マスクで接客の苦難。

この三連休。せっかくの令和最初の天皇誕生日という本当はおめでたい日のはずであるのに、いろんな行事が中止になってしまい、外出を控える人も多いようだ。
普段であれば、週末ごったがえす名古屋駅直結のデパートも、まるで平日の昼間のような静けさ。
食品売り場はまだ来店客が入っているが、それ以外のフロアはがらがだだ。
週末大変にぎわっている化粧品売り場も対面販売は今は停止だそうで、
売れるものも売れないという状況。
マスクをしての接客。
本来は口元が見えないと、失礼ということで、何があっても、販売する側はマスクをすることはないが、今回は、本社からの要請でスタッフがみな、マスクをしている。
何とも異様な光景だ。
人間が人間と交わることを禁止している・・まさにコミュニケーションの観点からもマスクは・・歓迎されるものではないが、今は仕方ない。

ある売り場に用事があって、出向き、他のお客さんがいないため、何気なく
声をかける。
「大変ですね~。こんなん、いつまで続くやろ」
マスクをかけた販売員が よく声をかけてくれたといわんばかりに
「そうなんですよ。本当にえらいことです。お客さん来ないんです」
 駅の近くのデパートは危ないと思って自粛する人もいる?ようで。」
「マスク大変やね、接客しづらいでしょう」
「そうなんですよ。まず、蒸れるし、化粧も落ちるし・・・。」
「ほんまやね。本当にこれずっとしていると気持ち悪くなるよね。
 取りたくても取れなくて気の毒やね」
「今の季節はかろうじていいけれど、
これから暑くなったらたまりません。しかもマスクは、自前です。
結構大変なんです。いつまで続くことやら・・・」
そうなんだ。マスクは会社から支給されないのだ・・。毎日のことで
しかも入手も大変・・・。
ま、マスクは公的な衛生面もあるが、自らを守るということでは
そうか・・・。
「大変だけど、気を付けてがんばってね。」
とそう声をかけると、そのスタッフは目元で大きく笑ってくれた。

苦しさを笑いに、少しでも元気に変えるための、たわいもない対話。
マスク不要の、普段の売り場に早く戻ってほしい。
ずっとしなければならない状況だけは、なんとか脱したい。

マスクコミュニケーション・・・いつまで続くやら・・・。

カテゴリー: Essay (Word) |  マスクで接客の苦難。 はコメントを受け付けていません。

「いつか会いましょう。」

昨年秋、現地で知り合った青年から初めてショートメッセージが届く。
マカオのタクシードライバーだ。
「長いこと会ってませんが、お元気ですか?」
英語の短文で綴られている。
おそらく、新型ウイルスのことがなければ、彼からメールが来なかったかも
しれない。
連日のニュースを見て、日本イコール私のことを思い出してくれたのかも
しれない。
前にも書いたが、彼はもともとマカオのカジノで働いていたが、この業界で働くことのつらさと、拝見主義の世界に疲れ、30代半ばで転職した。
しかし、マカオのカジノの成長は中国観光客に支えられていることもよく
理解しており、香港みたいに主張していたらマカオは成り立たなくなる・・とも
言っていた。
昨年訪れたときは、香港の代わりに大変にぎわっていたマカオ。
今は観光地のお土産屋さんも閑古鳥が鳴いている・・。
「マカオはどう?気を付けてね。またいつか会いましょう」
「会いたいです。でも、今は危険」
簡単なやりとりではあったが、状況を察知する。

個人的にはバブルな中国人の訪日、消費はもう打ち止めでよいのではと
思いつつも、この状況のままでは、世界経済は立ち行かない。
大変難しい、厳しい今日である。

いい感じで回復し、落ち着いた環境で、タイミングで、静かなマカオに再び
寄りたいものだ。

いつか、会いましょう。

そんな言葉を交わしている人たちが、海を越えてたくさんいることだろう。

カテゴリー: Essay (Word) | 「いつか会いましょう。」 はコメントを受け付けていません。

作品と商品は違う

あるデザインのコンペティション会場に向かう。
応援している企業さんたちが、そこにエントリーし、挑戦したからそのアウトプットを見ておかねばという理由。
モノづくりをする企業にとってだけでなく、起業したばかりの人にとっても
公的な場に自らの商品をご披露することは、いろんな方の目に触れ、意見をもらえるという点でも有意義だ。
その日に向けて、全力で新作の試作を完成される方もおられ、そのひたむきさに頭が下がる。

会場に展示されている商品、作品・・・。
どちらかといえば、作品が多いような印象を受ける。
もちろんアイデアレベルではなく、完成したカタチにはなっている。
ここで高い評価を受けることは今後のビジネスにも、大いに役立つ。

