この日、この時期だけでなく継続してすべきこと。

8月15日は終戦記念日。
お隣の国は、戦勝記念日ということになる。
この忘れてはならない日のことを、平成世代の若者の中では
知らない人も多いらしく、困ったことだとも思う。
戦争を体験した人たちの高齢化が進み、これからますます
記憶は薄らいでいく傾向にある。

一方、この時期。とくに8月になると、広島、長崎の悲しみの日
からこの終戦記念日にかけて、戦争や原爆に関する報道がやたら
多くなる。
本当にこんな悲劇があったのだ。という記録がまだまだ出てくるし、
生き証人たちの言葉ほど、説得力があるものはなく、
釘付けになりながら、平和のありがたみをひしひしと感じる。

平和に関する教育と報道。
この2つはこれからとても重要だと考える。
長崎では小学校から平和教育を授業に取り組んでいる
事例もあるそうだが、被災地だからだけではなく
全国で世界でやるべきだ。
終戦記念日を知らない人がこれ以上増えるということは
平和や戦争について、無関心な人が育つということ。
無関心は一番よくない。

そして報道。
この時期にだけ、貴重な報道を流すのではなく、
定番のコンテンツとして、通年で取り上げるべき。
ネットでももっと可能だ。
もちろんプロバガンダ的なものではなく、
冷静に、客観的に平和を見つめ直す、戦争の悲惨さを
きちんと伝え続ける行動ができるのは、すべきなのは
メディアという存在であり、それが彼らの大切な役割
だと思う。

日本が大きく変わった日。
戦後という大きな歴史的節目が始まった日。
この日がなかったら、
いや、真珠湾攻撃がなかったら・・
今の日本、今の私たちの暮らし、人生は
大きく変わっていた。

おかしな物体が日本の上空を飛ばないように。

平和であることを、家族とともに噛みしめ、
平和の原点を忘れず、感謝を忘れず、
笑顔で生きたい。

カテゴリー: Essay (Word) | この日、この時期だけでなく継続してすべきこと。 はコメントを受け付けていません。

行楽しない夏も良し。

思えば東京の連休は普段より静かで好きだった。
最近は、その時期も多くの内外からの観光客で人の出入りが激しく
すっかり様相が変わった感じ。
人が出ていく、電車のすいた・・あのほんのつかの間の静けさが、ゆとりで
深呼吸をしたものだ。
この夏は、東京ではなく名古屋を中心に過ごす。
しかも行楽はしない。静かに普段通りの生活をしながら出張の仕込みや
雑事を普段どおりに過ごす。
テレビでは渋滞だ、どこそこは大賑わいだと、恒例行事のように報じているが
じっとしている限りは、穏やかで普段通りの時間も、なぜかゆったり流れていく。

母に朝メールをすると、
まだ6時台だというのに、自転車で隣町の親戚のお墓へ向かっているという。
ああ、そんな夏の朝もあるのだ。
暑くならないうちに、お墓参り・・。
彼女にとっては特別なことではなく、普段通りの生活だ。

なんだか今年の夏は静かに過ごしてみたい。
実は、そんなことがとても心地よく、贅沢だということを
改めて気づく。
決まった休みの時間に大移動をしなければならない人たち、
とくに世のお父さんたちは、
この休みこそ、お疲れの時間ではないかと毎年思う。
あと1日、2日自分だけの休みもとれたらいいのに・・と
他人事ながら・・。

それに比べるとラクチンな行楽なしの休日。
仕事もはかどり、充実感もあり・・・
そして1日過ごした後は、
美味しい野菜に、ちょっと好きなシュワシュワ系のお酒が
あれば最高の締めとなる。

夏は静かに。
もちろん冷房のある今日だからこそ、言える贅沢である。

カテゴリー: Essay (Word) | 行楽しない夏も良し。 はコメントを受け付けていません。

たまには、「声、聞かせて」、、。がいい。

遠方になれば、生活のリズムが違えば、伝えたいときに伝えたければメールがいい。
意識すればきちんとした文章にもなり、後にも残せるので、便利であるが、それでも
ふと声を聞きたい、話したいということもある。
親しければ親しいほど、そうかもしれない。
この夏は、時間見つけてご無沙汰の方には、便りを書くことに。一気に書かず、毎日少しづつ。
あんまり久しぶりだと手紙が一番。
そして、気心しれた人にはときに電話も良い。
メールでやりとりして、いつも応援してくれている友人から「たまには声聞かせて」
の言葉をいただき、即コール。
用はもうメールで終わったのに、やっぱり肉声で笑ったり一緒に考える時間が、
新鮮に思える。
一番のコミュニケーションは、対話。
顔を見て話すのが一番だけれど、電話もいいもんだ。
サザエさんのように、盆休みぐらい懐かしい長電話も悪くない。

