大統領最後の日に思うこと。

今日でオバマ大統領のアメリカは幕を閉じる。
明日はどんなアメリカになるのだろう?世界中がドキドキハラハラの週末になりそうだ。

オバマさんが最後の記者会見で、自らの複雑な思いをうまく言葉に凝縮して語ったあと、
報道関係者に「グッドラック」と告げ、そして会見が終わった。

8年という時間の中で、この大統領は少なくとも誠意と愛をもって
行動をしたと思う。
強いアメリカを目指すよりも、世界との協調、平和を志していたと思う。

私がオバマさんを好きなのは、彼の愛らしい表情とそこから発せられる
的確かつ心をうつ言葉。スピーチが素晴らしく、まさしく政治家は
言葉ありきの職業であることを教えられた。
彼の言葉には、心がある。申し訳ないが、日本のリーダーからは、それを感じられないが・・。

その素晴らしき、多くの人たちに愛されているこの大統領は、今どんな心境だろうか。
自分のやってきたことを、受け継いでくれる後継者ではないという現実のなか、
どんな気持ちで仕事を終わることができるのだろうか。
安ど感よりも、不安な気持ちが多いのかもしれない。

彼は最後の記者会見で、最後「GOOD LUCK」という言葉を残し、会場を
去った。
深い意味、複雑だけれども、前向きな気持ちなどをその一言から感じ取った。

時代が変わる。GOOD LUCK。この言葉には次代に心からの期待を込められている。

オバマ夫妻のこれからのGOOD LUCKを心より祈っている。

カテゴリー: Essay (Word) | 大統領最後の日に思うこと。 はコメントを受け付けていません。

とにかく、毎日やりぬき、やり切ろう。

毎日、予定以外のことが入ってくる。
もともとやらなくていいこと、予定していなかったことの
連絡が急きょ入ってくる。
仕事とは、本来そういうものだ。
予定調和的なものはない。
「仕える」こと・・が仕事。誰かに何かに仕えるのだ。
自分本位なことでは済まないのが、「仕事」。
どんなに計画をしていても、日々、刻一刻状況は変化するが、
相手の求めるところ、目標に
向かって一緒に走るのが仕事なのだから、毎日予定どおりにならないことを
楽しむようにしよう。
朝4時に起きるのが寒くてつらい日もあるが、それでも5時からその予定外のことを
片づける時間に回す。
ちゃんとやってくれる、即日仕上げのクリーニングのように「はい、できましたよ」
と相手が仕事をはじめるまでに、届けておきたい。
と、毎日、そんな仕事がいくつかある。
求めてもらえるうちが花。必要とされるうちがありがたい。
今日が最後かもしれないと思ったら、がんばれる。
とにかく、毎日笑顔でやり抜こう、やり切ろう。

カテゴリー: Essay (Word) | とにかく、毎日やりぬき、やり切ろう。 はコメントを受け付けていません。

雪の日に思う、日本の凄さ。

上越新幹線には、ほぼ毎週乗っている。降雪地域の線路では、雪の日、スプリンクラーのような
もので散水され、凍結を防ぐしくみが整っているし、雪の日でもまずは運休にはならない。
「さすが、雪に強い」上越新幹線だ。
そして、このたびは、東海道新幹線エリアで大雪の事態。
たまたまその日に名古屋から東京への列車を予約していた。
前日からの慣れない大雪、さてどうなるか?
予想通り、関ケ原周辺の徐行は毎度おなじみであるが、今回は広範囲にわたっての
徐行運転で、大幅にダイヤが乱れている。
列車がどこから来たか、のぞみか、ひかりか、こだまか・・・により、その遅れの状況が変わってくる。
早めに駅に行き、出発する列車が表示される掲示板を注視している。
東海道新幹線は5分間隔、いやそれより短い間隔で走っている。物凄い列車数、物凄い輸送力だ。
それが雪や台風で徐行せざるを得なくなると、全部が止まってしまう。
最大1時間の遅れ、列車によっては20分ほど・・。電光掲示板をじっとみていると、次々運行状況が更新される。
すごいな日本の対応力は。これは人力ではできないのでは?、まさにAIの力では?。
こんな瞬時に大量の列車をさばいていく、しかも事故やトラブルが起きないように・・。
そしてやっと乗り込んだ列車でのアナウンスも素晴らしい。災害時の案内が徹底しており、また列車遅れへのお詫びもきちんと盛り込まれている。
そして、東京に近づくごとに遅れは解消、おかげで予定どおりの時刻に東京駅に着く。
日本の技術力はすごい。
さらに、宅配便も同様だ。
高速道路がストップしていたはずなのに、きちんと翌日の指定時間に届いた。
驚きの日本パワー。便利を維持するためのたえまない努力が見えないところで続けられていることに
頭が下がる。
災害が起きると、便利・快適な普段の生活は大変有難いことであると痛感する。
もう一度言う、日本のパワーはすごい。