ある出展者から相談、質問を受ける。
「この〇〇、どこで売ったらいいと思いますか?」
へ?それも想定しての出展ではないの?
まず、思いをカタチにすることが優先。
そしてそれをどこに、どのように売るのは・・はこれからという方も少なくない。

思いをカタチにするところからはじまる場合、マーケティングから商品が生まれる場合。ひらめきや感性は大変重要であるが、使う人の顔が見えていないで作ってもそれは売れない、伝わらない。

作品か商品か。

この定義について改めて考えた。
そして、デザインの役割。

いずれにせよ、思いを形にするのは伝えたいから。

その応援をカタチができてからはじめるのは、たやすいことではないが
ここからスタートする人の応援もしていくのも大切な仕事だ。

カテゴリー: Essay (Word) | 作品と商品は違う はコメントを受け付けていません。

知らない幸せ。

情報過多の時代。どんな情報も簡単に手に入る。それがいいのか、悪いのかは

考えさせられる今日。

また情報の量はやたら豊富であるが、薄っぺらなものが多く、その情報の存在価値についても考えさせられる。

ネット情報だけでなく、人からの情報もコミュニケーションの量が増えれば当然増える。それを全部受け入れることには、器が必要だ。

ただこの器には容量もあり、入れて良いもの入れなくて良いものがある。

自分がすでにもっている情報と親和性があるもの。自分に新たなプラスになるものは入れる意味がある。

そうでないものは無理して入れない。

知らなくていい情報もたくさんある。この情報が自分にとってどうかという判断力は大変重要。

知らない方が幸せなこともある。

知る歓び、知らない幸せ。

両方わきまえて、相手にとって、自分にとって、いい選択をしたい。

何でも話せる相手・・というのもよく考えなければ、もしかしたら相手に

迷惑なこともあるかも・・・。

カテゴリー: Essay (Word) | 知らない幸せ。 はコメントを受け付けていません。

絶対逃げない。向かい合う

コミュニケーション クリエイターという以上は、日々ふりかかってくるコミュニケーションのどんな事態からも目を背けず、まっすぐ前を見て進まなければならない。

誤解はよくあることであるが、コミュニケーションをしっかりとりなおすことで関係も改善でき、より良い関係になることも多い。

一見困難なことも、動き出せば道がが開けることが多い。

逃げたらあかん。

といつも思っている。

自分が悔いないようしっかり相手に向き合うことができれば、それでいい。

伝えたか、で終わらず伝わったか。

が大切だ。

人生いつ終わるかしれず。とにかく前に進む。

カテゴリー: Essay (Word) | 絶対逃げない。向かい合う はコメントを受け付けていません。

とってもいい人に出会う!

とにかくピンチはチャンス。と思いたい。
そして、そのとおりだと実感する今日この頃。
父が入院した病院に通った5か月間、偶然みつけたお菓子屋さんは、すっかりいい心友となり、退院したあともお付き合いは続いている。
次に父がお世話になることになった施設で知り合ったいろんな方とも、新たなご縁が生まれ始めている。
たとえば、ある薬剤師さん。施設専門の調剤薬局でお仕事をされており、最初に出会いで意気投合。
その方との会話より。「・・・喜ばれる仕事って、いいっすよね。こういうことがわかる人かなと思って・・・」と言ってくださったのが、とてもうれしかった。
会う回数は少なくとも、人ってすぐこの人はどうか?ということがわかるのだ。
「本当にそうそう。喜んでもらうことがうれしいですよね」
利他の心。まずは相手がどうか?
このことを大切にできる人は、心から信頼できる。

また、とってもいい人に出会った。

新たな展開を楽しみながら、これまでにない出会いを大切にしていきたいと思う。

カテゴリー: Essay (Word) | とってもいい人に出会う! はコメントを受け付けていません。

どれも思い出の星になる。

毎日、ドタバタの珍道中。
仕事であちこち動けることは何よりのこと。忙しいという言葉は好きではないが、やることがたくさんあるのは幸せのこと。限界まで突き進む、限界の壁を突き抜けたい・・とそんな気持ち。
それだけやっていれば幸せだが、人生そんな単純ではない。
いろんなことがおきる。

最近はとくに親とのことがかなり・・・いろいろ、ある。

たとえばなんとか施設に入所した父。おとなしくその環境で暮らしていてくれるかと思ったら、あることがあってタクシーで脱走?(馴染みの喫茶店に行っただけであるが)
まさかそんなことする?ということが次々起きる。
介護というのは、身の回りの世話をすることだけでなく、その人の生活全般を支えることであるならば、ただいまかなり介護にかかわる心労?が重なっている。
高齢化社会、まじで大変だ。他人事ではない。誰しも通る道ともいうが、それはその人それぞれすべて事情も違うので、一律ではないことも知る・・。

