「待っているよ」は元気の源泉

施設に入所する母に渡してほしいと、お世話になっているご近所の方から封書を受け取る。
その方は90歳を越えるおばあさま。親から受け継いだ自営業を担い、今も現役で電話番・金庫番といいながら、しっかり会社を見守っておられる。
その方が、仲良しの母に手紙を書かれた。

母に届けると、うれしそうに開封しようとする。こういう時に限って、糊が強くてなかなか開封できない。こちらで手伝い、中に入っているものを確認。手書きのお手紙とお見舞いが入っている。手紙は大変きれいな文字で書かれている。

母が「読んで」というので、手紙を受け取り、ゆっくりと読む。
母が入所してしまい、話し相手がいなくて寂しい。
早くまたおしゃべりしましょう。
ライブのことや(私のライブ)、そのほかの楽しい思い出のことが綴られ、
そんな日がまた来てほしい・・・と綴ってあり、
別紙に、楽しかった思い出を綴った詩文も入っており・・・。
読ませていただいて、こちらが泣けてきた。その方がどんな思いで、年下の
友人のことを思って筆をとられたかと・・・。

そして、母にすぐお礼の電話をするよう促し、こちらがかける。

「受け取ったわ。ありがとね~」
母がそういうと、スマホから先方の元気な声が漏れ聞こえた。
「あんた、病は気からというから、元気に戻ってこなあかんわ~」
90代の先輩に、母はそう激励されている。
「来週、自宅に戻れるので、その時寄るわ~。」
元気な自由世界と、閉ざされた介護の世界・・。
いよいよ、母は社会復帰!この手紙のおかげで、それがより現実のものと
なった。

母は幸せだ。
待っていてくれる友がいる。
まもなく、自宅へ復帰。その一歩として、ありがたいギフト。

待っていてくれる人がいる。
これは、一番の生きる力の源泉だ。
それにしても、この手紙のおばあさまには、脱帽。こんな人になりたい。



カテゴリー: Essay (Word) | 「待っているよ」は元気の源泉 はコメントを受け付けていません

ハリハリ・セルフコントロール

ここんところ、よく周囲からこんな風に言われる。
「今は、気が張っているからいいけど、あとでガタンと来るよ」
そう、確かに気が張っている。
そんな時間が1年以上続いているかもしれない。

気が張っている状態は、公私において、使命感に満ちているということ。
ここは絶対やらなくちゃ!と緊張感をもって突き進んでいること。
ちゃんと判断して、しっかり行動しなくてはといつも思っていること。
自分がしっかりしないと・・気がまえでいること。
もちろん、根詰め過ぎたら、そんなに一生懸命やっていたら
病気になる。血管も爆発するかもしれない。

というご心配。有難い限り。
しかし、自分ではまだまだ大丈夫という感じで、楽しみながら日々の
仕事と介護を行っている。両立なんてとても言えないし、果たして自分の
今の日常が、果たして介護をしているということなのか?も疑問である。
親のことをいろいろ考え、調整して、お願いして・・ぐるぐる動いているだけで
実際の介護はその道のプロの皆さんにお世話になっている。
介護は6割という説があるそうで、10割のパワーを出したら、もたない。
介護は10年続く・・・と業界のプロから言われたが、
そんなにがんばっていないけれど・・・と思ってしまう。

適度に楽しみをみつけ、毎日気が張る中でも、きれいな花に目を向けたり
朝の音楽に夢を膨らましたり、好きな紅茶の香りを楽しんだり・・・。
気が張っている前後には、かなり緩んだ瞬間を楽しんでいる。
自分の生活はしっかりキープし続けている。これを壊してはいけないと
思っている。
だから、介護も仕事のひとつとしてやり抜く覚悟。
そのためには、

