お会いした。
若い女性なのに、古風だな~。しかし、とんでもなく頑張り屋さんで
今どき、こんな純粋に仕事する娘さんは他にいるのかと思うほどに
本当にきまじめな人。
そして、そこの社長さんも仕事熱心な職人さん。
二人三脚でがんばってこられ、最近では職人さんも増え、若い女性たちの
入社も続いているとのこと。
そのお二人と、初めて一緒に食事をした。
神田で串焼きを食べたいというリクエストに応えて、知り合いの店で
合流。
食事もお酒も空間も良かったせいか、普段二人で話せない、なかなか
進まない、会社の今後の方向性についての議論が進んだ。
どうやら、ヨソモノがそこにいることで、客観的に時々口を挟んで
くれる人がいることで、気づきや頷きが増える。
そして、「よし、がんばろう」
と元気にお開き。
「おかげさまで、今日はいい話ができました。一緒にいていただいた
ので、普段できない話もできました」
と、社長からも、女性社員からも感謝された。

10年前に出会った彼女が成長し、次代を担っていくこと
それは部下をもち、組織を束ねる力を養っていくこと。そんな
段階に来たのだ・・。これからがますます楽しみだと思える
会食ミーティングとなった。

いつも一緒に仕事をしている少人数の会社であれば、
一人一人の距離が近すぎて、言わなきゃいけないことが
後回しになったり、改めての話がなかなかしづらいことも
あったり、家族のように言わなくてもわかるだろうというお互いへの
甘えもあるのかもしれないが、
ヨソモノが聞き役、突っ込み役、頷き役としているだけで
社内コミュニケーションは改善されることもあるもんだ。

だから、こういう仕事も必要なのだ。
ヨソモノだからの良さを、これからもじんわりと
発揮していきたい。

カテゴリー: Essay (Word) | ヨソモノが社内コミュニケーションの潤滑油。 はコメントを受け付けていません。

捨てられないコレクションとの決別。

断捨離とは、モノではなく、過去の自分との別れである。ということを
最近、実感しつつある。
保管しているもの、捨てられないもの・・・。
場所さえあれば、気が付かないうちに、溜まっていくものだ。
最近、いろいろ捨て始めているのであるが、一番捨てづらい、捨てがたい
ものが、ペーパーバッグやパッケージの類。
国内外で入手したいろんなデザインの紙袋や箱たち・・。
商品自体ではないが、私の仕事柄、この資材類は私にとっては
商品と同じくらい、いやそれ以上の価値があり、デザインの資料としても重宝であり
・・・そんなわけで、気が付けばどんどん溜まっていった。
時々は、整理してきたものの、それでも買い物をすれば、自然と
増えていく。
海外のものであれば、なおさら、貴重なお宝・・。
その袋をみて、パッケージを見て、その店はもちろん旅や出会い、
そのときの自分をも思い出すのである。
以前、母親が、旅行に出かけたあと、泊まった宿のパンフレットだけ
でなく、箸袋やコースター・・・などなど持ち帰って大切に
していた習癖?を改めて思い出す。

忘れたくないから、思い出として、他の人から見ればごみ以外の
何者でもないものを大切にとっておく。
その気持ちはわかるけれど、長寿になればなるほど、とっておいたら
キリがない。
やはり、時々捨てる日を決めて、新たな思い出をとっておく枠を
広げておくのが良さそうだ。
いろいろ処分をすると、過去より未来が見えてくることもある。

そんなことを考えながら、捨てたくない紙袋の選別を最後まで
引き延ばしている今日この頃だ。

カテゴリー: Essay (Word) | 捨てられないコレクションとの決別。 はコメントを受け付けていません。

空からの依頼を大切に。

今年もまた、自分主催の企業勉強交流会を開催した。
あまりに盛り上がり、写真を撮ることも忘れたが・・。
毎年新たに出会う企業含め、過去に行政主催の勉強会に参加された企業
たちの、活動報告・最新の取り組みについてのPRの場であり、同じ
勉強会に参加した仲間(OB)同士の交流の場である。
20代から60代後半、職業も地域も異なり、これはかなり面白い
異業種交流であるが、やる気があり、前向きであり、新たな何かを
求めてきているという点では共通している。
大した準備もしていないが、それでもどんな集まりでも、やろうと
思うとそれなりに準備と覚悟が必要だ。
声をかけた以上、反応がどうであれ、やり抜かねばならない。
途中で「やっぱ、やめるわ」は許されない。
どんな活動でも、立派な仕事、自分に課せられたミッションである。
手抜きは厳禁だ。
自分から何かをするということ、依頼を受けてではなく、自分から
始めること。
これは自分のための大切な仕事である。
目先の利益ではなく、大げさにいえば、自分がここに生きているという
ことへの証づくりであり、世の中への恩返し。どんな小さなことで
あっても・・。