カテゴリー: Essay (Word) | 雪の日に思う、日本の凄さ。 はコメントを受け付けていません。

「安心」も「壁」も難しい時代。

さまざまなボーダレス。どこかの人は、国境に壁を作ると勇ましいが、
壁の定義はとても難しくなっている。
情報というアメーバのような存在からすれば、何事においてももはや、どこにも「壁」はない。
ハッキングであれ、なんであれ、悪知恵?を使えば相手の世界に入り込んでしまうことができる。
また人がひとたび心を閉ざせば、見えない「壁」はできる。
いずれにせよ、
作らなくてよい場所に壁が作られ、作るべきところでは境目がなくなり・・
それにより、無秩序な世界になりつつあることは間違いないと思える昨今。

安心安全な社会というが、自然との関係も、人間同士の関係でも、
安心安全という言葉を声高に連呼せねばならないほどに、現在は
大変、安心安全が難しい時代である。
本当に安心な社会では「安心」という言葉がキャッチコピーにはならない。

見えるもの、見えないもの両方を相手にして、進むべき道をしっかりと
雪の中の歩行のように、一歩づつ進んでいくしかない。
安心できる瞬間、関係を大切に、感謝して生きていきたい。
本当の意味での、心の、ボーダーレス。真の意味の自由が問われる。

カテゴリー: Essay (Word) | 「安心」も「壁」も難しい時代。 はコメントを受け付けていません。

心を開く、「ラジオ」というメディア

ワシントンで20年もの間、毎朝番組を担当してきたダイアン・リームというキャスターが
80歳にて引退。彼女は自分の主張を言い過ぎず、相手の言葉をまずはよく聴くという
姿勢、穏やかな語り口調が人気で、ワシントン中のタクシードライバーが聴いていたそうだ。
引退は高齢のためであるが、この時期にアメリカが分断されつつあることを憂い、彼女は
番組終了にあたり、リスナーに寛容なこころをもち、聴く耳をもつように、違う意見をもつ
相手であっても相手の話を聞くことの大切さなどについて、穏やかに語った。
OPEN MIND。心を開くことの大切さ。これが大切であると。
そして今やメディアの力は十分ではないが、ラジオは心と心のコミュニケーションツールである
から、それを大切にしていきたいという話も。
英語であっても、なぜか一言一言が心に染み入る、素敵なトークだ。
ラジオは見えない故に、耳で言葉をしっかり聞いてもらえるメディアであるという点に
魅力、強みがある。
今こそ、心と心のコミュニケーションを。目ほどインパクトはなくても、内面の奥底に
響き、記憶には残るのだ。素晴らしいキャスター、もっと早く知っていたら良かった。
これからは週一度ネットで番組を担当されるとのこと。
ぜひ聴いて、勉強させていただきたい。
放送最後の朝、局のスタジオには多くのファンが訪れた。
ありがとう、というリスナーの手書きボードが心に響いた。
軽快で面白いラジオ番組もいいが、静かに諭してくれる存在としても大切だ。