カテゴリー: Uncategorized | たまには、「声、聞かせて」、、。がいい。 はコメントを受け付けていません。

70年代が懐しい名曲たちと、、。

たまたま、イルカの曲のことを前に投稿したが、
最近、姿形?を見ることはなかった。
そんななか、このお盆の特別企画なのか、イルカの45周年
記念コンサートをNHKで放映しており、
見る気はなかったのに、あの「なごり雪」が流れてきてから
釘付けになり、2時間全部視聴してしまった。
あのイルカ、おそらく60代のはず・・。それなのに、
あの頃とほとんど変わらない風貌だ。
そして、あの時代、日本中を魅了したフォーム界の重鎮たちが
友情出演にも驚く。伊勢正三や南こうせつ、松山千春、小田和正、
小椋佳・・・と巨匠たちが総出演。
驚いたのは、伊勢正三と南こうせつ。
イルカ同様、まったく変わらない。
とくにこうせつは、声も見た目も、「夢一夜」時代そのまま。
とにかくその健在ぶりに感動しながら、
懐かしの名曲を聴き、いちいち、涙を流した。
とくに、久しぶりに耳にした
「雨の物語」「海岸通り」、そして「22歳の別れ」
もうかれこれ30年以上前のヒット曲たち。
その頃は・・・と、いろんなことが浮かび、純粋にこれらの
曲に感動していた若かりし日の自分をも、懐かしく思う。

感動する気持ちというのは、経年劣化がないんだな。
いいものは、ずっといい。
いいものはずっと残る。

唄というものは、目には見えないが人の心に入ることができる。

やっぱり音楽はいいし、
その作り手、表現者の人柄は大変大切であるとも、再認識した。

素朴であれ、純粋であれ。
まっすぐ生きよ。

人生の先輩たちががんばっておられるのに、
自分はもっとがんばらなくちゃ。

と、その夜に友人から偶然メールが届く。
「がんばるとは、努力を継続すること、結果はなりゆきに
任せる、というこんな感じで、しばらくわが人生の駒を
臨機応変にすすめてまいります」

よっし!私も自分の駒を・・。
それにしても、心にしみる70年代。よき時代。
ここから、生きる新たなエナジーを得た。

カテゴリー: Essay (Word) | 70年代が懐しい名曲たちと、、。 はコメントを受け付けていません。

リサーチ・ウォーキングを楽しむ。

体調が良いというのは、生きていく上で最も大切なこと。
若いときは、それがごく当たり前であったが、良い体調を維持する
ことの難しさを最近痛感する。
腱鞘炎は、まさしく手の使い過ぎであり、姿勢のクセの問題であり
生活の習慣をいろいろ見直す必要もある。
また、腰痛や座骨神経痛は長年の荷物を持っての移動が理由。
よくご年配の方が集まると、体のことばかり話題にするのを
全く無縁と思っていたが、最近は少しは理解できる年頃になった。

いろいろカラダの変化が出てくる年頃、体調を整えるには、
専門家のアドバイスを受けリハビリを行ったりしているが、
医者通いや習慣化された投薬はあまり好きではない。
できれば自分の力でなんとかなりたい、したい。

ということで、朝のラジオ体操とカンタンなヨガ。
そして歩く。これらを続けている。
とくに歩くのは体にもよく、五感でリサーチ。
と一石二鳥。
できれば1万歩歩くと全身が気持ちいい感じ。
しかし。これだけ暑いと、せめて5千歩か。
とにかく、歩いて歩いて、なるべく違う風景を見て会話を
聴いて・・。
毎日、マイベストコンディションを自分でつくる。
こつこつ、マイペースで。
秋が来る日を毎日願いつつ・・・。

カテゴリー: Essay (Word) | リサーチ・ウォーキングを楽しむ。 はコメントを受け付けていません。

真っ直ぐ心に染み入る言葉。

長崎でこのたび開催された、原爆の日の記念式典。
被爆者やご遺族のみなさんの思いを思うと、涙なしには
いられなくなる。
今回の被爆者代表の89歳の方のお話しには、言葉に
ならない感銘を受けた。たまらない気持ちになった。
現実に体験したからこそ言える、内面からあふれてくる
出てくる言葉がある。
その言葉は平和を核廃絶を訴えているのに、
暴力的でもなんでもない、静かに静かに、
伝わってくるのである。
そして、長崎市の田上市長の平和宣言。
こちらも、大変立派で、世界中に
確かに響く力強いメッセージであった。