最近、自分からはじめる活動は、実は 空からの依頼、発注ではないかと
思うようにする。
自分に与えられた、神様からの仕事。と思うようにする。

思いつくということ自体、与えられているのかもしれない。

前向きで清らかな気持ちでいると、あれこれと湧いてくる。

これからも、空からの依頼には正直に答えていこうと思う。
なぜなら、それをやりきった後には、笑顔や感謝の言葉に
出会えるから・・。
みんなが幸せに、元気になれることならば、骨を折るべし。

カテゴリー: Essay (Word) | 空からの依頼を大切に。 はコメントを受け付けていません。

元気の媒介になればいい。

「ああ、電話もらって元気出てきた」「ちょっとやる気がなくなっていたけれど、元気が沸いてきました」
といった言葉をよくいただく。
自分としては、別段とくに何をしているわけでも、なんでもないけれど、
ちょっとしたコミュニケーションで、言葉で、笑いで
人様が元気になるならば、そのことが自分が少しでも役立っているならば、
それだけでも存在意義があるのかなと、とちょっと大げさに思ってしまう。
8年目に突入した「愛の元気人」というラジオ番組で、「コミュニケーションなんでも相談室」
というコーナーをやっているが、この相談室はまさに普段の自分のままの回答であり、
基本的にはその人を認め、理解し、応援するという流れになっている。
生きていると、毎日いろいろあるけれど、自分がひとつの化学物質だとすれば、
他と交わればいろんな化学反応になるのだから、そりゃ合う、合わないといろいろあるだろう。
でも、また相手が変われば違う反応にもなるわけで、
そんな自然の摂理もわかってくれば、苦しみも乗り越えられるし、合う人との出会いがあれば
元気に走ることができるはず。

何もできないけれど、攻めて人様の元気づくりの媒介になれれば、と思う。
それが実感できると、私自身も元気でいられる。

カテゴリー: Essay (Word) | 元気の媒介になればいい。 はコメントを受け付けていません。

野の花に学ぶ、「美しき自立。」

先日、山野草を描いている作家さんのミュージアムでその作品を
観たせいか、それ以来、各地にて道ばたに咲く花や草に、
改めて目がいくようになった。
花屋さんの店頭を飾る、美しき切り花や、鉢植えたちももちろん
好きであるが、商品にならない、売り場に並ばない野に咲く花。
ときには食用にもなるという、生活感も漂う花たち。

幼き頃、たんぼに咲くれんげ草の色が昔から好きだったから、
ピンク紫の色合いが好きなのか、おそらく自分の紫好みは
野花の影響かもしれないと改めて思う。

道端に静かに咲く、山道に咲く、ちっちゃな花たち。
誰かが観ていなくても、「私はここにある」と一生懸命生きて
いるような気がし、元気が湧いてくる。
野の花は、自分の力で咲いている。
強い存在だ。
美しい自立。小さな野の花から、最近改めて教えられている。
人の目に惑わされず、こびず、自分らしく咲く。
そしてそんな姿を見る誰かを、静かに勇気づける。

なんと、素敵な咲きざまか。
華やかなバラが似合うステージも好きだけれど、
自分自身はバラよりも、野花な生き方が似合っていそうであるし
より親近感を感じる。
がんばろう。小さくとも、美しき自立。

カテゴリー: Essay (Word) | 野の花に学ぶ、「美しき自立。」 はコメントを受け付けていません。

耳栓、常備。

人間の五感は開かれている。
と書くと、かっこよく聞こえるが、ここではちょっと違う見方をしてみる。
口は食べよう、話そうという意志のもとに、開かれ、その機能を発揮する。
目もそうだ。見ようとして目を見開く。見たくないときは、目を閉じればよい。
目を閉じても明るすぎるときは、サングラスなど使用する。
手や足も、意図して触れるというのが 基本的。もちろん電車の中で、意図せず、
他人に触れてしまうこともあるが・・。

