2003.12
  最近、人気のエクセルシオールカフェの語源も実はこのホテルからということを知った。偶然であるが、私もここのホテルのホスピタリティーには一目置いていた。まだ2回しか滞在したことがないが、映画にもよく使われ、要人たちが利用するという名門である…だからそう滅多には泊まることができない…。
ここのCONCIERGE、BELL CAPTAIN、BARのスタッフ…すべて素敵な紳士たちである。惚れてしまうぐらいに。真のサービスはまず、印象・ビジュアルであることを思い知らされる。見た目のリッチ感は、お客様をリラックスさせ、また心を豊かにしてしまう。内装・インテリアも贅を尽くしてあり、ローマの休日のヘップバーンのような気分になれるのも不思議。ローマ市内ヴェネト通りにあり、目の前にカフェ・ドゥ・パリなど有名カフェレストランもある。
ステイしている時間の1秒1秒を丁寧に過ごしたくなる、最高のホテルである。