カテゴリー: Essay (Word) | 心を開く、「ラジオ」というメディア はコメントを受け付けていません。

365日という時間と記憶。

軽井沢でのバスの事故と同じ日に、新潟富山県境の高速トンネルで、お世話になった方が交通事故で即死。
1月15日は一生忘れられない日となった。テレビでは軽井沢の事故のことを大きく報じていて、それと連動して
余計に強く思いだされるが、この1年間、何度思い出していたことか。

家族となれば、最愛の人となれば、大切な方を失くされての1年は、つらく重く寂しく・・
その喪失感とは他人にはわからないものだと思う。
一緒に出掛けたところ、一緒にしたことはしたくない、行きたくない、思い出すから・・。
とお聞きしたことがあるが、生活のいたるところに亡き人の面影を感じることは・・。

それでも時間は人の悲しみを癒してくれるのだろうか。
残された人は悲しくても、それを乗り越えて生きていかねばならない。

時間は毎日過ぎていく。毎日生活は繰り返す。
目覚めて、食べて、働いて、休んで・・。
最愛の人がいない状態の生活を何度続けたら、不在の生活に慣れることが
できるのだろうか?

365日は短いか、長いか。
それもわからない。

いつかそんな日々を過ごす。生きているとは出会って、かかわっていつか別れること。

その方のご家族が、悲しみを乗り越えて
お元気に過ごしておられることを心から願っている。

今日も、彼女に出会った最初の日と最後の日を思い出す。
永遠に安らかに。そしてご家族を見守り続けてくださいね。

カテゴリー: Essay (Word) | 365日という時間と記憶。 はコメントを受け付けていません。

反応は顔つきでわかる。

お手伝いしている百貨店催事でチラシを配布しつつ、通行客に
呼び込みするという久しぶりの業務。
実は現場でのこういった仕事はマーケティング的にとても
面白いため、わくわくする。
地下街からデパート地下食品売り場に入る、まさに地下の玄関
であり、常に数多くの買い物客が出入りする。
セールが開催されていることもあり、平日でも賑わいがある。
「いらっしゃいませ~」
「本日開催2日目の道の駅のイベント、大好評です・・」
「全国の道の駅でしか買えないおいしいものを集めました」
「どうぞお立ち寄りください~」
わずか数時間であるが、ずっと声をかけ続ける。
耳を傾けたと思った瞬間にチラシを渡して、個別に誘う。
一人興味をもつと周囲の人もつられる。
「それ、ください」
チラシをわざわざもらってくださる方もおられる。
催事にフライヤーはやはり必需品だ。
声をかけた瞬間に、ふっとお客様の表情が変わったり、
目が合うと自然と笑顔になったり、
余裕がある感じの方であったり・・
そんな方の反応が良い。
余裕がありそう、興味がありそう、いつも何か求めている感じ・・
これらは表情で、顔つきでわかる。
1日におそらく1000人以上の方を見ただろう。
間違いなく、高齢化社会。
デパートに買い物にくる方は富裕だ、心のゆとりがある方だ。
この呼び込みの仕事は、やめられない。
まさにいつも講座で話すAIDMAのAがここで決まるのだ。
現場に必ず答えがある。だから、企画の仕事をするものは
現場に足を運ぶこと。が大切だ。