鼻と耳。これは基本的に開かれているのだ。
鼻は意識しなければ、ずっと匂いが入ってくる。
息をしなければいけないから、当然である。
だから、いい香りも臭いにおいにも、敏感なのは鼻がいつもオープンだから。
鼻を閉じることはできない。

そして、耳。
これも基本的には全部入ってくる。いつでもオープンである。
もちろんより聞きたいものに意識を集中すれば、よく聞こえるが
聴きたくないものが入ってきてしまう・・
昨今は電車の中でも マイルーム状態を楽しむひとも多く、
音楽音が漏れていたりすると、大変不快で、本当に困ってしまう。
聴きたい音楽はいいが、聴きたくないものが入ってくるのは阻止したい。
同じように、先日、ある特急電車の指定席に乗った際、
聴きたくない音について困る一コマがあった。
ななめ後ろの席に座ったおばちゃん二人が、ずーっと大きな声で
2時間半、話し続けている。
おばちゃんと呼ばれているおばさまと、姪っ子らしいおばちゃん。
会話のなかで「おばちゃん、おばちゃん」と、姪っ子のおばちゃんが
初老のおばちゃんを呼んでいるので、二人の関係がわかる。
まあ、久しぶりに会って楽しい旅路なのだろう。
ここは、公共の空間だ。という認識はなさそうだ。
すいているので構わないということかもしれないし、
いつでもそうなのかもしれない。
すいているから、席が近いせいで、お二人の話がずっと
まる聞こえ。その人の家系図が描けてしまうほどに
詳しく聞こえてしまう。
眠りたいが、声が大きくて眠れず、本を読むにも声が
気になって集中できない・・。
困ったな~。
すると車内販売のお姉さんがワゴンをひいてやってきた。
ああ、こんなときに「耳栓も、あります」
なんてアナウンスしてくれたら、いいのに。と心から
願ったが、そんなことは言うはずがない。
とにかく、どうすればいいか・・・と、ミスターキーンの
ような状態で2時間半を過ごし、電車を降りた。

それから、決意した。
イヤホンか、耳栓は常備すべし。
そして実行。
成功であった。
翌日、再び新幹線に乗る機会があったが、今度は後ろの人の
キーボードをたたく音と、携帯から時々響く、電子音。
これも耳に入れたくない。

耳は閉じることができない。
なんと、人間は不自由なのだろうと思った次第。

このご時世。、耳栓。常備がおすすめだ。
スマホありなしに関係なく、人のことを考えられない人が増えていることは
とても残念だ。

つい、耳を澄ませたくなるような、キレイな愛らしい音
に出会いたい。

カテゴリー: Essay (Word) | 耳栓、常備。 はコメントを受け付けていません。

グラン・ルーはおフランス生まれ。

来年9月が開設20周年・・・のグラン・ルー。La Grande Roue。
観覧車のフランス語 ラ・グラン ルーを日本語読みにした。

心の観覧車を創ろうと発想した場所は、まさにパリ。18世紀後半に絶対王政で
国民たちを翻弄してきた君主たちが処刑された、市民たちが自由を勝ち取った
コンコルド広場。
写真の観覧車はまさにそこにあった移動式観覧車。
この写真自体は2年ほど前、1泊だけ立ち寄った際に久しぶりに撮った
グラン・ルー。シャンゼリゼ通りから撮った。
雨に光って。観覧車がそのまま地面に写り込んでいるその姿がとても
気に入っており、最近改めてスマホの壁紙に起用して、毎日グラン・ルーを
見直している。

19年前、最初にこの観覧車に出会ったのは、実はこの広場の
目の前に広がる、ルーブル宮の庭園に建っていた時であるが、
移動式であるから、場所が変わっても不思議ではない。
とにかく、パリは私の自立を促した、精神性の原点である。

30代前半に、移動式の大観覧車の存在に魅了され、
シャンゼリゼ通りを歩きながら、そこからわがライフコンセプトを得た。
その後、そこを再び歩きながら、テーマ曲「人生は観覧車のように」も
生まれた。
音楽を一度捨てた身なのに、
やっぱりピアノを弾いて歌おうと思ったのも、ピアフやモンタン、イヴェッットジローがいたから。
そして、子供の頃から、私に美的感覚や想像力をもたせてくれたのは、アランドロン!
小学生のころ、日曜映画劇場で初めてみた、若きフランス俳優の主演映画は
「黒いチューリップ」。
こんな美男が世の中にいるのか?会いたい~と思ったぐらい。
あれから、50年以上、アラン・ドロンは私の心の中での憧れの人であった。
ダーバンのコマーシャルは、今ふりかえっても衝撃的であり、夢中になった人も多かっただろう。
80歳を越えたアラン・ドロンもいよいよ引退ということで
寂しい限りであるが、ずっと心の支えであったことは間違いない。

