2006.12
 

 

もし 最後の宝物をひとつ選びなさいといわれたら、このパスポートを選択するかも しれない。
それぐらい、この1冊には私の半生のすべてが 凝縮されている。1999年に更新したパスポート、10年経たないうちに、増補もしたが一杯になって最近切り替えた。
それぞれのページをめくり、そこに刻印されたスタンプを見れば、私のタイムトリップが はじまる。とくに2002年9月11日。思いもよらぬアラスカフェアバンクスの入国スタンプ。これを見るたびに 本当に命拾いをしたことを改めて実感し、 胸が熱くなる。
あれから5年の歳月が経ち、フェアバンクスで ともに降り立った仲間とともに、記念のバッジを 作った。
この1冊とともに、いろんなところへ出かけ、人に出あった。感動をいっぱいいただいた。
目に見えない宝物が無数に詰まった、マイパスポート。