言葉は静かで落ち着いたものであるが、それゆえに人の心に
染み入る。
平和とは訴え続けるとは、活動するとは声を荒げたり、目立とうとしたり
作った言葉で誇張することではなく、
淡々と静かに語り続けることの連鎖により、より人から人へと
伝わっていくのだと、今回改めて思った次第。

会場の外では、反政府のデモ行進をしていたようだが、
会場内にいた、その標的の人にはどう映ったか。
大声でのTPOを考えない、雑音にしかならない迷惑は
反対行動よりも、ちゃんと場をわきまえ、
切々と、冷静に語る言葉の方が痛く響いたことだろう。

長崎市の歴史について、いろんなことに心を寄せながら
応援を続けていきたいと思う。
なんで、この町に魅力を感じ続けているか・・
苦労してきたのに、優しい。華やかだったのに地道。
でも、心の奥底にあるちゃんぽん文化で、人生を世代を
豊かに乗り越えてきたのだ・・。
だから、私はこの地に永遠の敬意と憧れを抱く。

カテゴリー: Essay (Word) | 真っ直ぐ心に染み入る言葉。 はコメントを受け付けていません。

長崎の鐘を心で鳴らして

長崎の原爆記念の日。
今年はこの時期に訪問が叶わなかったが、自宅で静かに
式典の様子を見守る。
あの長崎の鐘が、悲しく美しく猛暑の空に響く。
広島に続いたこの悲劇。72年経とうが、事実は変わらない。

あの、原爆記念館に足を運んだ数年前、声にならない叫びが
体内を巡った・・その記憶が今も消えない。
長崎の人は、歴史上、さまざまな他の地域の人々が
経験しえなかったような重い歴史を重ねてきた。
殉教、開港、繁栄と苦闘は、皮肉にもこの町の歴史の両輪である。
そして、72年前のこの原爆・・。
なんで、こんな美しく、穏やかな街に・・・と戦争を知らぬわが身では
あるが、ぶつけようのない怒りを感じる。

実際にそこに生まれ、住み、ご自身が、家族が被ばくされた人たちの
ことを思うと、外野は何もいうべきではない。
静かに静かにただ、祈るのみである。

広島出身の知人がこの「原爆記念日」という日を「わが家のお盆」
と伝えてくれたが、本当に悲しい現実だ。
戦争。
素晴らしいけれど、愚かで残虐な人間。
今も変わらないところが情けない。

台風よりも、地震よりも、この人災は、永遠にNO MOREなのだ。
被ばくされたおばあさま、その家族・・わずかな知り合いのことを
思い出し、
静かに1日を過ごす。
セミの鳴き声が、いろんな雑音を消し去ってくれるように
感じる。
被爆者の高齢化とともに、記憶が消えないよう若い世代の人達が
立ち上がっている長崎を、広島を応援しなければ。

カテゴリー: Essay (Word) | 長崎の鐘を心で鳴らして はコメントを受け付けていません。

そろそろ人生の仕上げを意識

ある方から暑中見舞いをいただく。
今秋に、お孫さんが生まれるという内容で「まだまだ『終活』など
といってられません・・」という、手紙の向こうに笑顔が
透けて見える。

終活・・もちろん、私にも今は関係ないと思っているが
そのことよりも、
最近、何か人生の仕上げになることをしなければと
思い始めている。

目の前のことは、それなりに向かい合って生きてきては
いるが、もうこれ以上できない、これが集大成だ、
これこそわが挑戦だ!と
胸をはれるものがあるかといえば、まだまだ・・
お恥ずかしい。

もちろん100歳まで生きるのかもしれないが、
それにしても、
仕上げの気持ちで仕事をする、何かの取り組みを
することは大切なこと。

日々に流されるな、
自分らしい人生をつくろう、
もっと勉強、努力。

今、その仕上げが何になるのかを模索中である。

悔いない人生にだけはしたい。

きっと、このままで終わるのは嫌なのだろう。

カテゴリー: Essay (Word) | そろそろ人生の仕上げを意識 はコメントを受け付けていません。

「ここで生まれたのか~。」の感動を得る場所

いろんな偉人の出身地。故郷がその人をどう扱い、後世に伝えるかは
とても大切だ。
ある経済界の偉人の出身地。その人の資料館をオープン!と大々的に
お金をかけたチラシを他のミュージアムでそれをみつけたので、へえ!と
喜び勇んで、そこを出かけてみると、はっきりいってそのご本人や子孫に
失礼と思うような、しょぼい扱いでびっくり。チラシとまるで違う。
市が管理する健康施設の会議室を記念館として、パネル展示だけで、その人を
紹介しているが、そこに来る人はどれだけいるのか?
わざわざ来た人はどう思う?という印象だ。
余った箱物で、無理やり作った展示室のよう・・・。
もともとその人のことは他県の展示室で知った。そこの展示はよくわかったし、
伝わった。だから期待して、出身地の展示室にも訪ねてきた。

