泣ける男は、全力集中。

栃ノ心という力士。旧グルジア出身の青い目の関取だ。
この方の、この場所の奮闘ぶりは、本当に素晴らしく、
思わず見ているものも、手に汗かき、内側から高ぶる
興奮をおさえきれない。
横綱白鵬も素晴らしいが、その強敵に向かっていく
栃ノ心がまた素晴らしく、どちらも応援しながらも、
でも、今回は栃ノ心に運が向くことを願ってしまった。

ふるさとを離れ、日本にきて、相撲の世界で修行して
ここまでくるにはどんなご苦労があっただろうか。
ぜったいに、横綱に勝ってみせるという意気込みが
じわじわ伝わってきた。

あのひたむきな、一心不乱の取り組みには、
涙が出た。

一生懸命、体を、命をはってがんばっている人は
本当に素晴らしい。
口先だけでいい加減に生きているまつりごと業界の
人たちとはまったく違う。

相撲は人々に感動を与える。
他のスポーツと一味違う裸の素手の取り組み。
全身を絞り上げる、瞬間のドラマ。
歓声が湧く場内にも感動する。

海外から日本にやってきた力士の取り組みが
相撲をグローバルにしたという功績もあるはず。

泣かせた栃ノ心。沸かせた栃ノ心。いざ、今日も。

今場所が終わって、母国の親御さんにいい報告が
できることを、、と勝手に想像して、心より応援している。

カテゴリー: Essay (Word) | 泣ける男は、全力集中。 はコメントを受け付けていません。

いろんな「差」を意識し直す。

改めてコミュニケーションのむつかしさを痛感する今日この頃。
そして、日々の自分の行動について、日々反省をする。

自分で一生懸命やっているつもり、伝えているつもりでも、
伝わっていないこともある。
伝えたつもり、わかってくれるつもり、仲間だから当然そうである・・・
なんて、思いがちであるが、まだまだ甘い。修行が足りない。

どんなときも、どんな近い相手であっても、

相手とは温度差、時間差、環境差、年齢差・・・いろんな差が
あるのだ。
しかも、新たに出会った人や、深くかかわったことがない人と
頻繁に交流することになる場合には、その「差」を
よく理解して、その差を埋める、差を感じさせないような
コミュニケーションを工夫する必要がある。

伝わらないという現実の半分の責任は、自分にある。

最初に「差」を理解し、それを乗り越える方法を見出し
行動できる人が、本当の意味でコミュニケーション上手だ。

みんな、同じではない。みんな違う。

改めてここから。そして、常に相手のことをイメージしながら
伝わるように工夫しよう。
コミュニケーションは諦めないことが大切だ。
相手より先に「差」を認め、先手でいこう!

カテゴリー: Essay (Word) | いろんな「差」を意識し直す。 はコメントを受け付けていません。

継続は「生きるチカラ」なり。

昨年から2か月に一度開催している、
岐阜新聞本社ロビーでのコンサート。
おかげさまで多くのお客様においでいただき、一緒に楽しませて
いただいている。

リピーターも増えてきたため、毎回違う企画にチャレンジ。
今回は「いろんなリズムで心の旅」をテーマに、
日本の、世界のいろんなリズムを紹介しながら、
名曲をお楽しみいただいた。
チャチャチャ、ポルカ、タンゴ、ワルツ、ビギン、ルンバ・・・など。
もっともピアノと歌だけでの演奏になるので、
お客様の拍手が打楽器代わり。
この協働も良い。
そう、人間には自前の楽器があるのだ。
手拍子は頼りになる。
もっとも、息が合わないと逆効果になるので、一体感を醸成することは
大切だ。

あっという間に30分のコンサートはおしまい。
なんやかんや、毎回延長しているが、一重にわざわざ
お出かけいただけるお客様の熱い目線があってのステージ。

高齢者が多いため、毎回、その移動も気になるが、
次回も元気においでくださいね。
と、言い続ける。
毎回、このコンサートを楽しみに
わざわざ車に乗り合わせておいでいただける。

お客様にとっての継続は健康によく、
そして私にとって、継続は演奏の力になる。

そう、両者にとって、継続は「生きる力」になっているのだ。
ありがたくて、皆さまに足を向けて寝られない。

すべてお客様あっての活動、お仕事。
継続できることに感謝して、さらにさらに・・を目指していこう。

カテゴリー: Essay (Word) | 継続は「生きるチカラ」なり。 はコメントを受け付けていません。

解釈と表現。

クラシックという世界は改めて奥が深いと思う。
演奏者や指揮者によって、まったく違う解釈ができ、また異なる表現が生まれる。
元がしっかり構成されているから、何百年経っても、世界中で演奏し続けられて
いるのだろう。
国により、民族により、その指揮者や演奏者の生まれ育った、学んだ環境により
同じ曲でも、まったく異なる曲に仕上がる…そこがクラシックの魅力のひとつかも
しれない。
同じ曲を演奏しても、その演奏者の個性が、人生が出ている。
またそうでなければならないし、そうなるには、一定水準の演奏技術も必要となる。