とにかくセルフコントロールができること。
まだまだいける!と思えるには、この力が必須だ。

張って、緩んで・・・。
そうそう、お肌もハリがあった方がいい。
ゆるまないよう 楽しい気を全身に送りながら、
はりきって、
充実の一日を駆け抜けよう。
「さあ、今日もいくわよ~!」
てな感じで。

カテゴリー: Essay (Word) | ハリハリ・セルフコントロール はコメントを受け付けていません

「こういう時に限って!」こそ

オンラインミーティングは、なぜか緊張する。多くの場合はホストから指示された指定された場所に入ればよいだけなのだけれど、ちゃんとつながるかとか、映り方は大丈夫かとか、声は??とか直前にしっかり確認したつもりが、実際の時間になったら、うまくアクセスできなくなり、あれ?あれ?と言いながら、もがいていると、相手方から連絡が入る。
結局もともと予定していたZOOMのミーティング機能が使えず、急きょ違うツールを使うことになる・・・。すべては自分の操作ミスのせいかも・。冷や汗が出る。前回はうまくいったのに・・。
今日に限って、なんで?とまあ、そういうことはある。

まさに「こういう時に限って」である。
相手を待たせてしまったり、貴重な時間をそのドタバタに費やしてしまい、
本当に申し訳なかったが、
焦ると余計に、急にわからなくなることはある。顔が見えづらい状況であると尚更のこと・・。

落ち着いて、しっかり復習をし直すとしよう。
それにしても、こういう時に限って!は時々やってくる。

そんなときもある。後になれば、と笑って言えることになるが、
忙しい時に限って、まさに「今日に限って」なのである。
いいことが重なることもあるから、ま、焦らず、経験から学び前進しよう。
「こういう時に限って」は、心のゆとりをもつシグナルだ。

たまたま本原稿を書いている間に、ある企業から間違いのメルマガが届き、
その後、お詫びのメールがまた届いた。
オンライン・・・一斉に送信できる、便利である・・・その反面、間違いがおきると面倒であったり、収拾に手間取ったり、なかなかストレスフルな存在でもあるが、つきあう、つきあい慣れるに限る。

こういうときに限って・・今日はないように。



カテゴリー: Essay (Word) | 「こういう時に限って!」こそ はコメントを受け付けていません

改めて、まなざしを見直す

マスクの着用が、まさに新常識。そのマスク姿がニューノーマルとなってしまった2020年。100年前のスペイン風邪流行時にも、やはり日本でもマスク着用が当たり前だったようで、その時代の人々も、同じように感染症から身を守るため日々努力をされていたことだろう。
これからの季節は、マスクも夏よりはきつくないけれど、それでもやっぱり
顔半分が見えないということには、コミュニケーション上、不便と不快を感じてしまう。

着用する側としても、話しづらくて不便・不快を感じるが、
マスク顔を見る側にも、不便と不安が入り混じる。
まず、初対面の方にお会いするときでも、顔半分しか見えず。おそらく後日マスクを外したときに再び会う機会をもてるならば、おそらく印象が変わることもあるだろう。口元や、あごのカタチなどで、ずいぶん見た目の印象は別物になる。

今、口紅を付けても見えないし、マスクに色が付いてしまうため、口紅を使わない人も増えていると聞く。もちろん売り上げにも大きな影響があるようだ。
一方、目元をよりぱっちり、くっきり見せるために、アイメークは好調のようだ。いかに目で勝負するか?と思う女ゴコロも理解できる。
(かくいう自分はもともと、目元のメイクはほとんどしないが・・・)

しかし、目元がしっかり、くっきりしすぎると、相手が弱い方、たとえばお年寄りや子供たち~には、ちょっと印象が強すぎるかもしれない。
目力が威圧になることもあるかもしれない。
顔全体を見ていればそうでなくても、目元しか見えないと、そんな風に見えることもあるかもしれない。
実際、介護を受けるお年寄りたちには、マスク姿のスタッフのみなさんの表情がつかめず怒っているのではないか?と不安になることもあるようだ。
目だけコミュニケーションは、本当に難しい。
やさしい、おもいやりあふれるまなざしを表現するのは、難しいが、
意識することは必要だ。