若き日に、京都に住んだのも、日本のパリと思える、そんな憧れもあったから。

などなど、前後したが、わが人生の前半時代を思い起こせば、
私の独立のルーツはフランスだ。
だから、レオナールフジタ他、フランスに渡った芸術家のことは
心から尊敬し、共感しているし、どこか郷愁と羨望を感じる。

そのパリが、フランスがここのところ、大変心配だ。
今しばらく、ちょっと足を運べていない。

が、このたび、若きリーダーが選ばれた。
やっぱり、フランスだ。
あるべき姿を目指して、進んでいく。
精神性豊かな、自由の国の代表選手として、
よきフランスを取り戻してほしい。
ドイツとフランスは民族的には異なるが、哲学的であるという
点では共通しており、
あるべき姿・・をきちんと考え、実行できる人たちだと
信じている。

私のラジオ番組のテーマ曲は、ピアフの「愛の賛歌」

いろんな意味で、グラン・ルーはフランス生まれ。
これからも、誇りをもって回り続けよう。

href=”http://mahsa.jp/wordpress/wp-content/uploads/2017/05/IMG_0369.jpg”>

カテゴリー: Essay (Word) | グラン・ルーはおフランス生まれ。 はコメントを受け付けていません。

マーケティングリサーチをしない、オンリーワンの地方企業。

社名はもう20年以上から知っていた。長野の伊那に素晴らしい食品会社があると。
寒天という、地味な伝統的な自然食品の製造を行い、約半世紀。
「かんてんパパ」というブランドは中部や首都圏では知られているだろうか、
とにかく知ってはいたし、日頃からおつきあいのある企業のトップや幹部にも
絶賛の会社であり、気になりながら機会がなかったが、今回近くに出向く予定があり、
その会社の本社敷地内にある、かんてんぱぱガーデンに立ち寄る。
出入り自由、レストラン、ギャラリー、ホール、試食が出来るレストルーム。
寒天に馴染みがなくても、ひとたび訪れたら、かなり寒天ファンになりそう。
しかも、伊那近隣を代表する観光スポットになっているのか、寒天を使った全国の銘品から、
全国の自然、こだわり食品のセレクトショップもあり、新潟の見覚えある商品も販売
されていたりして、それも含め、かなりユニークなテーマパークである。
寒天を使った様々な種類の食品から、都会のグルメ、外食三昧とは一味違う、手作りの
楽しさや家族コミュニケーションから生まれる食の楽しさ、豊かさ。健康的な人生とは何か
について考えさせてくれる素晴らしいCSR活動。
こちら、パーク全員に自然なおもてなしが行き渡っている。
敷地内に無料貸し出しの傘がある。オレンジ色の傘は寒天の色か?
敷地内のショップ、ギャラリーで働く人々の笑顔が素敵で、とても親切だ。
働く人々が誇りをもって働いているのが伝わってくる。
こちらのトップの著書を拝読すると、なるほどと思うことしきり。
もっとも印象に残ったのは、マーケティングリサーチはしない。というものの見方。
データには過去しかない。
過去から何かを生むのではなく、自分がいいと思ったものを作ればいい。
ということ。
とても難しく勇気が要るが、自分が日頃考えていることにも自信がもてる。
そして作りすぎないこと、という点も共感する。
今の時代にこそ求められる、ホンモノの会社に出会え、元気が湧いてきた。
思わずこちらへも2日連続で足を運んでしまった。