最近、アジアのピアニストも多く誕生し、世界中で活躍されている。
豊かな経済力がないと、進めないこの世界にアジアの演奏者が参加してくること
になったのは、やはり経済成長とも無関係ではない。
さて、豊かな技術力、素晴らしい指裁き。お見事な演奏・・。
でも、精神性がどこか違うぞ。と思う演奏もある。
バロックなら、バッハなら、もっと淡々と、もっと理性的に弾いた方がいい。
もっと天の声が響いてくるように静かな演奏がいい。
と思わず思ってしまうほど、自分のそれとは違う解釈の演奏にも時々出会う。

これは、その人の解釈の違いであり、正解はひとつではないため、
あとは好みの問題。

と、元気いっぱいのアジア出身の演奏者のバロック演奏を聞き流しながら
やっぱり、本場というのは大切だと実感する。

うまく弾こうではなく、
神と対話する。どんな音を響かせたいかを想像しながら指を動かす。
これは、年齢や人生経験とも関係あるかもしれない。

と、いろいろ解釈を楽しみ、表現を楽しめる。
クラシックはこれからも末永く残っていくだろう。
多くの解釈、多様な表現に挑む人が、
伝統あるクラシックを支えている。

カテゴリー: Essay (Word) | 解釈と表現。 はコメントを受け付けていません。

「投げかける」「問いかける」仕事。

授業でも、コンサートでも、お店でも、芝居でも、そこには
と伝え手と受け手が存在する。

その関係いかんによって、共有した時間は素晴らしくもなり、つまらなくもなる。
素晴らしい場合は、また会いたい、また聞(聴)きたい、見たいと関係が続く。

関係性。
それは、コミュニケーションだ。

最近、わかってきたことは、
笑いを誘く、楽しい表現ももちろん意味があるし、
飽きさせない工夫はとても難しいと思うが、
その時間全体を通じ、
表現者が何かしらのメッセージを投げかけたり、問いかけ、
そして、
そのメッセージを観客や受講者がきちんと受け止めてくれるときに、
深い感動が生まれるのだということ。

メッセージ・・・つまり、何がいいたいのか、何を表現したいのか。
これは発信者の仕事への向かい方そのものでもある。
それが明確であること、そしてちゃんと伝わること。
これが叶うことが、発信するやりがい、醍醐味になるのだと思う。

最近はこの視点から、日々勉強をさせてもらっているような気がする。
感動するということは、泣けてくるということは、そのメッセージが
受け止められたということの証し。

そして、そのメッセージとは、発信者の思いを表すだけではなく、

受け手に
何らかの問いかけ、投げかけをするものほど、深く長く心に響く。

人生とは、世界とは、コミュニケーションとは、家族とは・・・
私はこう思いますけど、あなたなら、どう考えますか?あなたの場合は?

この問いかけ、投げかけ、そして考えるきっかけを与えることができる
そんな作品、講義、お店・・・と出会いたい。

最近、いろんな場面で作品やさまざまなお仕事から、その発信者・表現者たちの
メッセージを探るのがとても楽しく、参考になっている。

お互いに問いかけよう、投げかけよう。そしてもっと日々を、人生を
深め合おう!

そして、私自身も、受け手で終わらず、伝え、投げかけ、問いかけを
し続けたいと思っている。

カテゴリー: Essay (Word) | 「投げかける」「問いかける」仕事。 はコメントを受け付けていません。

30代で独立していく青年たちへのエール

彼らが新卒で入社したときから、関わってきた。
彼らとはお世話になっているラジオ局の社員たち。

そこの若手教育を依頼され、社会人ほやほやの
彼らを叱咤激励してきた日々が懐かしい。

「人の話はメモをとるように、え?ノートももってないの?」
といい、1冊のノートを手渡したり、
勢い優先の営業トークについて、もっと考えて話すように、
自分の考えをもつように・・・などなど、なんだか偉そうな
アドバイスをしていた10年前。
息子のように思っていた。