自分の目元は相手に寄り添っているだろうか?
そんな点から、マスク姿の自分を確認するのもいいことだ。

マスクが不要となる世の中が、心から顔全部出して、笑える、語れる日が
早く訪れることを心から願いつつ・・。

カテゴリー: Essay (Word) | 改めて、まなざしを見直す はコメントを受け付けていません

今昔Myライブラリー。

京大生ではなかったが、京大界隈にはよく足を運んだ学生時代。
自転車で今出川通りを走り、鴨川を渡って、京都のカルチェラタンのような
雰囲気のエリアへ。
今では貴重な存在となった古書店が、今も立ち並ぶ百万遍。
その並びには、知人が経営していたレストランもあった。
そちらはコロナで残念ながら閉店となってしまったが、
学生時代によく通っていたカフェが、
コロナ禍でもちゃんと営業しているかな・・気になって、店を訪ねる。

ああ、初めて知った日から、30年以上もの歳月を経ているが、
その店は変わらずに確かに、営業していた。
「京大生の第二図書館」と、入り口に書かれていたのが、印象的。
以前は、そんな表記はなかった。表記があろうが、なかろうが、
京大生ではなくても、心のMy図書館であることは、今も昔も変わらない。

外観も店内も、それはそれは昭和レトロモダンといおうか。なんともいい
インテリジェンスが漂っている。店内の大きなテーブルとイスも重厚感が
あり、落ち着いて勉強や読書ができそうだ。この洋館を担当された建築家
は、パリのカフェをイメージして作られたのだろう。
昔ならば、何時間もいられた。図書館だから・・。
でも、今はコロナで2時間と制限があるようだ。
店内で大声で話す人もいない。それぞれが静かに読んだり、書いたり、
考えたり・・・。勉強に休憩に来られているような研究者風の方に出会う
のも新鮮だ。

久しぶりに、アカデミックな京都の空気を味わった。
京都はいにしえのカフェ文化がまだ残っている。

失くしてはならない。永遠のMyライブラリー。
スマホは似合わない空間というのが、最高に気に入っている。

カテゴリー: Essay (Word) | 今昔Myライブラリー。 はコメントを受け付けていません

生きてるからこそのコトバ!

父親はもう1年以上前から、メール返信が難しくなった。
それだけに、過去のメール履歴は貴重な思い出であり、私にとって宝である。
先日、ちょっとパニックになったときに、突然、一言だけ意味不明のメールが
送信されてきたが、これはまさに、「俺は生きてるぜ~~」の訴えだったのかもと思う。
一方、母はがんばって、私のメールに応え続けている。
安否確認のために数年前から毎朝6時に送り続けたメール、最近は少し時間が不定期だが、それでも継続している。
意味不明のことば、全部ひらがな、変換ミスで解読が難しいことも多いが、
それでもその意志は読み取ろうとすれば理解できる。
いつも、母のメールを読むときは、
「何が言いたいのだろう」
とかなり想像を働かせて、読む。

まずは、きいてほしい。
が一番であり、
電話ではまず感情が出るが、メールでは少し冷静になれることもあるようだ。
母の場合は、電話とメールとでは人格が違う。こんな人、いるだろうか?

いずれにせよ、何かを発したいということは、
どんな手段であれ、怒りの声であれ、

「わしは、生きているんだぞ~」

の叫び、主張であると思う。

コトバが出るうちが、花である。
これがあるから、コミュニケーションができるのである。
それはたとえ、言い争い、喧嘩であってもコミュニケーション。
しかも親子であれば、喧嘩でも何でもいい。

お年寄りの声に、コトバに、ひとことに耳を傾けよう。
その大切さが最近、だんだんわかってきたような・・・。

カテゴリー: Essay (Word) | 生きてるからこそのコトバ! はコメントを受け付けていません

ピンチ×ピンチでワクワク?