カテゴリー: Essay (Word) | 反応は顔つきでわかる。 はコメントを受け付けていません。

ときには鍋を囲み、話題を変える。

ずっと応援している若手経営者がいる。
なかなか具体的にお手伝いすることが難しいため、せめてもと思い、
時々食事に誘い、息抜きをしてもらうようにする。
彼にはピアノを弾く姉さんがおられたが、若いときに病死されたと聞き、
そのお姉さんの代わりはできないが、それでも大丈夫かな、大丈夫かなと
弟のように心配はしている。
3カ月ぶりぐらいの面談。たまには鍋でも、と誘ってみる。
寒い冬の日は、鍋はいい。大した会話がなくても、その鍋を一緒につついて
いるだけでもほっこりするものだ。
久しぶりに会うので、世界情勢、今までしたことのない政治についてのこと
田舎の話、東京暮らしのこと・・などなど、ぼつぼつ話し、食事をとる。
雪がちらつく夜道、その社長は駅まで車に乗せてくれ、そして握手をして
別れる。「がんばってね、お姉のつもりで応援しているから」。
その2時間後、お礼のメールが入った。
わたしが仕事のことをあえて会話せず、世間話に終始していたことを
感謝してくれるメールだった。
どんなに相手を心配していても、核心に触れる話題が事態をよくする
とは限らず、鍋でもつつきながら、ゆるい話、すぐ自分にふりかかって
こない話題をするということも時には意味がある。
世間話といっても、ついつい自分の考えを述べてしまいがちではあるが
話題はいつでも豊富に。
そして冬のコミュニケーションに、鍋はやっぱりいいようだ。

カテゴリー: Essay (Word) | ときには鍋を囲み、話題を変える。 はコメントを受け付けていません。

幸せや満足は向かう「過程」にあり。

ある映画の予告編で哲学教師が授業でこう話す。
「幸福がなくても、希望があれば、生きられる・・・」
誰が言った言葉か知らないが、名言だと思った。

たとえばこんな例えだろうか。
子供のころ、遠足に行くと決まって、行く前日までが
とてもうれしかった。とくに前日の夜が嬉しさのピークだった。
遠足当日、終わったらとたんにさみしくなったような・・。
大人になれば、どこか旅に行くとする。
出かけるまでの準備中のやりとりはなんとも、うきうきする。
それと同じことだろうと解釈する。

何でもその幸せな時間に向かって進んでいるときが一番幸せである。
そのピーク、幸せな時間、イベントが過ぎたら、幸せももう終わる。

もちろん、次の幸せのために、また新たな欲望、希望をもって
行動を始める。
人生とは幸せな時間の「ため」の、プロセスの集合体のようなものかも
しれない。
幸せなことの多くは、このプロセスで成り立っていくのかも
しれない。

人間には生きる希望が必要だ。絶望だけはいけない。

今年も向かうプロセスを大切に、幸せをかみしめて生きていきたい。

カテゴリー: Essay (Word) | 幸せや満足は向かう「過程」にあり。 はコメントを受け付けていません。

どの役割で生きるのかを明確にする。

「黒子」という仕事は重要だ。
世の中の見える現象や、一見主人公、主役に見えている人
は、それ自体やその人だけではそこに立ち続けることはできない。
周囲のいろんな方のお世話で、支援で、光を当てていただく
ことができるのである。

私が私が、俺が俺が・・

という役割も世界にはたまに必要だ。
その人の人を引き付ける魅力、求心力があれば
そのパフォーマンスの裏にある目的が達成しやすい。
その目的が誰のためかも要注意ではあるが・・・。
利己のための私ではなく、利他のために私が何ができるかが
大切だと思っている。

人間は社会的存在であり、いろんな場面でいろんな
役割を担当することがある。
その役割の意味・意図を理解し、主役を演じているならば
それも良いが、勘違いして自分の見え方や光の当たり方ばかり気にして
役になりきっているのは見苦しいかもしれない。

役割とは所詮、役割。そこからその人自身が透けてくる。

人のことは良い。
自分の役割は何なのか?と思う。
支援をする、応援する、支える。協力するという役割が多い。
すべて黒子である。
この役割を全うしながら、そして発信することも忘れずに。
発信するということも自分に与えられた重要な役割だと
思っている。
もちろんこの役割自体、誰かに支えられ、応援され
実行できるのだ。

それぞれおかげさまで、役割を発揮できている。
それぞれに黒子の存在がある。

周囲に感謝を忘れず、誰かの黒子でいられる
ことも楽しみ、精進していこう。

カテゴリー: Essay (Word) | どの役割で生きるのかを明確にする。 はコメントを受け付けていません。