その若者たちは、社会に出てそれぞれに悩み、苦労し、
ひとりは既に退職し、まったく違う道へ進んだ。
気が付けば、食の道に興味を抱き、イタリアへ修行へ出向き、このたびレストランを開業。
へえ。あの頼りなかった若者が、海外に修行に行き、起業したとは・・。
その驚きの気持ちを持ちながら、その店を訪ねる。
オーナーシェフになったその青年。3年ぶりぐらいに顔を見る。
なんとまあ、立派になって・・・。お店は盛況、素敵なイタリアンレストラン。
そのオーナーシェフになった彼の顔つきもずいぶんと変わった。
迷っていた20代から、自分の道を歩き始めた30代という成長。
野球少年だったらしい彼が、今は地元食材を生かし、イタリアンシェフへ・・。
華麗なる転身だ。
再会を喜び、固い握手をする。
「よかったね、素晴らしいよ。がんばって。店は長いから」
そんな言葉をかけ、店を出る。

一方、彼の同期の青年。
彼もこの度、10年以上つとめた会社を退職し、次のステップへ進むという。
「お世話になりました」と声をかけてくれ、こちらも固い握手をかわす。

人はいくつになっても成長していく。
そして30代半ばとは、ひとつの転機。
自分自体がそうであった。

すっかり立派になった彼らとの再会から、ふたたび、新たな関係が
始まりそうな気がした。

自分の道を確実に進んでいこうと挑戦する若者にエールを。
そして、彼らに負けないぞ!と自分自身の心のギアも入れ直す。

自分の夢を成し遂げようとする生き方は素晴らしい。

そんな30代の若者たちとの出会い、再会が増えつつある昨今。
私にとっては20年前を振り返る、原点を見つめ直すいい機会でも
ある。

新鮮、謙虚、感謝と、勇気。
いくつになっても、大切にしたいこと。

カテゴリー: Essay (Word) | 30代で独立していく青年たちへのエール はコメントを受け付けていません。

嘘のような、泣き笑い小劇場。

今日は、ちょっと趣を変えて、こんな物語を・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昔昔、あるところに、たばこを吸うのをやめない。
しかも道にポイ捨てするおじいさんがおったとさ。

頑固者のせいか、ばあさまもじいさまには手を焼いて、
ひとりでどこかへ出かけたり。よくおじいさんを置いてきぼり。

そんなじいさんをかわいそうに思った娘が、
たまには、じいさんに美味しいビールでもご馳走してあげようと思い。
ちょっとおしゃれをして、実家に行き。じいさんを迎えに行った。

ふたりは、歩きながら近所の居酒屋に向かった。
田んぼ道を歩いていくのだ。

気が付けば、じいさんはくわえたばこで歩いている。
「ちょっと、お父さん、たばこ危ないよ。」
といったとたん。じいさんは、吸っていたたばこを
火も消さず、すぐ横の田んぼに捨てた。
いつもやっているような慣れている手つきだ。

「何するの、そんなところへ捨てたらあかん。
火事になったらどうするの!」

怒った娘は、そのポイ捨てされたたばこを拾おうと
田んぼに足を入れた。
すると、
当然乾いていると思った田んぼの地面が思いっきり
湿っており、娘は足からずぼっと入って入ってしまい
全身泥まみれになってしまった。
「キャー、助けて。」
おじいさんは意味もわからず
「あほ、あほ。何しとるんじゃ、あほ」といって
田んぼに入った娘の手を引っ張った。

前日あたりに、田んぼに水が入ったらしい。
でも、そんなことはわからない。

ポイ捨ておじいのせいで、娘は泥まみれ。
結局、じいさんは先に店に行き、先にビール。
娘のことなど、おかまいなし。

とんだ目に遭わされた。
せめて、毎日この田んぼを通るたびに
「ああ、娘が飛び込んでいたなあ~」
と、反省し、ポイ捨てをやめてくれたらいいのだけれど。

以上は、実話です。
泣き笑いの親孝行劇場。

良い週末をお過ごしください。

カテゴリー: Essay (Word) | 嘘のような、泣き笑い小劇場。 はコメントを受け付けていません。

プレゼンは青春だ?