コロナでマスクは売れるが、他の防災商品は売れなくなった。
たとえば、そんな声をきく。
このままでは商品が売れない。
SNSを使えば、売れる?どうすればいい?
最近、これまでと変わらず、それ以上にさまざまなご相談をいただくが、
その手法の問題も大切であるが、その前に、何を誰にどうしたいのか?
を焦らずにしっかり考えたい。

目指す相手にどうしたら、伝わるかを考える。その場合手法の検討と同時に
それ以上に大切なのは、ターゲットに響く、伝わるコンテンツだ。
商品にお客様がリーチしてくださるまでのコミュニケーション。
もちろん買いやすさは必須。そういう意味で、とくにこの状況下ではネット販売は理にかなっている。
では、欲しい、検索しようと思ってもらうためのきっかけづくりをどうするか?

今、新しい発想で、新たな仕掛けをと考える。

感動を与えながら(笑いも含め)、興味をもってもらい、買い場へ・・・。
これまで別モノと考えてきたことを、組み合わせることで新しい取り組みができそうだ。

今、演劇とビジネスをうまくつなげられないかと考えている。
演劇業界も、コロナで変革を求められている。劇場での集客型の興行だけでは
この仕事は成り立たず、これまでどおりではダメだと
アクティブな作家や俳優たちは発想を変え、新たな行動に意欲的だ。
そんな仲間たちとの取り組みを思案。

年内までには、発信できるようにと計画中。
なんだか楽しくなってきた。

コロナ禍だからこそ、ピンチ×ピンチはチャンスになるかも?
ちょっとわくわくもする。今だから、「なんでもやってみよう」という気運が
高まる。
常に、柔軟に、仕掛ける側でありたい。

カテゴリー: Essay (Word) | ピンチ×ピンチでワクワク? はコメントを受け付けていません

やがて、悲しき鵜飼・・から1年。

松尾芭蕉が詠んだ作品の中らも、とりわけ心の底から素晴らしいと思うのが、やはり長良川の鵜飼いのクライマックスをことを詠ったもの。わがふるさとを訪ね、感動いただき、作品を後世に残していただき、感無量である。
時代は変われども、同じ対象を見て、人間は感動するのだ。ということ自体にも感動する。
真に素晴らしいものは、時代を越えて、いいものなのだ・・と。

その鵜飼い。今年も今日10月15日で本年のプログラムを終了する。
その前日に・・・と思い、今年も船にも載らず、川辺から見学。
地元の人が集まって、堤防に座ってその様子を見入っている。

鵜飼の開始時に空に咲いた花火と、漁火の静けさと幽玄さが不思議に溶け合い、感動を誘う。なぜか、漁火が揺れ、真っ赤な花火が空に咲くとたまらず涙があふれる。水面にうつる赤のインパクトは闇により映える。
芭蕉の句がわがメロディとなり、頭の中を流れ続ける。
おもしろうて、おもしろうて、やがてかなしき うかいかな・・・。
写真は連写したうちの一部だ。
面白い鵜飼のクライマックスは総絡みといわれる、6つの鵜飼い船の漁火が交わる演技。
本当に素晴らしい共創のドラマアートである。

芭蕉の句のごとく、実に人生はとても楽しいけれど、やがて悲しみの闇に包まれていく・・・。と、ちょうど1年前、まさに体験した。
この鵜飼いに感動した翌日に、父が倒れ、それから人生が一変。
まさに、やがて悲しき・・・になってしまった・・・。
鵜飼を見ると、父の元気な状態と、今の状態が交互に浮かぶ。
これから、ずっと毎年10月鵜飼をみるたびに、父のことを思い出すだろう。
そして、人生のフィナーレについて、考えさせられるだろう。