と、とにかく日々、思ってもいないことで振り回されそうになり、怒ったり
情けなくなったり・・・といろいろある。

が、きっとこんなことも、あとになったら、懐かしく思い出せる、そう、思い出の星になるのだ。と思って、今は真剣に立ち向かうのみ。

思い出の星になったときは・・・。いつかそんな日が来る。その日までがんばろう。

カテゴリー: Essay (Word) | どれも思い出の星になる。 はコメントを受け付けていません。

辛いときほど、高みを目指す

日々生きていると、いろんなことに出会う。

信じている人に裏切られたような気になるときや、
振り回されているような感じがするときや、
わかってもらえてないような寂しい感じがするときや・・・。
イライラしたり、
たまらなくつらい心境になったり・・・。

人の生きる道は順調満帆ではないと思う。

転びそうな道もいっぱいあるし、転ぶときもある。

痛かったり、辛かったり・・・。
そんなときは、きいてもらえる人がいてもらえるのはとても幸せ。

さらに、自分と向かい合う。そして、こんなことを気にせず、
もっと大きな人間になろうと、高みを目指す。
尊敬する人たちのことを思い浮かべ、そうなるには、
こんなことを気にしている場合ではない・・・
と自分を高めていくトレーニング。
自分はこんなもんじゃない、もっとこんな人になるんだ。
と思うことで心がほぐれ、大きくなれるような気がしてくる。

つらいときほど、俯瞰しよう。
困ったときほど、高みを目指そう。
そうすることで、すべての経験が自分の成長の糧になるはず。

最近、そんなことを心がけるようにしている。

カテゴリー: Essay (Word) | 辛いときほど、高みを目指す はコメントを受け付けていません。

今ふたたび、老婆の背中

もう十数年前のこと。発展を続ける上海の町の路地を、出張の合間に歩くのが好きだった。
高層ビルの建設がすすむなか、昔ながらの人々の暮らしを垣間見るのはとても心なごんだ。
洗濯板を使って衣類を洗い、家の二階にロープを吊るし、そこに干す。
目を閉じれば、その風景がくっきりと浮かんでくる。
変わりゆく上海のなかの、のどかな暮らし。
もっとも印象深かったのは、家の外にある洗濯場で洗濯をするお婆さんの背中だった。
その様子がなんだかとても気に入って、思わず写真に収め、翌年の年賀状に使った・・・。
http://www.mahsa.jp/profile/nenga/nenga03.html

そのことをすっかり忘れていたが、最近、再び、老婆の背中を見ることがあり、そのときのことを思い出したのだ。


実家の近所のホームに入所した父を訪ねた日のこと。母も時間を合わせて自転車でやってきた。自転車で20分ぐらいの距離だ。父が暮らすホームで用事を済ませてから、母と最寄の駅まで一緒に向かう。私は電車で、母は自転車で。駅で別れるまで数分のことだ。
何十年ぶりかの懐かしい組み合わせ。子どものころから母はいつも自転車に乗っていた。

駅に着いた。「じゃね、また」「ありがと。気を付けていってよ」
と別れると、母は引っ張っていた自転車に元気にまたがり、こぎ始めた。
電車もまだ来る気配がないため、帰っていく母の姿をずっと見ていた。
毎日自転車に乗って近所を行き来して、なんとか元気にやっている。
でも、もう80歳を過ぎた。「元気やな・・・」
だんだん小さくなる母の背中を見て、なんだか涙があふれてきた。
いつまでも、元気に自転車乗らんとね。
そのときに、上海で見た洗濯するお婆さんの背中を思い出した。

母の背中は、たくましい。母の背中、できれば永遠に。
記憶のなかでは、もはや永遠だ。




カテゴリー: Essay (Word) | 今ふたたび、老婆の背中 はコメントを受け付けていません。

心の風通しをよくしよう

仕事でも、それ以外でも、自分の考えと違っていたり、疑問不安に思うことがあったり・・そんなことは多くある。
違う人間と同じ社会で生きているのだから、「??」という気持ちになることは日常茶飯事だ。
この状態のまま、それを心のなかにしまい込んでしまうと、心が窒息しそうになる。苦しくて体に偏重を興すこともある。
ストレスが原因で、病気になり仕事や生活に支障をきたす・・・。できれば、そのことは避けたい。

,何かあれば、思うことがあれば、きちんと表現する。

伝えるべき相手に伝えることでその疑問や もやもやがすっきり解消されれば一番いいし、第三者にきいてもらって、いろんな理解があることを知ることで楽になることもあるし・・。とにかくいろんな方法でアウトプットするのが良い。

言葉にする、きいてもらう。そんな相手がいれば人生うまくいく。

とにかく 心の通気をよくする。

オープンマインドで生きていく。

心の窓を開く。これが一番の健康法。

カテゴリー: Essay (Word) | 心の風通しをよくしよう はコメントを受け付けていません。