その偉人が、ここで生まれ、偉業を成した。世界遺産になったあの工場もこの人が
作ったとのこと。どうせ展示するならば、いろんな意味で敬意を表さなければ・・。
少し残念な気持ちでそこを去る。

その後、そこから30分ほど、車で移動した近所の町。
世界的に有名な、日本で初めてパリに留学した画家の美術館があると知り、
ついでに出かける。この著名な人のふるさとが、その街の出身だったのだ。
そのことを初めて知り、でも期待せずにそこへ向かう。

この方のパリを描いた絵画は、竹橋や京都などの美術館でよく見かけた
ことがある、好きなタッチの油絵だ。
この絵を見ると、パリへのあこがれがより一層強くなる・・そんな
作品。
その美術館は、この町出身の画家の作品を、大変丁寧に展示しており、
またパリのアトリエまで再現していた。
敬意を持って、その街が生んだ芸術家のことを紹介しているのだ。
これまで知らなかった、この画家の人生に触れ、そして
こんな近くの町で生まれた人が、明治時代にパリへ向かったとは・・
感動と勇気を得た。

違う分野ではあるが、行政が地元が生んだ偉人の功績を後世に伝えている
例。全く違う印象を得た。

訪ねる人が、残念と思うか、ああ素晴らしいと思うか。
資料館や美術館と銘打って、発信拠点をわざわざ創るならば
きちんとするべきだろう。
前者の町は、とても残念で、後者の町は、ちゃんとやっている。
もちろん経済人と、芸術家では見せ方、伝え方の難易度も
違うのかもしれないが。

「ああ、この方がここで生まれたのか~」
ふと、以前わざわざ訪ねたドイツのボンにある、ベートーベンの
家の屋根裏部屋を思い出す。

後世の人が勇気と刺激を受けることで、後に続こうと
思う人が増えることが大切だ。

カテゴリー: Essay (Word) | 「ここで生まれたのか~。」の感動を得る場所 はコメントを受け付けていません。

夏まつり、思いは空に海に。

この週末も、全国各地で花火大会やお祭りが開催された。
今週末からは、お盆休暇に入り日本中が大移動。
その前の地元まつり。
地元で地元の人々が汗を拭きふき、交流する。
この猛暑でも、賑わいは変わらない。

神楽坂でのまつりは、ほおずきに阿波踊り。お江戸の祭りは、
ちょっと大人びて・・・。
岐阜や名古屋や安城でも、商店街・商工会あげての夏まつり。
金魚、水風船すくい・・、やたら、とりのから揚げを売っているなど
地域性が垣間見えて、ちょっとずつ違う日本各地のまつり。

新潟でも、民謡流しや花火大会。職場でも練習してみんなで踊る。
大人も子どもも、まつりはわくわく、うきうき。
日本中が日本らしい国、街に戻るひとときだ。

主催しなくても、ぶらり参加するだけでも非日常な気持ちになる
のが祭りの魅力。

一方、原爆記念日を迎え、盆が近づき、厳粛な気持ちになる。
広島出身の知人は、8月6日が我が家の盆だと言う。
そして、長崎の精霊流し。
原爆ののち、生まれた祭りではないが、
あの町であの祭り・・長崎ならではの夏祭りで、一度観たら
忘れることができない。
幻想的で、締めやかで、哀しみを爆竹の音が消し去るあの世界は
今も心にくっきり残っている・・。

花火は空へ、
精霊船は海へ。

祭りは楽しくもあり、亡き人を忍ぶ時間。

世界中に祭りは数々あれど、今ここに生きる人の
場所(土地)と時間(歴史)と血(地縁・血縁)を
結ぶ、大切な非日常時間。

どんなに猛暑になろうとも、なくなることはないだろう。
日本の夏。

カテゴリー: Essay (Word) | 夏まつり、思いは空に海に。 はコメントを受け付けていません。