久しぶりにプレゼンテーションをした。
講演とか講義とか、演奏とかが多い日々を過ごしてきたので
クライアントに対しての、しかも初めて会う人へのプレゼンテーションとは
何年ぶりだろうか、久しぶりの新鮮な感覚だ。
第一印象をどうするか、資料は、話題は・・・。
それなりに考えて臨んだが、
老眼のせいか、考えすぎて何度も書き直したせいか、提案書に誤字脱字が
あることに途中で気が付く。変換ミスもあったようで、親切な仲間が
あとから「ささいなことですけどね・・・」と、やさしく教えてくれる。

話し自体は、自分の思いが伝わったようで、いい反応をいただけた。
期待や希望をもってもらえたことが一番のよろこび。
プレゼンというものは、いつも講演や講義で話しているが
相手にとってプラスになる話でなければならない、
プレゼントをお渡しするかのように・・。
サプライズも、ラッピングも、出し方も・・・工夫しがいがある。

終わったら汗びっしょり。
にこにこしながら、見守ってくださったお客様が
「濃い方ですね~」
と一言。

50代半ばのプレゼンで、濃いといわれるとは・・。

初心に戻って行動する。今回、反省すべきは資料のこと。
資料は残る。話し言葉は流れていく。
だから、資料は確実にしなければ。誤字があっては
いけない。

などなど、反省しながら、次のステップに向かう。
20代から30代、ほんとうによくプレゼンしていたな~。
懐かしくもあり、まだまだやれる。とも思い・・。
たまにプレゼンすると若返るかも?

カテゴリー: Essay (Word) | プレゼンは青春だ? はコメントを受け付けていません。

「me too」より、「I」。

なんだか、最近、世の中で「me too」なる言葉が蔓延している。
普段の会話などでちょっと冗談っぽく使いたくても、
違う意味で捉えらるとか、流行りの言葉として
使っていると思われるのは、本意ではないので、
言葉というのは難しい。

拡散社会ならではのこのキーワード、個人的にはあまり馴染まない。

「私も」という同意、共感の意味であるが、なんだかそれが塊になると
「私も私も私も・・・」という感じになって、ちょっと怖い。
集団の圧力、抵抗、反対運動のような空気を感じる、もちろんここの
ところの動きは、それが狙いでの拡散ということであろうが。

この言葉を連発し、連なって行動を興す。
昔のウーマンリブ運動のようなものが、SNSのチカラを得て、さらに
拡散され、広まっている。

男女差別やハラスメントというのは、「被」なる立場にしかわからない
問題、被害であろう。その抵抗の仕方、解決の仕方は人それぞれだが、
一人では言えないから、集団で。
という考え方はわかる。

一方、なんでもme too が先行、優先なる社会になっていくのはちょっと
考えてしまう。

私自身は、「私も」よりも、「私は」を優先したい。
人の後ではなく、自分で考え、行動したい。
また性を越えて、いろんな異なる人との交流を大切にし、
訴えるのではなく、対決するのではなく、団体の力づくではなく
自分でカラダを張って、相手と交流しながら自分で解決したい。

だから、「me too」ではなく、どこまでも「I」を追求したい。

オンナでよかったこともたくさんある。
権利だけ主張するのは違う。
男性社会といわれた中で、道を開いてきた女性たちを
心から尊敬する。

今は女性にとって恵まれた社会であるという一面もある。
男性も女性も対立せず、お互いの強み、いいところを活かして
共生できればいい。
この考えには、まさに「me too」だ。

カテゴリー: Essay (Word) | 「me too」より、「I」。 はコメントを受け付けていません。

黙る正義・見守る思いやり

社会全体のコミュニケーションマナーもルールも、大変混乱していると
思わざるを得ない今日。
世界全体をあるべき方向へ導く役割を担う人は、不在にも思う。
地球全体がアナーキーのようだ。

それこそ、絶対的な存在がいればいいが、これも一筋縄には
いかない。
となれば、ひとりひとりが良心にもとづき、良識にもとづき
コミュニケーションを考え、行動するしかない。

子どもの頃は、教育により親から先生から、
人との関わり方を学んだが、現代は誰がコミュニケーションについて
確かな道を示してくれるのだろう。

今、誰でも発信できる世のなかになり、その容易さと反応の速さに
味をしめた人たちは、自分が世界の中心のごとき、どんどん
発信している。相手がどうだとか、受け手の気持ちとか、情報の質など
関係なく自分の主張をしまくっている。
さも、正義は自分であるかのように。

事件や事故。酷いもの、目を背けたくなる残忍なこと。
知らなくていいことはそのままにしておけばいいのに、
他人の不幸をネタに、自己主張したり正義を振りかざす
のは、、、。
拡散すべきことではないことも、どんどん広がることが
次の事件や犯罪につながることもある。

なんでも拡散するより、黙っている、じっと守る方が正義であり、
優しさであることを、私は肝に銘じたい。

カテゴリー: Essay (Word) | 黙る正義・見守る思いやり はコメントを受け付けていません。