カテゴリー: Essay (Word) | マーケティングリサーチをしない、オンリーワンの地方企業。 はコメントを受け付けていません。

「もどきさん」と暮らす。

私が尊敬するMさんは、本当に心が広く、大地のような心の広さとやさしさに満ちている。
おおらかで、いつも前向きで、気風がよく、男前な感じも大好きなところ。
もう7~8年のおつきあいになるが、2年前に愛妻でなく、愛夫が病に倒れ、半身不随が心配されたが
Mさんの応援・協力・行動あって、お二人でがんばってリハビリされ、どんどん回復され、お会い
するたびにご自身でできることが増え、お元気に。そして今ではいろんなところへ旅行される
こともできるようになった。
ああ、本当に仲がいい、本当に助け合っておられる。いつもこの夫婦愛に感動していた。
久しぶりにMさんとお会いして、食事しながら情報交換をする。
「旦那さん、いかがですか?」
とお聴きすると、どんどん回復され、良くなっておられるが、やはり以前と同じという
わけにはいかず、会話や行動には後遺症も残り、時々、以前の夫とは違う人といるような
気持ちになる・・とのこと。
そして、Mさんは
「なんだか、似ているけど、違う人っていう感じですかね。そう、『もどきさん』と
いるような感じ・・。でも、同じ思い出があったり、一緒にどこか行けるし、これはこれで
いいと思いますね。」
と明るく笑って言われる。そこがMさんの凄いところ。
そうか。もどきさんか・・。
健康なとき、病気やケガをしたとき・・。
同じ人間でも、いろんな状況で変わってしまう。
それも含め、その変化にも向き合い、一緒に楽しめるのが本当の夫婦、本当の
愛だと思う。
「いなかったら、さみしいですしね。そう思うと、これでいいかな」といわれるのも
心にしみる。
それから、Mさんは冗談交じりに、私に暗号のように「もどきさん」との会話を
教えてくださる。
私だったら・・。彼女はいつも、私のお手本だ。
人間で大切なことは、楽しく愛を持って生きることだ。と教えてくださっている。
私だって、もどきのマーサになることもあるかもしれないし・・。
それでも見放さずにいる人がいてくれたら、幸せだ。と思う。

カテゴリー: Essay (Word) | 「もどきさん」と暮らす。 はコメントを受け付けていません。

ルイスの行方が気になる。

ベネズエラの友。といっても会ったのは2回だけであるが、
彼とはその後もメールでのやりとりはしばらく続いていた。
初めて会ったのは、ブエノスアイレスのタンゲーラ。
食事しながらタンゴを観賞するという劇場レストランには
たいていカップルや友達で訪問する場合が多いはずであるが、
私の場合はひとり。そして同じテーブルで相席となったのが
同じく一人で来ていたこのルイスだ。
幸いにも、ルイスは英語も話したので、会話が成り立ち
ずっと会話を楽しめた。
同じスペイン語圏のベネズエラから、アルゼンチンへ
旅するというのもなかなか大変なことのようであったが、
彼は国営の電力会社で働く、エリートな青年という感じであった。
タンゴショーの合間に会話しながら、翌日が誕生日である
と知り、これは何かの縁だと思い、その翌日市内で
待ち合わせをし、再びお茶をしながらベネズエラと日本の
異文化情報交換を楽しんだ。
この青年の名は、ルイス。
彼は、生まれて初めて見た日本人が、私であるということで
とても感動し、彼がこれまでテレビや映画で見た
日本のイメージと私が違うということで、驚いていた。
ベネズエラ人が抱く、日本のイメージは仕事人間、
クール、忙しそう・・・とにかくベネズエラとは違うんだ
と面白く語ってくれた。
いつかベネズエラで会いましょう。
いつか東京にもおいでね。
といって、別れたあとも、CDを送ったり、スペイン語交じりの
メールをもらいながら、しばらくは連絡が続いた。

が、そのうち途絶えた。
そして、時折、ベネズエラのニュースを聴くたびに心配に
なり、ルイスはどうしているんだろうか?と思い、
最初はメールをし続けていた。
が、返事が来なくなった。

さらに、今、政情が不安定だ。危険な状態だ。

ルイス、どこにいるのか?
無事なのか?ブラジルへ逃れた人も多いというが、
ルイスの家族はどうしているのか?

たまたまあった一人の異国の友から、その国のことを
心配したり応援したりするようになる。
今も、ルイスとのバカげた会話が懐かしい。

きっとタンゴの魅力が、コミュニケーションをより
楽しくしたのだろう。

ベネズエラはじめ、今、危機状態にある国々が
平和であり、穏やかに生活できるようになることを
心から祈っている。

ルイス、元気でいて!

カテゴリー: Essay (Word) | ルイスの行方が気になる。 はコメントを受け付けていません。