それにしても、本当に美しいわがふるさと。
信長もきっと漁火に惹かれたことだろう。いや、花火かな?
(写真の山上の白い灯は、岐阜城)

カテゴリー: Essay (Word) | やがて、悲しき鵜飼・・から1年。 はコメントを受け付けていません

梅干しとライブ。

新しい施設でお世話になりはじめた父。
環境が変わるというのは、もともと ずっと地域の実家で暮らしてきた
父にとっては、慣れづらいことと察する。
最初は帰りたいと、周囲にご迷惑もおかけしたようだ。
その気持ちがわかるだけに、罪悪感や複雑な気持ちもあり、
どうしたら、新しい生活が楽しくなるかを考え、いろいろ試してみる。

まずは、150色の色鉛筆。
最近、ぬりえが好きになっていたので、また始めてくれたら・・と。
プレゼントしたが、あまり乗ってこなかった。
そういう気分ではないようだ。

薄味の食事に慣れない・・・。この不満に対して、
梅干しや、つくだ煮海苔、ふりかけなどを持参する。
これが意外や意外、ヒットした。
喜んでこれを毎食使うことになり、食事への不満もなくなり、
食事を楽しむようになり、施設の人や、他の入所者さんにも
「梅干し、食べるか」
と振舞おうとしているようだ。
良かった良かった。思ったより早く消費されるので、補充が
必要であるが・・・。

さらに、日々お世話いただくヘルパーさんたちにしきりに
娘のピアノの話をしているようで、
演奏をする娘の存在は父にとっては大きい?
施設での不満がつのらないうちにと、
この施設のデイサービスで、演奏ボランティアをと思いつく。
「お父さん、ここでライブやったげるね」
この一言に食いついた。
「いつや、早くやってくれ」
とせっつく。今月中にはまず1回目のライブをするはめに。

梅干しとライブ。
今は父の関心事であり、これがあれば、おとなしく暮らしてもらえそうだ。
まず梅干しと海苔を欠かさず、そしてライブはちょっと人質ライブ?のような感じもするが、まあ、いいか。
外出してのライブ参加が難しくなったのだから、せめて父や父がお世話になって
いる皆さんへ・・・

何をすれば相手が喜ぶのか。ちょっとした知恵、ひらめきはすぐ行動に!
相手の笑顔を見られることが一番のやりがい、いきがいだ。

カテゴリー: Essay (Word) | 梅干しとライブ。 はコメントを受け付けていません

愛しき、反面家庭教師?

人は学ぼうとすれば、誰からもいつでも学べる。
本当に「学び」とは、主体的であるときに初めて効果を生む。
そして、学ぶことの大切さは、大人になるにつれ、
年齢を重ねるにつれ、その必要性を感じ、
人によっては後悔をしたり、人によってはそこから始めようと
思ったり・・・。
「学び」とは、本当に一生途切れることがない。
どんな相手、素材も教材になる。そう意識すればそうなる。

日々、本当にこうなってはいけない。こうしたくない。
と思わせてくれる相手が身近にいる。
遠く離れているときは、コミュニケーションの機会も今よりは
少なかったため、その教師ぶりはたまに感じていたけれど、
コミュニケーションをすればするほど、
反面教師ぶりが強烈に発揮されてしまい、悲喜こもごも、はらはらドキドキ
の日々である。

いろんな口論があり、遠慮なく言い合い、心の底からもう本当に!と
思うのであるが、その反面教師もあとになると、
「ごめんね。懲りずにこれからも頼みます」と反省の弁メール。
その一言で、ああ、この人にとって人生はこういうものなんだ。と
また学び。
もちろん、反面教師でない方がいいけれど、避けられない。
この学び、いつかいい思い出になるのだろう。

そう、何を隠そうこの家庭教師とは、わが親のことである。
反面ぶりを見せてくれるうちが、きっと花なんだろう~。






カテゴリー: Essay (Word) | 愛しき、反面家庭教師? はコメントを受け付けていません